鉄道模型

2018年9月 1日 (土)

NEX

成田エクスプレスE253系6両編成が我が家にやって来ました。 

20180901_0001_20


とは言っても、これは仕事なのです。 神奈川県立辻堂海浜公園内の交通展示館鉄道ジオラマで走っているもの。 我が家で修理せざるを得ない状況になってしまいました。

動力装置はキャノンモーターEN-22を使用するも、博物館仕様とでも言うダイキャスト製ギアボックスの上に取り付けられ、スパーギア3枚でウォームに下す独特のもの。 これが1両に2組、編成では2両4台車が動力台車となります。

20180901_0002_20

車両間はジャンパで通電され、集電効率を高めていますが、MM’間は電線引き通しで解結できなかったので、斯様なプラグにしました。

20180901_0004_20

一方付随台車には全て集電シューが取り付けられています。 先端にはカーボンがハンダ付けされていて、車軸に当てています。

20180901_0005_20

こんな感じです。

20180901_0006_20

そして台車の軸穴にはベアリングが仕組まれています。

20180901_0007_20

台車から抜けてしまったベアリングが車軸に嵌っています。

20180901_0009_20

それにしても汚い車体です。 どうしたらこんなに汚れるのでしょうか??

20180901_0011_20

修理、調整したら、洗車(?)して綺麗な姿にして返してあげようと思います。

2018年8月23日 (木)

ジャンク品買っちゃいました!

親切な友人から「格安でパーツ売ってるよ」との電話をもらったOER3001氏。 折角だから冷やかしにでも出かけようと、向かった先は自宅から30㎞ほどの距離。

スーパーカゴに無造作に入れられたパーツを入念に検査して・・・、結局これだけ買ってしまいました。

Dsc_0424

小田急8000形の顔(カツミ)、小田急5000形等のクーラー(カツミ)、小田急9000形用床下機器(U-train)、日車NA-4A台車(モデル8)など。

何方か相当なモデラーの遺品なのでしょうか、他にも興味深い品々がありましたが、このショップの展示方法は商品が傷みます。 もう少し考えてもらえないでしょうか。

2018年6月13日 (水)

2段リンク式軸受

1966(昭和41)年に購入したと思われる軸受、カワイモデル製品です。 当時はシュー式しか製品化されていなかったので、これは真新しい製品でした。

Img_0010_20
先日の運転会でショートしていた自作コキを解体、大事にパーツを取り出しました。

今では入手できなくなってしまったこの手のパーツ、数両分入手したくなっています。 ジャンク箱で眠っているパーツがありましたらお譲り頂けたら嬉しいです。

2018年5月 8日 (火)

E5系新幹線デビュー

神奈川県立辻堂海浜公園http://www.kanagawa-park.or.jp/tujidou/には交通展示館なる施設があります。 その中でも鉄道ジオラマは来館者の人気施設なのですが、財政事情から長い間施設や車両の更新がなされていないため、走行車両は‘思い出の’という過去ものが中心になっています。

20170507_0005_20
ご相談を拝受したOER3001氏は、投資費用を抑えながらもインパクトある車両置き換えを提案させて頂きました。 それは高架線で目立つ新幹線車両の内、今は完全に過去ものになってしまった200系の置き換えです。

20170507_0004_20

晴れてE5系車両の導入となりました。

20170507_0017_20
来館者の押しボタンによって中央駅を自動発車、富士山の背景画前の山裾を進みます。

20170507_0018_20

ジオラマルーム右側から、高架で在来線上を越え・・・

20170507_0023_20

中央駅に滑り込みます。

20170507_0024_20

新幹線ホームは、東海道線車両や小田急ロマンスカーが止まる在来線ホームの奥です。

20170507_0027_20

ピタッと所定の停車位置に自動停止します。

20170507_0028_20

新幹線の分解も、このためだったのです。 http://vse50001.cocolog-nifty.com/blog/2018/04/post-7b75.html

20180417_0001_20

EB58がトム1両を牽いて走ったのは、この自動制御に対応した改造の確認試験走行だったのです。http://vse50001.cocolog-nifty.com/blog/2018/05/post-676e.html

20180501_0020_20

5月8日から、E5系‘はやぶさ’は公開されています。 機会を見て是非一度、訪ねられては如何でしょうか。

2018年4月 4日 (水)

走り出したホンモノの‘或る列車’

1906(明治39)年、九州鉄道がブリル社(米国)に発注した列車。納入時は既に我が国の鉄道が国有化されていたために活躍の機会を奪われ、全国に離散してしまった5両の客車。歴史を知る比較的年配の鉄道ファンにはあまりに有名なハナシですが・・・。

もしも実際に営業に就けていたら・・・という姿は模型ならではということになります。 

今般、鉄道模型の神様と言われた(?)かどうかはわかりませんが、OER3001氏も生前にお話ししたことがある原信太郎氏生誕99年の4月4日、横浜「原鉄道模型博物館」の1番ゲージレイアウト上に蘇りました。 原信太郎氏がご自身の夢を膨らませて製作した模型列車、その出発式にご案内頂きましたので参加して来ました。

出発式を前に、まだ薄暗い早朝から、‘或る列車’が出発準備をしていました。

20180404_0006_20

やがて明るくなって、車両を観察することができるようになりました。 先頭の機関車は銅色が輝くSL101形電気機関車。 原氏19歳の時の作品だそうですが、今回の運転に備えて足回りは大幅に改装したそうです。

20180404_0002_20_2

電機なのにSL? と思いましたが何と、シャングリラレールの意だということでしたが、それならSRじゃなかったの? と言いたくなりますが・・・。 6軸の‘F’電機の車体は勿論銅版製です。 次位は郵便車だそうです。

20180404_0003_20

寝台車、食堂車、1等車が繋がりますが、何と言っても見どころは最後尾の展望車ですね。

20180404_0004_20

どの車両にもステンドグラスが嵌められた窓があり、豪華な雰囲気が漂ってくる編成美。

20180404_0005_20

いよいよ発車式が近付いて来ました。

20180404_0001_20

会場内に用意された久寿玉が開かれると・・・静かに発車しました。

20180404_0008_20

夜景の中での明かりが見事です。

20180404_0017_5

どの客車も、室内から漏れる明かりがムードを盛り上げていますが、下手なカメラマンではその真髄をお伝えしきれないのが残念です。

20180404_0019_20

因みに会場でこてはし鉄道社長さまにもお目にかかることができました。 久寿玉も含め、見事なレポートをされておられますのでご参照ください。https://blog.goo.ne.jp/kotehasitetudou

2018年2月 9日 (金)

たまには外国形も

偶数月に開催されるシニアの運転会、今回は滅多に走らせることの無い外国形を持っての参加となりました。 

2度ほど訪れてすっかり気に入ってしまったDB、当時は西ドイツ国鉄でした。 オランダ・アムステルダムからスイス・ジュネーブまで、TEEラインゴルトに乗ったのは良き思い出。 帰国後もその思い出を留めるため、遂に購入してしまったROCOインターナショナル(オーストリア)の完成品です。

鉄橋に差し掛かる列車を望遠で仕留めて見ます。 E103形電気機関車、魅力的でした。

20180208_0062_20


快調に走り回ります。

20180208_0058_20


プラットホームも通過! 

20180208_0064_20
鉄橋を過ぎカーブに差し掛かります。

20180208_0067_20

走って走って快調に走って、最後はSBBの列車の横に停車しました。

20180208_0049_20sbbdb

SBBは仲間のJK(女子高生ではありませぬ)氏の所有、これを期に、仲間の間でヨーロッパものの熱が再燃するかもしれません。

2017年10月31日 (火)

LGBを入手してしまいました!

斯様なものを入手してしまいました。 懐かしいLGB(Lehmann-Groß-Bahn レーマン大型列車の意味)を。

調べてみるとメーカーのレーマン社(ドイツ)、残念なことに創業125年を迎えた2006年に倒産してしまったらしい。

20171030_0010_20


1番ゲージと同じ軌間45mmのGゲージ、縮尺1/22.5で作られた機関車は、オーストリアの車輪配置0-4-0の小型機関車「Stainz」です。 発煙装置が組み込まれ、シュッシュと音を発して走ります。 残念ながら発煙用のオイルが手元に無く、当分は発煙しません。

Img_0084_20


2両の客車はドアも開き、乗客の人形が乗せられます。

Img_0087_20


2両の客車を牽き、音を出して楕円の線路を周回します。

Img_0092_20

庭園鉄道としても使えるように、堅牢な作りの製品だけに、子どもが扱っても充分に耐えそうです。 実はこれ、4歳になった孫が来たときに驚かせ、遊ばせてやろうと入手した代物。 7歳の姉とともに、大はしゃぎしそうで楽しみです。

2017年8月25日 (金)

またまた製作中

ペーパー製電車、大量生産中です。 この画像が、正面を除く車体構成部材の全景。

側板(白い)が1枚、2枚、3枚、4枚、、、、、側扉が1枚、2枚、3枚、、79枚、80枚。 そして妻板が1枚、2枚、3枚、、、。

20170824_0001

近年の車両はどこも同じような側面ですから、ここまで終えたところで正面パーツの形状変えれば他形式にもなりますね。 そうか、こういうのを多形式とでも言うのかな。

2017年8月19日 (土)

第18回 国際鉄道模型コンベンション

いよいよ始まりました、東京ビッグサイトで今年の国際鉄道模型コンベンション<JAM>が。

OER3001氏も、友人からのお誘いで、参加させて頂き、新作・小田急1600形を展示用線路に乗せて並べさせて頂きました。

20170818_0045_202

他の多くの秀作が並ぶ中、架線柱付きの展示用線路でちょっぴり目立つように。

隣にはプロのBBさんの1600形、その隣は地鉄ワールドで有名なY.Mさんの1910形と趣味界の重鎮の作品が並びます。 小田急模型製作第一人者とも言えるM.Iさんの2000形はその隣。 他にも多くの秀作が並びましたが、いずれもごご本人の承諾を頂いていないので掲載は遠慮させて頂きます。

他にOER3001氏が釘づけにされた展示は、鉄犬モハモハコンペ。 タイトルだけでは一部の人にしか理解できないものですが、一目見ればそれはそれは楽しいワールドの展開です。 このあたりの詳細はhttp://ntekken.blog109.fc2.com/blog-entry-2194.htmlでご確認ください。

20170818_0042_20

ご本人がご自身の作品撮影に没頭していました。
20170818_0043_20

いくつになっても、楽しい趣味の世界を確立した大御所の笑顔は最高です。

H.U氏も満足気な表情で、ご自身が製作されたモジュールを解説してくださりました。

20170818_0036_20

中身の濃いコンベンション、閉場時刻まで飽きることはありません。

お目にかかれた皆さま、お話しさせて頂いた皆さま、楽しき時間をありがとうございました。

2017年8月14日 (月)

展示用線路

展示用線路を作りました。

17m級4両編成の展示に対応できるように長さ900mm、PC枕木のレールにしました。

Img_0001_20


ファルカタ材と称する長さ900mm、板厚6㎜の幅60mmと45mmを購入し、45mmの方はカンナとヤスリで角を落とし、サーフェーサーをかけてペーパーがけした後に艶消し黒で塗装しました。 PECOのPCレールを接着後、幅60mm、無塗装のファルカタ材に接着しました。

Img_0002_20


KATOの単線架線柱を、実物50メートル間隔の625mm間隔で設けました。

Img_0003_20


KATOの架線柱支持具を道床と台になる板の間に挟みました。 勿論架線柱は取り外し可能。

Img_0004_20


架線柱を手前にした見え方はこんな感じ。

Img_0006_20


出来立ての小田急1600形を並べてみましたが、2M2Tに編成された1602(左)と1601(右)、1651の台車が空気ばね台車であることが良くわかります。

Img_0007_20


持ち運びも容易な展示用線路、これから活躍の機会がありそうです。

Img_0010_20


拙ブログでの報告にも、たびたび活用する予定です。

より以前の記事一覧

フォト
2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ