« 思い出の光景:4 | トップページ | 鉄道の日とクロード・モネ  »

2020年10月13日 (火)

あらためてLSEについて

1980年に訪問した、軌間1メートルのルツェルン・シュタンス・エンゲルベルグ鉄道(LSE )について取り上げたいと思います。 

チューリッヒで朝を迎えたOER3001氏は、家内の友人の友人であるスイス人・ヨーゼフさんのご厚意で、彼のクルマで山岳リゾート地であるエンゲルベルグに連れて行ってもらいました。

既に雪が降って気温は2,3℃だったのではないかと思います。街中で彼を撮ったとき、時計は12:45を示しています。 サウザーと発音していたように思いますが、ワインになる直前という実に旨いグレープジュースとともに昼食。 暫し街歩きを楽しみました。

19801104in004616_engelberg_15

本来ならまた彼のクルマにと言うところなのですが・・・、これを目にしてしまったOER3001氏は「あれに乗りたい!」と我が儘を言ってしまいます。  この建物の右側が、ホテルを併設した駅となっています。

19801104in004614_engelberg_15

快く我が儘を受け入れてくれたヨーゼフには、麓のルツェルンで待ってもらうことにして、晴れてLSE乗車となりました。 プラットホームには3両編成が停車していて、山の上方向は1,2等合造制御付随車です。

19801104in004613_engelberg_15

中間に2等車

19801104in004609_engelberg_15

先頭が制御電動客車

19801104in004611_engelberg_15

なのですが、これが凄い。 真横から台車を観察しました。(画像クリックで拡大できます)車輪間にラック用の歯車が見えます。 LSEの最大勾配はラック区間で261‰、粘着区間で56‰というのだから驚き。

19801104in004608_engelberg_15

こんな運転台で操るのです。 見たかったけど、OER3001氏が買った乗車券は生意気にも1等なので、最後部車両のため走行中の様子は見られませんでした。

19801104in004620_engelberg_15

生憎天候が悪化、暗くなってから走り出しました。 幸いにも乗客が我々以外に居なかったので、寒い中窓開けて撮れました。

19801104in004702_engelberg_15

後ろを見れば、下ってきた勾配の急な姿が確認できます。

19801104in004703_engelberg_15

先頭車両が立てる音が僅かに聞こえてきました。 行く先もラック区間が続きます。

19801104in004704_engelberg_15

箱根登山鉄道を思い出す光景ではありませんか。

19801104in004705_engelberg_15

下りてきたここが、どうも最大勾配261‰区間だったようです。 Obermattという場所のようです。

19801104in004707_engelberg_15

粘着区間に入って何度か斯様な交換を重ね、終点ルツェルンまでの1時間弱を楽しみました。

19801104in004708_engelberg_15

こんな魅力的な鉄道に出会って興奮、再訪の折には山に向かってみたいと思っていたのですが、LSEは今、スイス国鉄の メーターゲージ、ブリューニック線を譲受してツェントラル鉄道(Zentralbahn )と名前を変えているとのこと。

そして、オーバーマットー グリューネンヴァルト間にあった261‰区間の勾配緩和と所要時間短縮、輸送力増強を図るために、全長4030m、最急勾配105‰のエンゲルベルグトンネルの新線に移行したようです。

少々魅力低下したようですが、機会あれば再訪したいものです。

 

« 思い出の光景:4 | トップページ | 鉄道の日とクロード・モネ  »

鉄道(海外)」カテゴリの記事

コメント

スイスのメータゲージは良いですね。何度かしか乗ったことはありませんが、いまも書籍棚の一角にRhBの2等客車を展示して楽しんでいます。

ぼっちぼち さま
はい、好きですね。RhBの2等客車って機関車は? 小さなレイアウト作りましょう!

運転台の画像を観て右側通行なのに日本と同じ左側なのでアレ?と思い
同じ様な運転台を持つリギ鉄道や瑞西の車両の画像をチェックしたら日本と違い点対称
で無い事にLSEの画像を観て今気がつきました。

ぬか屋 さま
スイスの鉄道は、一部区間を除いて原則左側通行、日本と同じですよ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 思い出の光景:4 | トップページ | 鉄道の日とクロード・モネ  »

フォト
2020年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

他社線ご案内

無料ブログはココログ