« 今日の一枚 No.52 | トップページ | 今日の一枚 No.54 »

2020年7月 4日 (土)

今日の一枚 No.53

ボストンで気に入っていたのは、グリーンラインと呼ばれる路線で活躍していたボーイング・バートルが製造したUSSLRV(US Standard Light Rail Vehicle ) です。 一部仕様は異なるものの、基本的にはサンフランシスコのMUNIと同じ車両です。 

ここは確かボストンカレッジ、一流大学が集まる学生街です。

1988_0373_15

スマートで気に入っていたのですが・・・、側扉、バッテリー、空調装置など様々な機器の故障続出から不評を買い、特にここボストンでは訴訟騒ぎとなったらしい。 

結局今では完全に消滅し、近畿車輛製の新型車両が導入されているとのことです。

自国第一主義のTさんが、バイアメリカンを唱えるが、鉄道車両においてはこの時からアメリカは良いものを作れなくなっていたのかも知れません。

 

« 今日の一枚 No.52 | トップページ | 今日の一枚 No.54 »

今日の一枚」カテゴリの記事

鉄道(海外)」カテゴリの記事

コメント

この電車、デザインも好きでしたが、お書きになってるようなことで、廃車が進み一部は同形車のいるSF-MUNIに移籍しましたね。後継の近車製に加えてイタリア製の低床車も登場してました。そのころに尋ねたブログ記事です。https://cedarben.blog.ss-blog.jp/2012-07-19

Cedar さま
貴殿のブログ、早速拝見させて頂きました。素晴らしい内容で感激しました。
実は小生、Bostonへは1983年と1988年の2度行っていましたが、電車見たのは西方ばかりで高架線は見ていなかったことが悔やまれます。治安も良好な都市だった筈で、もっとあちこち行っていたらと悔やまれますが、一応“出張”なので自由時間には限りありますからね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 今日の一枚 No.52 | トップページ | 今日の一枚 No.54 »

フォト
2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

他社線ご案内

無料ブログはココログ