日記・コラム・つぶやき

2017年12月 3日 (日)

講演会に

12月最初の土曜日は、それは忙しい一日でした。

先ずはクルマで家電量販店に。目的はプリンター用紙の購入だったのに・・・、IH炊飯器を衝動買い。 一旦帰宅してから電車でお出掛け。 なんと、運転士さんはチャーミングなレディ! これがまたカッコいいのですよ、「進行!」って。

20171202_0001_20


向かった先は相模大野のホテル。 8階の宴会場には300席あまりが設営されています。

20171202_0005_20


建築家としてパリのポンピドゥー・センターは関西国際空港をデザインしてきた岡部憲明氏の講演会「移動空間をデザインする」です。 小田急のロマンスカー50000形VSE、60000形MSE、30000形リニューアル車EXE-α、さらに傍系の箱根登山鉄道3000形アレグラ、大山ケーブルカーなどの車両デザインについての講演です。 講演時は録音・撮影禁止なので、これ以上の撮影はできません。

20171202_0006_20


「デザイン」という仕事に携わってきたOER3001氏ですが、大変勉強になった講演会でした。 抽選で選ばれて参加できた講演会ですが、残念ながらこの後の予定があって早めに中座させて頂きました。

夕日を受けてやって来た快速急行に飛び乗ります。

20171202_0008_20


下北沢の地下深いホームから、エスカレータも歩いて一気に地上へ。 やって来た急行はパープルの1776F。

20171202_0009_20


向かった先は、高校クラブのOB会でした。 仕事を引退したメンバーもまた一人、二人と増えますが、久しぶりに近況を確認しながらの楽しいひと時、2次会まで充分に楽しませて頂きました。

2017年11月17日 (金)

電車がいるビル

池袋駅は西武が東、東武が西と、なんか反対なのが可笑しいです。 西部鉄道と東部鉄道ではない証拠か?

そんなことはどうでも良いですが、その西武の東口を出て数分の所、道路に面したビルの中に電車の顔が! 西武鉄道2000系クハ2098と京浜急行800系デハ812-6です。 本年完成した藤久ビル東5号館です。

20191116_0011_20


2両の奥には東急電鉄7700系デハ7702(元7046)まで。 

20191116_0005_20_2


電車を見渡せる空間は喫茶スペースになっていて、鉄道グッズなども展示販売されています。

20191116_0006_20


このビルは、後藤文男さんが経営する企業のもので、ビル入り口には鉄道車両の製造銘鈑と同じサイズ・形状のプレートが取り付けられています。

20191116_0008_20_2


このプレートの反対側には、エンドウ、カツミの16番ゲージ模型とともに、展示されている電車について解説されています。

20191116_0007_20


このビル14階に設けられたギャラリー路草で、オーナー後藤文男さんの写真展「ファンタスティックトラム」が始まりました。

23559933_839570586222926_82066114_2


1978年1月に初めて訪れたイングランド北西部、アイリッシュ海に面する街ブラックプールに魅かれ、以来数回に渡り取材してきた路面電車の写真。 

20191116_0009_20


作品一つづつ、オーナーから撮影時の思い出も併せてご説明頂けました。 作品は一部の大型パネルは別としてすべて、オーナー自らインクジェットプリンターでプリントしたものだそうで、これもまた素晴らしいことです。

時の過ぎるのも忘れて見入った写真展、会場を後にしたときはすっかり日も沈んで夜の入り口。

20191116_0010_20


暗くなった街に、西武と京急の電車が輝いていました。

2017年11月 8日 (水)

毎日報道される

小田急線相武台前駅。 悲惨な事件で毎日のように報道されている場所です。

1


この駅を出て、線路の北側を座間方面に歩きます。 途中で左折、踏切を渡って線路の南側を進むと公園があります。 緑ヶ丘第2公園です。 ここからはこんな感じで通り過ぎる下りのVSEを見ることができます。

2vse


上り急行の8000形が来ました。 この右手の青いビニールシートに気づきますか?

3_2


もう少し下り方向に移動して線路向こうを見ると・・・

4


ここが悲惨な事件の現場となったアパート、警察車両が止まっています。 手前はサクラの木です。

ここからさらに下り方向に歩くと、線路をオーバークロスする道路に出ます。 春にはこのような眺めが楽しめます。

0


しかし立冬を迎えた今は・・・

5_2


線路に並行する道路に目をやれば、今も警察車両が止まり、黄色い規制テープで通行ができなくなっています。 報道関係のクルマもいます。

6


さらに近付いてみると、規制する警察官の前に三脚を構えた人と取材の女性記者でしょうか。

7


この位置から春に撮ったのが次の写真。 穏やかな場所でした。

01


迂回してこの先に行って、振り返ればこんな感じ。 報道関係者を乗せた黒塗りの車が規制線の前で待機。 その横を事件とは一切関係なしと言う感じで通り過ぎる電車。

8


10代、20代の女性8人と20代男性1人の遺体を隠していたという容疑者。 こんな気味悪い輩がこの沿線に居たことが何とも虚しい。 何と憎い男か。 一刻も早く極刑にして欲しいと思います。 犠牲になった方がたのご冥福をお祈りします。

2017年10月27日 (金)

新車登場

新車と言っても、今回は鉄道や鉄道模型ではなく、クルマの話です。

今まで8年間、グランシップ静岡や埼玉県県民民活動総合センター、横浜市野毛地区センター、いわき市などでの運転会に、モジュールレイアウトや多くの車両を積んで向かってくれた愛車を、新型車に取り換えることになりました。

先の10月23日だった予定を、台風による荒天予報を回避して、今日27日に延期した新車受け入れでした。 

EF58ナンバーを連想する「5686」から小田急SE車の「3001」へ。 色はEXE-αでしょうか。 

ディーラーでは新旧並べて、営業担当者、店長、整備マネージャー、スタッフ等が勢揃いして、心に残る納車式をしてくださりました。

20171026_0004_20


積載可能な空間は広くなったとの説明でしたが、実際に積んでみなければわかりません。 来年のグランシップが運転会初デビューとなりそうです。

2017年10月 4日 (水)

中秋の名月

正確には左が欠けているとのことで、満月ではないようですがそれでも十五夜、お月見の夜。 ベランダで雲の間から見え隠れする丸い月を捉えました。

20171004_0002_20


コンデジで撮って、画像ソフトで中央部を切り抜きました。

たまには空を見上げて、週末の合運に備えましょうか。

2017年9月 1日 (金)

安曇野に電車を見に

8月の最終日、安曇野で保存されている旧型電車に会いに行きました。

20170831_1119_20_2


心配されていた雨にも降られることなく、涼しくなった秋風を感じながらゆっくりと眺めることができました。 詳細は後日ご報告と言うことで。

2017年8月13日 (日)

名古屋に日帰り③

「鉄たび展」で友人K氏激励の後は味噌カツ丼の昼食を摂り、早々名古屋を後にしました。 帰宅の時間にはゆとりがありますが、今回は名古屋市内での名鉄撮りは止めて、新快速の313系に乗りました。

20170810_0047_20


早々名古屋を発ったのは、パノラマカーが見られなくなった名鉄に魅力を感じなかったから。 蒲郡では6000系らしき姿を目にしました。

20170810_0048_20


豊橋到着前に、373系が車窓に。 東京口に来なくなったのが寂しいです。

20170810_0055_20


そして、また名鉄が。 3200系と言うのでしょうか。

20170810_0056_20


その豊橋に寄り道することにしていたのです。 久しぶりに豊橋鉄道です。 こんなに立派に改装された豊橋駅に降りるのは初めてです。

20170810_0057_20


暫く線路に沿って歩くことにします。 高架歩道橋に上がって、豊橋に向ってくるのを撮ります。 ピンクの「桜」でした。

20170810_0059_20


結局、隣の相生橋駅まで歩きます。 途中の踏切で待って、赤い「ばら」を撮ります。

20170810_0060_20


コンパクトデジタルカメラしか携帯しませんでしたが、最近のコンデジはなかなか良く撮れます。

20170810_0061_20


相生駅向こうの踏切で、豊橋行きを待ちます。 青い「ひまわり」がやって来ました。

20170810_0065_20


これを撮ってから急いで乗車します。 豊橋駅まで140円。 豊橋駅前のぺデストリアンデッキからは路面電車が良く見えます。 近年、路面電車の路線として駅前まで延伸したことで有名になった市内線です。

20170810_0076_20


芝生の緑の上を滑る光景は、ヨーロッパに行った時に初めてスイス・バーゼルで見て感激しましたが、近年日本でも増えて来ましたね。

20170810_0080_20


さまざまな車両が頻繁に往来します。 上は都電、下は名鉄のお下がりですね。

20170810_0086_20


折り返し線は1本なので、「出れば来る」という調子。

20170810_0088_20


市内線はほどほどにして、飯田線と名鉄のホームに向ってみると、ちょうど急行の到着。

20170810_0100_20


今年2017年製の3310編成でした。 名古屋方には赤い鋼製車が連結されています。

20170810_0104_20


先頭は3215でした。 いずれもロングシートで残念です。

20170810_0106_20_3


隣の飯田線ホームに停車している313213系の方が、OER3001氏は好みです。

20170810_0103_20


豊橋でのひと時を過ごした後は、浜松行、熱海行と乗り継いで、静岡から373系の‘ホームライナー沼津4号’に乗ることにしました。

20170810_0113_20


座席券320円は価値あるとものと思います。

20170810_0114_20


‘ムーンライトながら’の頃を思い出す優雅な車内でゆっくりできました。

2017年8月12日 (土)

名古屋に日帰り②

名古屋駅から向かったのは、ジェイアール名古屋タカシマヤで開催中の「鉄たび展」。 熊本地震復興支援企画ということでもあり、会場で1番ゲージ模型を動かしている友人K氏の激励も兼ねて。

20728017_788558744657444_87214717_2


10階の催事場に展開されています。

20728086_788558767990775_3816910510


早速、友人K氏を発見。 原鉄道模型博物館の制服でご奉公です。

20728306_788558921324093_72590261_2


横浜の原鉄道模型博物館所蔵品を一部、名古屋に送っての展示ですが、Oゲージ模型の中には地元名鉄の‘ナマズ’もしっかりあります。

20170810_0038_20


Oゲージや16番ゲージでの展示もさることながら、メインはやっぱり動くもの。 名古屋で1番ゲージの走行など、目にする機会は少ない筈です。 原鉄道模型博物館では、鉄のレールに架線集電で走らせていますが、ここではLGBの真鍮レールの2線式です。

20170810_0026_20_2


複線エンドレスの内周線に1副本線と2本の引き込み線、外周線に1本の引き込み線が用意されています。

20170810_0028_20_2


メインの‘或る列車’編成は毎時、20分間運転されています。

20170810_0030_20_3


線路に乗せきれない車両たちは中央のステージに並べられています。 これらをK氏が気分で取り換えて走らせます。

20170810_0029_20_2


中でもOER3001氏が好きなのはこれです。

20729309_788558804657438_8723908492

夏休み期間なので子どもが多いかと予想していたら、何とハズレ! 平日の昼前と言うこともあったでしょうが、意外にもご年配の方々が多い。 かなりの鉄道模型趣味人なのか、それとも優雅な旅を楽しむシニアなのか。 

あっ、もう一つ忘れていました。 この展示協力は原鉄道模型博物館の他に、ドーンデザイン研究所とあるのですが、こちらの展示はOER3001氏は既に飽きていますのでスルーパスでした。 なかなか息苦しい展示だったと添えておきます。

この後、同展は大阪で開催と聞いています。ので、機会があれば是非足を運んでみてください。

2017年8月11日 (金)

名古屋に日帰り①

直近での京王線のダイヤ改定(京王電鉄は何故か改正とは言わないので)がいつだったのか記憶にありませんが、少なくとも改定以来初めて乗った初電、4時44分発です。 8月10日のことでした。

20170810_0001_20


橋本からの相模線初電は5時12分発ですので、少し待つことになります。

20170810_0002_20

ホームに到着している電車にはまだ、乗務員がいませんので開扉されません。

20170810_0003_20

茅ヶ崎で通過する上り貨物列車を見送り、東京からの1番列車である沼津行きに乗ります。

20170810_0004_20_2


が、都心の通勤電車のような混み方に驚きました。 仕方なく運転室の後ろに立って前方注視。 平塚、大磯、二宮、国府津と過ぎ、鴨宮でようやく空きましたが、まだまだ空席にはなりませんのでそのまま運転席後方に。

結局、小田原、早川、根府川、真鶴、湯河原、そして熱海まで。 ‘伊豆急の東急’とご対面。

20170810_0007_20


熱海では敢えて座らず、そのまま丹那トンネルを抜けて函南、三島。 三島では‘伊豆箱根の西武’とご対面。

20170810_0008_20_2

三島で島田行きに乗り換えてやっと、ロングシートに座ります。 小一時間後に静岡でこれまたロングシートの浜松行きに。 沼津~浜松間の東海道線には魅力が無くなりました。

浜松からはやっと、快適なクロスシートです。 新快速・大垣行きの313系が弁天島を過ぎてすぐ、

20170810_0009_20


隣をN700が物凄い速さで抜かして行きます。

20170810_0010_20


抜かして行くN700の後部を捉えようと試みましたがこの通り、お粗末さま。

20170810_0011_20


豊橋で名鉄を確認。 魅力的だったパノラマカーの姿はありません。

20170810_0012_20


岡崎では愛知環状鉄道2000系にご挨拶です。

20170810_0014_20


新快速はここ安城に停車しますが、新幹線乗り換え駅である隣の三河安城は通過してしまうのですね。

20170810_0016_20


この日は清州駅の踏切で安全確認ということで、新快速は10分ほど遅延。 それでも11時20分頃には名古屋駅に到着できました。

20170810_0018_20


さてこれから駅を出て・・・、②へ続きます。

2017年7月15日 (土)

名古屋へ⑥

リニア・鉄道館の展示で、好感が持てる工夫に出会いました。 視覚に障がいを持つ方への心配り。 点字による伝達に留まらず、触覚で形状を伝えています。

20170707_0079_20


これはクモハ52の解説例。

20170707_0080_20


健常者に対する解説内容のほとんどが、触覚で伝えられていました。

20170707_0083_20


博物館のユニバーサルデザイン、思いやり、心配りが感じ取れた良き事例でした。

より以前の記事一覧

フォト
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ