日記・コラム・つぶやき

2018年2月12日 (月)

追憶の横浜・京都 トロリーポール電車展

標記の特別企画展示が開催されています。 http://www.hara-mrm.com/event/event1801_01.html 開催初日のオープニングイベントにご招待頂き、会場の「原鉄道模型博物館」を訪れました。

オープニングイベントは開場前に行われますので、久しぶりにラッシュアワーの電車に乗って、9時前に横浜駅に到着。 横浜三井ビルまでは徒歩5分ほど。 1階ホールではイベント準備が進められています。

20180209_0004_20

ホール右手壁面には大きく伸ばした横浜市電の雄姿が。 

20180209_0034_20_2

そして手前から奥にかけて、1904年に横浜電気鉄道により開業し、1972年に廃止された80年あまりの市電の歴史が、10枚のパネルで紹介されています。 悲惨な大戦下の記録もあり、見入ってしまう内容でした。

20180209_0035_20horu_2

いよいよ針谷館長代理の進行で、オープニングイベントが始まりました。 先ずは原館長から本特別企画展の企画から展示に至る過程のご紹介。 今回の展示は京都市交通局、京福電気鉄道、叡山電鉄、横浜市電保存館、そして神奈川新聞社の協力があって実現したとのことでした。

20180209_0025_20_3

次に京福電気鉄道常務取締役の水田潤二さまからのご挨拶。

20180209_0027_20_2

続いては横浜市電保存館を運営する横浜市交通局協力会理事長の山﨑幹夫さまからのご挨拶。

20180209_0028_20_2

いよいよ、お三人の手による入鋏式で開幕です。

20180209_0029_20_2

博物館内の特別展示室、ポールを解説した大型パネルからこの展示が始まります。

20180209_0031_20_2

このパネルの右には、「ちんちん電車」のシンボルとも言える、車掌が発車時に鳴らす「鈴」(?)と、運転士が鳴らす鐘(フートゴング)が設置されていて、それぞれ来場者が鳴らすことができます。

20180209_0032_20_2 20180209_0033_20_3

ガラスケースの中にはホイールやスライダーシュー、トロリー線など、懐かしい様々な部品も展示されています。

20180209_0009_201_2 20180209_0011_20g2_3

トロリーには、スライダー(奥)とホイール(手前)の2種がありました。

20180209_0010_20_3

これを架線に当てて電気を得て、電車が走ります。 ということをOゲージの模型で解説しているのは針谷館長代理。 模型を走らせているのはな、なんと、モハメイドペーパーさまではありませんか!

20180209_0018_20_2

真鍮線の架線を張ったエンドレスを、ホイール式のポールから集電した電車が快走します。

20180209_0019_20_2

あらためて、電車が走る仕組みとその歴史を理解できる、中身の濃い展示会だと思います。 会期は4月2日(月)までですので、足を運ばれては如何でしょう。

2018年1月 1日 (月)

賀正 2018

              あけましておめでとうございます。

                                         2018.1.1

20171226_0012_20

昨年製作の16両の鉄道模型車両から、1960年代の小田急電車を背景に、新年のご挨拶を申し上げます。

拙ブログは2013年1月1日開設以来5年が経過、本日から6年目に突入となりました。 累計アクセス数も221,500に達し、今や多くの方にご覧頂いていることを嬉しく思います。

本年も気のむくまま、趣味の鉄道模型や鉄道情報を主体に、発信して行きたく思っていますので、何卒よろしくお願いいたします。

お訪ねいただく皆さま方に、2018年が幸多き一年となりますよう祈念申し上げます。

2017年12月22日 (金)

大相鉄展

横浜高島屋で開催中の「大相鉄展」と称する、相鉄100周年を記念しての展示会に行って来ました。 12月16日(土)から開催中で、会期は25日(月)まで。 模型の運転はありませんが、懐かしい思い出にふれた展示でした。

25497936_856902021156449_1738133650


会場は8階の催事場、入場無料だというのに、魅力的な入場券を頂けます。

25591964_857946597718658_6180285643


入り口に入ると直ぐ、日立製作所が納めた模型が。 まずは6000系、OJゲージのサイズです。

25446114_856902061156445_7024114039


主力の8000系も。 こちらはやや大きいですが、縮尺が表示されていないので判りません。

25442884_856902091156442_8762352360


歴史を紹介する大型パネルの前を進むと、現役社員さんが作られたというNゲージジオラマの数々。 鋭い観察力と適度なデフォルメ、製作技術の伴った素晴らしい作品に出会うことができます。

其々にキャプションが添えられていたのですが、メモして来なかったので相鉄沿線を詳しくないOER3001氏としては場所を解説できませんが、これは春のいずみ野線でしょうか。

20171219_0010_20


続いては東海道新幹線が上を通るので西谷でしょうか、夏の風景です。

20171219_0011_20_2


続いては秋、ここは大和辺りなのかな。

20171219_0012_20


冬景色が凄い。 首都圏でもたまに、こんな大雪に見舞われる年もあります。 見覚えある光景なのですがどこの駅だったか・・・。

20171219_0013_20


こちらは横浜ですね。 東横線やJR、京浜急行も!

20171219_0014_20


角度を変えてみるとこんな感じ。 凄い!の一言です。

20171219_0015_20


さらに視点を変えて。 見入ってしまいます。

20171219_0016_20


EDが新車の回送しています。 下は目久尻川とありますから厚木からかしわ台に向かうところですね。

20171219_0017_20


これはOER3001氏にも判る二俣川。 分岐するいずみ野線の下を、海老名行が抜けて来ます。 横浜行きの5000系がいいですね。

20171219_0018_20


こちらは? 天王町付近でしょうか。

20171219_0020_20


これはまた、昭和の香りが漂う光景ですね。 1975年に廃止された大塚本町駅でした。

20171219_0021_20


東名高速道路が下を通ります。 相模大塚付近ということですね。

20171219_0022_20


実はこの上空には、海上自衛隊厚木基地の航空機までもが! 素晴らしいではありませんか。

20171219_0034_20


とにかく、ひとつひとつのジオラマに見入ってしまいました。 

運転シミュレーターも設置されていて、時間を決めて体験させていました。

20171219_0026_20


他にも歴代の制服や、信号機、つり革などが展示されていましたが、OER3001氏の目に留まったのは以下のコレクション。 5000系のプレート。

20171219_0027_20


そしてアルミ車体の吊り掛け車2600系のプレート。 こういうのは社員でもなければ入手不可能ですよね。

20171219_0028_20


加えて旧塗装6000系の貫通扉をショーケースにして飾られた各種プレートや制動弁など。 憎い展示ですよね。

20171219_0029_20


平日の昼ながら、結構な来場者がありました。 なんだか旧塗装の相鉄車両、また作りたい気も・・・。

2017年12月 3日 (日)

講演会に

12月最初の土曜日は、それは忙しい一日でした。

先ずはクルマで家電量販店に。目的はプリンター用紙の購入だったのに・・・、IH炊飯器を衝動買い。 一旦帰宅してから電車でお出掛け。 なんと、運転士さんはチャーミングなレディ! これがまたカッコいいのですよ、「進行!」って。

20171202_0001_20


向かった先は相模大野のホテル。 8階の宴会場には300席あまりが設営されています。

20171202_0005_20


建築家としてパリのポンピドゥー・センターは関西国際空港をデザインしてきた岡部憲明氏の講演会「移動空間をデザインする」です。 小田急のロマンスカー50000形VSE、60000形MSE、30000形リニューアル車EXE-α、さらに傍系の箱根登山鉄道3000形アレグラ、大山ケーブルカーなどの車両デザインについての講演です。 講演時は録音・撮影禁止なので、これ以上の撮影はできません。

20171202_0006_20


「デザイン」という仕事に携わってきたOER3001氏ですが、大変勉強になった講演会でした。 抽選で選ばれて参加できた講演会ですが、残念ながらこの後の予定があって早めに中座させて頂きました。

夕日を受けてやって来た快速急行に飛び乗ります。

20171202_0008_20


下北沢の地下深いホームから、エスカレータも歩いて一気に地上へ。 やって来た急行はパープルの1776F。

20171202_0009_20


向かった先は、高校クラブのOB会でした。 仕事を引退したメンバーもまた一人、二人と増えますが、久しぶりに近況を確認しながらの楽しいひと時、2次会まで充分に楽しませて頂きました。

2017年11月17日 (金)

電車がいるビル

池袋駅は西武が東、東武が西と、なんか反対なのが可笑しいです。 西部鉄道と東部鉄道ではない証拠か?

そんなことはどうでも良いですが、その西武の東口を出て数分の所、道路に面したビルの中に電車の顔が! 西武鉄道2000系クハ2098と京浜急行800系デハ812-6です。 本年完成した藤久ビル東5号館です。

20191116_0011_20


2両の奥には東急電鉄7700系デハ7702(元7046)まで。 

20191116_0005_20_2


電車を見渡せる空間は喫茶スペースになっていて、鉄道グッズなども展示販売されています。

20191116_0006_20


このビルは、後藤文男さんが経営する企業のもので、ビル入り口には鉄道車両の製造銘鈑と同じサイズ・形状のプレートが取り付けられています。

20191116_0008_20_2


このプレートの反対側には、エンドウ、カツミの16番ゲージ模型とともに、展示されている電車について解説されています。

20191116_0007_20


このビル14階に設けられたギャラリー路草で、オーナー後藤文男さんの写真展「ファンタスティックトラム」が始まりました。

23559933_839570586222926_82066114_2


1978年1月に初めて訪れたイングランド北西部、アイリッシュ海に面する街ブラックプールに魅かれ、以来数回に渡り取材してきた路面電車の写真。 

20191116_0009_20


作品一つづつ、オーナーから撮影時の思い出も併せてご説明頂けました。 作品は一部の大型パネルは別としてすべて、オーナー自らインクジェットプリンターでプリントしたものだそうで、これもまた素晴らしいことです。

時の過ぎるのも忘れて見入った写真展、会場を後にしたときはすっかり日も沈んで夜の入り口。

20191116_0010_20


暗くなった街に、西武と京急の電車が輝いていました。

2017年11月 8日 (水)

毎日報道される

小田急線相武台前駅。 悲惨な事件で毎日のように報道されている場所です。

1


この駅を出て、線路の北側を座間方面に歩きます。 途中で左折、踏切を渡って線路の南側を進むと公園があります。 緑ヶ丘第2公園です。 ここからはこんな感じで通り過ぎる下りのVSEを見ることができます。

2vse


上り急行の8000形が来ました。 この右手の青いビニールシートに気づきますか?

3_2


もう少し下り方向に移動して線路向こうを見ると・・・

4


ここが悲惨な事件の現場となったアパート、警察車両が止まっています。 手前はサクラの木です。

ここからさらに下り方向に歩くと、線路をオーバークロスする道路に出ます。 春にはこのような眺めが楽しめます。

0


しかし立冬を迎えた今は・・・

5_2


線路に並行する道路に目をやれば、今も警察車両が止まり、黄色い規制テープで通行ができなくなっています。 報道関係のクルマもいます。

6


さらに近付いてみると、規制する警察官の前に三脚を構えた人と取材の女性記者でしょうか。

7


この位置から春に撮ったのが次の写真。 穏やかな場所でした。

01


迂回してこの先に行って、振り返ればこんな感じ。 報道関係者を乗せた黒塗りの車が規制線の前で待機。 その横を事件とは一切関係なしと言う感じで通り過ぎる電車。

8


10代、20代の女性8人と20代男性1人の遺体を隠していたという容疑者。 こんな気味悪い輩がこの沿線に居たことが何とも虚しい。 何と憎い男か。 一刻も早く極刑にして欲しいと思います。 犠牲になった方がたのご冥福をお祈りします。

2017年10月27日 (金)

新車登場

新車と言っても、今回は鉄道や鉄道模型ではなく、クルマの話です。

今まで8年間、グランシップ静岡や埼玉県県民民活動総合センター、横浜市野毛地区センター、いわき市などでの運転会に、モジュールレイアウトや多くの車両を積んで向かってくれた愛車を、新型車に取り換えることになりました。

先の10月23日だった予定を、台風による荒天予報を回避して、今日27日に延期した新車受け入れでした。 

EF58ナンバーを連想する「5686」から小田急SE車の「3001」へ。 色はEXE-αでしょうか。 

ディーラーでは新旧並べて、営業担当者、店長、整備マネージャー、スタッフ等が勢揃いして、心に残る納車式をしてくださりました。

20171026_0004_20


積載可能な空間は広くなったとの説明でしたが、実際に積んでみなければわかりません。 来年のグランシップが運転会初デビューとなりそうです。

2017年10月 4日 (水)

中秋の名月

正確には左が欠けているとのことで、満月ではないようですがそれでも十五夜、お月見の夜。 ベランダで雲の間から見え隠れする丸い月を捉えました。

20171004_0002_20


コンデジで撮って、画像ソフトで中央部を切り抜きました。

たまには空を見上げて、週末の合運に備えましょうか。

2017年9月 1日 (金)

安曇野に電車を見に

8月の最終日、安曇野で保存されている旧型電車に会いに行きました。

20170831_1119_20_2


心配されていた雨にも降られることなく、涼しくなった秋風を感じながらゆっくりと眺めることができました。 詳細は後日ご報告と言うことで。

2017年8月13日 (日)

名古屋に日帰り③

「鉄たび展」で友人K氏激励の後は味噌カツ丼の昼食を摂り、早々名古屋を後にしました。 帰宅の時間にはゆとりがありますが、今回は名古屋市内での名鉄撮りは止めて、新快速の313系に乗りました。

20170810_0047_20


早々名古屋を発ったのは、パノラマカーが見られなくなった名鉄に魅力を感じなかったから。 蒲郡では6000系らしき姿を目にしました。

20170810_0048_20


豊橋到着前に、373系が車窓に。 東京口に来なくなったのが寂しいです。

20170810_0055_20


そして、また名鉄が。 3200系と言うのでしょうか。

20170810_0056_20


その豊橋に寄り道することにしていたのです。 久しぶりに豊橋鉄道です。 こんなに立派に改装された豊橋駅に降りるのは初めてです。

20170810_0057_20


暫く線路に沿って歩くことにします。 高架歩道橋に上がって、豊橋に向ってくるのを撮ります。 ピンクの「桜」でした。

20170810_0059_20


結局、隣の相生橋駅まで歩きます。 途中の踏切で待って、赤い「ばら」を撮ります。

20170810_0060_20


コンパクトデジタルカメラしか携帯しませんでしたが、最近のコンデジはなかなか良く撮れます。

20170810_0061_20


相生駅向こうの踏切で、豊橋行きを待ちます。 青い「ひまわり」がやって来ました。

20170810_0065_20


これを撮ってから急いで乗車します。 豊橋駅まで140円。 豊橋駅前のぺデストリアンデッキからは路面電車が良く見えます。 近年、路面電車の路線として駅前まで延伸したことで有名になった市内線です。

20170810_0076_20


芝生の緑の上を滑る光景は、ヨーロッパに行った時に初めてスイス・バーゼルで見て感激しましたが、近年日本でも増えて来ましたね。

20170810_0080_20


さまざまな車両が頻繁に往来します。 上は都電、下は名鉄のお下がりですね。

20170810_0086_20


折り返し線は1本なので、「出れば来る」という調子。

20170810_0088_20


市内線はほどほどにして、飯田線と名鉄のホームに向ってみると、ちょうど急行の到着。

20170810_0100_20


今年2017年製の3310編成でした。 名古屋方には赤い鋼製車が連結されています。

20170810_0104_20


先頭は3215でした。 いずれもロングシートで残念です。

20170810_0106_20_3


隣の飯田線ホームに停車している313213系の方が、OER3001氏は好みです。

20170810_0103_20


豊橋でのひと時を過ごした後は、浜松行、熱海行と乗り継いで、静岡から373系の‘ホームライナー沼津4号’に乗ることにしました。

20170810_0113_20


座席券320円は価値あるとものと思います。

20170810_0114_20


‘ムーンライトながら’の頃を思い出す優雅な車内でゆっくりできました。

より以前の記事一覧

フォト
2018年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      
無料ブログはココログ