« 今日の一枚 No.56 | トップページ | 座席の用意 »

2020年7月10日 (金)

小田急線鶴川~玉川学園前間

いつも楽しませて頂いているブログ、「モハメイドペーパーの何がでてくるか2」の昨日7月9日は「便乗ネタで失礼します」ということで、1967(昭和42)年2月12日の小田急、鶴川~玉川学園前に於ける雪景色の写真が紹介されていました。

その場所ならOER3001氏だって撮ってますということで、当方も便乗させて頂きます。

時はそれから3年後、大阪万博が開催された1970(昭和45)年、4月5日のことでした。 3100形NSEが、20‰勾配を駆け上がって来ます。 まだ冷房強化で屋根上にクーラーを載せていないほぼ原形の姿でした。

線路の右手にはブルドーザーが整地作業を行っています。 ここが、かじのや納豆という工場になったのです。

19700405_0101_15

それでも周囲はまだ田畑が多い、田園風景でした。 前年から一般車両の塗色変更が進み、その過渡期で新旧塗色の混結が多く見られた時代です。 下は2220+2220+2400HEという8連、箱根湯本行と片瀬江ノ島行それぞれ4両を併結した急行です。 新塗装になって、側面の社紋が外されましたが、まだ側面窓下に急行サボを掲げていました。

19700405_0102_15

この当時の最新型は5000形、Tc-M1-M2-Tc(新宿方から、下の画像では右が新宿方)の4両。 最初は非冷房でした。

19700405_0105_15

荷電だって裾に黄色い帯を纏ったグリーンの姿。 左は大きな車体(とは言っても17mですが)に載せ替えたデニ1000形、右はデハから改造されたデニ1100形。

19700405_0110_15

上2枚の写真、線路の奥は農地ですが、その後野村不動産、三菱信託銀行不動産部門によって宅地開発が行われます。 並行して線路手前の農地もまた宅地化されて、電車の撮影はできなくなってしまいました。

ここに紹介した画像、全てネガカラーからスキャンしましたが、既に黄変してしまい残念です。

序でながらこの場所のその後。 納豆工場や住宅が建ち、以前のような遠景では電車が見えなくなりました。 そこで1988年には、和光大学手前に残った僅かな田圃を絡めて、横位置で撮りました。

19880116_140218__15

1991年7月、千代田線からの臨時列車「メトロ&江の島」を、和光大学テニスコート脇から、納豆工場の建屋や住宅を画面右に切り捨てて撮影しました。

19910721_171604__15

ここ暫く、ここへは出向いていませんが、車窓から見る限り和光大学敷地にも立ち入りできなくなってしまったようで残念です。

 

 

« 今日の一枚 No.56 | トップページ | 座席の用意 »

鉄道(小田急)」カテゴリの記事

コメント

 貴重な画像が出てきましたね。昭和45年だと私は社会人になっていたので、小田急とは少し縁遠くなっていました。5000形4連の各停仕業も今では考えられません。
 ネガカラーの変色、処理ソフトはなにを使っていますか。フォトショップエレメント(スキャナに付いていた簡易版)だとスマート調整でかなり改善されます。

モハメイドペーパー さま
残念ながら画像処理ソフトなるもの、キャノンスキャナーに付属のモノしかありませんので、大したことができなくて・・・。 画像処理ソフトの検討よりWindows7なので、こっちをどうするかです(涙)。

70年と88年のお写真、Cedarが比べると、架線柱はそのままでビームが掛け替わってるところに目がいってしまいます。小田急は開業が新しいので、今でも開業時の架線柱が残ってる箇所があります~って内容と関係ないコメですみません。

Cedar さま
いつもご覧頂き、コメントをありがとうございます。ビームですか、なるほど! 
そうですね、1927(昭和2)年開業の小田急、あの時代に凄い設備投資をしたもんだと思います。
架線柱もそうですが全線複線だったし。
それにしても10両編成が頻繁に行き交うようになることなど、思いもしませんでした。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 今日の一枚 No.56 | トップページ | 座席の用意 »

フォト
2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

他社線ご案内

無料ブログはココログ