« 2019年台風19号の被害 | トップページ | 常陸大子駅 »

2020年3月15日 (日)

C12187号機

形式入りの堂々たる赤いナンバープレートを掲げ、綺麗な姿でC11187号機が保存されていたのは常陸大子駅。

20200310_0058_15

暫しその雄姿をご覧頂くこととしましょう。

20200310_0051_15

20200310_0053_15

20200310_0054_15

20200310_0059_15

20200310_0061_15

20200310_0060_15

ん? 正副2灯の後部前照灯の左にあるものは一体何でしょう? 蒸気に明るくないOER3001氏にはわかりません。 ご存知の方有れば是非ご教示ください。

(追記)

後部前照灯の左にある漏斗状のものは、キャブの換気口であり、主に九州のタンク機関車に、装備されていたもの。主灯の両側についていたと、工房5丁目さまからご教示頂きました。この機関車は、副灯を増設していますが、その後ろに穴があるとのことです。

また八千代運転所さまからは、換気口は石炭庫の中をパイプが貫通してキャブに通じていたとご教示頂きました。
九州ではこの通気口に加えて、密閉キャブの乗務員扉を外すなど、暑い地方ならではの対策をしていたそうです。

工房5丁目さま、八千代運転所さま、ありがとうございました。

20200310_0062_15

因みにこのC12187号機は1932(昭13)年日本車輛名古屋工場製。 西唐津、豊後森、宮崎、鹿児島機関区と、30年あまりを九州で活躍の後、1967(昭和42)年に水戸機関区所属となり、1970(昭和45)年の廃車まで水郡線で活躍したとのことです。

20200310_0052_15

車輪・動輪の踏面がシルバーに塗装されているからでしょうか、今にも動きそうな姿でした。

併せて保存機の横に、銅像が接地されていました。

20200310_0049_15

根本 正(ねもと しょう)氏だそうで、水郡線開通の功労者とのこと。

20200310_0050_15

水郡線の歴史に触れることができた駅前でした。

 

« 2019年台風19号の被害 | トップページ | 常陸大子駅 »

旅行・地域」カテゴリの記事

鉄道(国鉄・JR)」カテゴリの記事

コメント

遠路、お疲れ様です。
C12の後部の漏斗状のものは、キャブの換気口です。主に九州のタンク機関車に、装備されていたもので、主灯の両側についています。この機関車は、副灯を増設していますが、その後ろに穴が見えます。配置の履歴を見ると、一生のほとんどを九州で、過ごしているのが何よりの理由です。

工房5丁目 さま
早速のご教示ありがとうございます。単なる換気口でしたか。キャブまで通気官はどのように通っていたのかな?石炭で潰れなかったのかな?興味深いです。

すでに工房5丁目さんのご教示がありましたが、九州地区のタンク機関車に取り付けられていたそうです。趣味仲間に問い合わせたところ、C11に取り付けられた画像をいただきました。
キャブまではどの様にしていたのかは、聞き漏らしました。再度聞いてみます。

換気口ですが、石炭庫の中をパイプが貫通してキャブに通じていたそうです。その方は撮影時に何かと思い、直方機関区の検修の方に聞いたそうです。
九州では、密閉キャブの乗務員扉を外したりと暖地対策等地方ならではの対策をしていたそうです。

八千代運転所 さま
いろいろ調べて頂きありがとうございます。興味深いですね。
工房5丁目さまからのご教示も併せて、本文に追記させて頂きました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 2019年台風19号の被害 | トップページ | 常陸大子駅 »

フォト
2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

他社線ご案内

無料ブログはココログ