« 小田急線鶴川~玉川学園前間 | トップページ | 染色に挑む »

2020年7月11日 (土)

座席の用意

キッチンが終わったところで次は座席。 

既に何の特別仕様も無い中間車4両への座席取付けは終わっていますが、残るは床下モーターのお陰で高くなった床面の先頭車両、音響ユニット搭載で、同じく床面が高くなる2、7号車の座席です。

まずこの車両のシートピッチは、カツミのシートピッチより広いので、本来は1脚づつ切り離して配置すべきところですが、横着して2脚づつに切り離して搭載しました。

20200709_0006_15

残る車両の分は、シート下部を切断し、高さを詰めることにしました。 切断する工具をどうするか、結局マイクロソーでゴリゴリやることとなりました。

20200709_0003_15

この作業は先ず、抑える指先が痛くなり、長時間の作業が続けられません。 休み休みと言う非効率。 おまけに切カスの量が凄い。 しかも静電気で指先に纏い付きます。

20200709_0002_15

ただただ根気で臨むほかはありません。

20200709_0005_15

切り取られた脚部分が、仕事の成果?

20200709_0004_15

こうして1脚づつになった座席を、所定の場所に取り付けることとしました。

 

 

« 小田急線鶴川~玉川学園前間 | トップページ | 染色に挑む »

鉄道模型(小田急)」カテゴリの記事

コメント

うひゃ~!お疲れ様です。
プラカスには往生しますね。発がん物質かもしれませんからくれぐれもご注意ください。

辛苦了。

 プラの削りカスには難儀します。発砲スチロールみたいに熱線カッターは使えないだろうか。線では熱容量が少ないから、カッターの刃をハンダこてに密着させて。切れる前に熱で変形してしまうかな。

Cedar さま
発がん性物質! ひぇ~、考えてもみませんでした。 もう終わってしまいましたが、次に斯様なことするときはマスク着用します。 あのABマスクではなく。

ぼっちぼち さま
実は・・・、その後左手親指と人差し指が痛くなってしまい、パーツを抑えるにも苦労するようになってしまいました。・・・(涙)。

モハメイドペーパー さま
既に完了してしまいましたが、なるほど、次回には一考かも知れませんね。

NTカッターの刃を直接鏝のヒーター部にセットして模型ではありませんが、
塩ビを切った事がありますが、まずまずの結果が得られました。

拙工場では 動力関連に予算を執られ お菓子の箱等の厚紙を切り刻んで らしく 作って凌いでおります。 箱の色もいろいろあって工夫次第で 立派な椅子が出来るかも~

ぬか屋 さま
今度機会が有ったら試してみましょう。
でも・・・、カッター刃のコテへのセットって、どのように止めるのでしょう?

こてはし鉄道 さま
いつも適度な刺激を与えてくださりありがとうございます。菓子箱の利用とは良いアイデアですね。
しかし・・・、我が家には近年箱入り菓子という高級品は無く、糖分控えるために菓子そのものから遠ざかっているもので(笑)。

文章でより略図の方が判り易いので近い将来会う時説明するか、メールで送ります。

ぬか屋 さま
ありがとうございます。近い将来の再会時で結構です。
よろしくお願いいたします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 小田急線鶴川~玉川学園前間 | トップページ | 染色に挑む »

フォト
2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

他社線ご案内

無料ブログはココログ