« 今日の一枚 No.55 | トップページ | 今日の一枚 No.56 »

2020年7月 8日 (水)

キッチンを作る

OER3001氏の趣味は鉄道模型なのでしたが・・・、なんと建築模型かと思わせるキッチンを製作することになってしまいました。

これが3000形SE車のそれ。 1957(昭和32)年デビューの時に制作されたA4版サイズ本文52ページにわたる立派なカタログです。 当時は日東紅茶が担当することになっていました。

20200707_0001_15

資料はこれと、1/200くらいの小さな図面を頼りに、それらしく作ったのがこれ。

20200707_0003_15

アップに堪えない工作ですが、車内にセットしてしまえば粗もかくれるということで。 これを2セット、3号車と6号車に備えます。

20200707_0006_15

水洗金具は0.5φ真鍮線と0.4φの洋白線をハンダ付けで組んだもの。 ハンドルはエポキシ接着剤をチョンと乗せてそれらしく。

20200707_0008_15

シンクの詳細はわからないので、カウンター下とともに雰囲気だけです。 多分カウンター下は紅茶器等の収納スペースだったと思われます。

20200707_0007_15

ここまで作ったら、トイレも? カタログには斯様に掲載されていますが、窓がスリガラスなので見えないし・・・。

20200707_0002_15_20200707174401

この先どうなることか、気の向くままに進めます。

 

 

 

« 今日の一枚 No.55 | トップページ | 今日の一枚 No.56 »

鉄道模型(小田急)」カテゴリの記事

コメント

う~ん、ここまでやりますか!それも3号車と6号車は勝手違いなのですね。みごとです。

 椅子も入れるのだから、ここだけ空白地帯にはしておけませんね。解説書の売店とトイレの写真だけカラーになっているのは何故?

何だろうと覗いてみたくなるアイテムですね。
トイレも含めて人形のを入れましょう。

お~~。ここまでやりますか。ここまでやったのですから、雪隠までやってください。銀座の、宝石屋さんの気動車にも取り付けられていますから。

信越急行のキユみたいなことはないですよね。(一所懸命に郵便仕分け棚を作ったのに窓がなくて外から見えない・・・)

見えないところも作って満足するか、見えるところのみにするか・・・
ちなみに私は後者です。

ぼっちぼち さま
はい、これだけは、です。

モハメイドペーパー さま
カタログ掲載写真はモノクロ主体でしたが、カラ―があって助かりました。

ぬか屋 さま
人形は悩みます。運転士乗せると走行方向が固定してしまいますし・・・。

八千代運転所 さま
あまりあおらないでください。自己満足なのですから。


元市場信号所 さま
信越急行のキユ、ありましたね、そんなのが。 でも人に見せたときのあの作者の表情が忘れられません。

Cedar さま
博物館の模型ではありませんからね、基本的には見えるところのみかと。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 今日の一枚 No.55 | トップページ | 今日の一枚 No.56 »

フォト
2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

他社線ご案内

無料ブログはココログ