鉄道

2015年9月 6日 (日)

都電ノスタルジア

“懐かしい東京都電5501”と言っても、現車が活躍していた時代を知る人でなければ、懐かしくは思いませんね。 1967(昭和42)年に引退しているのですから、50歳以上の方でなければ記憶には無い筈です。

幼児の頃に銀座通りで見てから、高校生時代までの記憶に残るOER3001氏には、久しぶりに見て懐かしく思うのです。

20150905_0009_5501_2


都電荒川車庫に併設された「都電おもいで広場」に、60年前に造られたこの車両が大切に保存されているのです。

20150905_0013_

PCCとは、Presidents’Conference Committee との意で、米国の路面電車委員会の開発技術を導入したとありますが、この時に西ドイツの技術でも導入していたら・・・ 我が国の路面電車はもっと別の方向に発展していたかも知れません。

最大の特徴は、手ではなく足で動かすこと。 マスコン、ブレーキハンドルは運転席には見当たらない代わりに、運転士の足元にはバスのようにアクセル、ブレーキのペダルが。 クラッチペダルの位置はデッドマンペダル。

左足でデッドマンペダルを踏み、右足でマスコン(アクセル)とブレーキを操作するというもので、運転士の両手は哀れにも、遊園地のお猿の電車ごときに手摺を掴んでいるだけなのです。

20150905_0015_

側窓のHゴムは外板から出ないように、一段奥まったところに。 細かな気配りと手間がかかる工作です。

乗り口の扉は折り戸ではなく、段違いの2枚引き戸。

20150905_0014_


一方降り口の扉は、縦長のHゴム窓が2列あるので、折り戸のようにも見えますが、1枚の引き戸(左方が戸袋)です。

20150905_0029_


パンタグラフはシンプルな軽量型ではありますが、取り付け台と碍子の形状が古めかしく思えます。

20150905_0030_

初秋の一日、仲間と訪れて「研究」してしまうと、これもいつか作ってみたくなってしまいます。

2015年8月12日 (水)

東武博物館再訪

仲間との8月度例会、東武博物館の見学から始まりました。

1924(大正13)年に製造されたデハ1形(5)は、電車ファンとしては見とれてしまう車両です。

20150808_0007_

博物館に入ると目前に、蒸気機関車と並んで綺麗な姿を見せてくれます。

20150808_0010_

私鉄ながら当時としては大型の車体で、京王帝都は軌道だったから小さくて当然としても、小田急のモハ1に比しては確実に大きく感じます。

20150808_0011_

おそらく油敷きだった筈の床は、ニス塗りなのでしょうか、綺麗です。 グローブに収められた室内灯が良い雰囲気ですが、中身は白熱灯ではなくLEDなのかな?

20150808_0012_

ダブルルーフの明り取り窓にはダイヤガラスが使われています。 近いうちにダブルルーフの車両製作を計画している我が身にとっては大いに参考になりました。 つり革も正しく「皮」です。

20150808_0015_

Westinghouse製マスコンと、制動弁だけの質素な運転台に、一番目立つのは手ブレーキの大きなハンドル。 こんなスタイルが標準でしたね。

流石にこの車両の現役時代は知りませんが、古い車両からは何かと学ぶものが多いものです。

2015年7月25日 (土)

温泉地運転会報告-おまけ④

そして、喜多方へ。

昨年は、坂内ラーメンの行列のお陰で撮り逃してしまった「ばんえつ物語号」を狙いに。

やってきたキハ3連で先ずは練習。

20150712_0017

今回はC57、C61ではなく、代用のDE10ですが、それでも沿線には何人かの撮影者がいました。 夏の日射しを受けて、磐梯山が綺麗に見えます。 

20150712_0026

後姿も捉えましたが、やっぱりこの客車は好きにはなれませんね。

20150712_0030_2

撮影後はきぬやまスカンクさまに送って頂き、ここ磐梯町から帰途に就いた次第です。

20150712_1062

充分に堪能した はつかりクラブ山形運転会への2日間でした。

2015年7月24日 (金)

温泉地運転会報告-おまけ③

オハフ61 2752

熱塩駅にはもう1両の保存車両、オハフ61 2752が。 

20150712_104861

キ100と連結されていて、あたかもキ100が牽引しているがごとくですが、こんな情景は実際にはあり得ませんが、まあ良しとしましょう。 もちろん車内に立ち入ることができ、これも綺麗に手入れされています。

20150712_1041

電球の室内灯台座を生かし、グローブを外して丸型蛍光灯にした室内灯。 懐かしい!!

20150712_1044

一部の窓が開けられて室内換気がされています。

20150712_1049

TR11台車も、

20150712_1051

水タンクはじめとした床下も、

20150712_1050

最近、再塗装されたみたいで綺麗でした。 ・・・つづく

2015年7月23日 (木)

温泉地運転会報告-おまけ②

キ100型ラッセル車

これまでこれほどゆっくりと、細部にわたって観察したことはありませんでした。

20150712_1028100


かなりの豪雪地帯であるこの地で、手入れが行き届いた保存がされていることに感心しました。

20150712_1029100


右側面の次は左側面を。

20150712_1030100

除雪版を拡げた裏側など、じっくり観察したことはありませんでした。

20150712_1052


形式キ100の287、自重26.4t、仙台鉄道管理局・熱塩駅常備です。 製造は昭和29年、舞鶴の飯野車両製だとのことですが、この車両メーカーの存在を知りませんでした。

室内へも入ることができるのです。 「運転室」ではなく「運転台」と言うのが相応しい席ですが、動力を制御する設備はありません。

20150712_1033

あるのは一番左の制御弁と、その右にならぶ空気弁は除雪版の制御用と思われます。

20150712_1034

この高い運転台から後方に目をやると、3段のステップを下りた床に、ストーブや空気溜、除雪板の開閉を担う大きなシリンダーと、職員用長椅子が。

20150712_1037

後方から前方を見るとこんな状態。

20150712_1039

蒸機機関車の時代ですから、結構単純な構造だったのですね。 

・・・つづく

2015年6月22日 (月)

紫陽花

優しさを感じる紫陽花が咲き誇っています。

20150620_0022_15

京王井の頭線も、紫陽花を楽しめる路線のひとつ。 所用で出かけた際にちょっと寄り道して見て来ました。

20150620_0032_15


箱根登山線も満開のようです。

2015年6月21日 (日)

小田急・代々木上原~梅ヶ丘間の複々線

小田急の複々線化工事は、現在までに梅ヶ丘~和泉多摩川間が完成しています。

最大の難所工事とも言われていた、代々木上原~梅ヶ丘間(代々木上原~東北沢間は、千代田線との相互直通運転開始時に複々線化されていましたが、東北沢~世田谷代田間の地下線化に伴って、一旦複線に戻されています。)の工事も、着々と進んでいるようです。

代々木上原駅は4線の内、中2線はメトロ千代田線です。 小田急は両端線路を使います。

20150620_0013_15

代々木上原を出た下り列車は35‰勾配を下って行きます。

20150620_0014_15


地下に潜って最初の駅が東北沢。 各駅停車は中2線、急行線は両脇となります。

20150620_0012_15

そして下北沢。 急行線ホームははシールド工法で造られた地下22m。 各駅停車ホームは現在、地下11mに建設中です。
20150620_0009_15
上を交差する京王井の頭線の高架橋を支えなくてはならないので、工事は井の頭線にも及ぶ大工事です。

下北沢を出ると、各駅停車は世田谷代田駅に停車ですが、ここも環状7号線の下を通すための大工事でした。 現在のホームは急行線部分に仮設となっており、完成時は浅い部分に設けられます。

20150620_0010_15
世田谷代田を出ると、急行線、緩行線ともに再び35‰勾配を駆け上がり、梅ヶ丘を目指します。
20150620_0011_15
これらの模様は、将来の各駅停車ホームとなる場所に、ショーティーのNゲージ模型使い、わかりやすく紹介されています。 

ただ、残念なのは描かれた4000形が4554。これは小田原方の車両で、この「将来の緩行線」と描かれた小田原方に描かれているのは間違いです。

20150620_0034_15

因みに、この反対側(新宿方)に描かれているのは4054。 折角両端の車両の顔を用意したのに、施工が逆になってしまったのですね。








JR233 at OER

6月20日未明に、唐木田~新百合ヶ丘間で試運転を実施したJRの233系は、21日未明にJRに回送されるようですが、それまでここ唐木田車庫で一休みのようです。

深夜は降雨だったため、出入りの無い線路は赤く錆びてしまっています。

20150620_0001_15

土曜日の午後はこんな感じ。 左方からメトロ16000系、小田急4000形、メトロ16000系と、多摩急行の運用にあたる車両が留置されています。

続いて8000形、3000形、4000形と小田急車が、再右端が233系です。

20150620_0002_15

雨も上って陽が射して汗ばみます。 尾根幹線と呼ばれる道路橋を上に、広々した光景が広がっています。

20150620_0005_15

あらためて小田急に入って来た233系に目をやれば、当然ですが小田急の列車無線アンテナが頭に乗っていました。

20150620_0006_15


小田急の4000形も、近日常磐線内の試運転を開始するのでしょうね。 

2015年6月19日 (金)

JRが小田急へ

梅雨空の下、いつもとは違う出勤でした。 改札口を通る前に、友人から得た情報からちょっと寄り道しました。

15線ある車庫線は、既に朝の通勤に備えて出庫した空線が目立ちます。 わずかにメトロ6000系2本と2000形1本、3000形1本しか残っていない中、一番右に、233系が!

細かい雨を傘で凌ぎつつ、撮れました!

20150619_0001_15

ここは右手奥の大妻女子中・高校生の通学路なので、早めに登校した女子生徒の視線を気にしながら。 でも、‘同業者’が一人居ましたよ。

20150619_0004_15


今夜、多摩線で3往復の試運転が予定されているとか。

小田急~メトロ~常磐線の直通運用車両がメトロ車だけだったのが、来春から開始の3社車両直通運転に備えた準備が始まりました。

2015年5月 5日 (火)

アレグラを愉しむ

新緑眩しい季節、アレグラに乗りに出掛けました。

既にブームが去ったとか(?)で、箱根登山ホームページでアレグラの運行時刻は掲載されていません。

大涌谷周辺が火山活動の影響で立ち入り禁止になっても賑わう箱根湯本。ホームの係員に伺うと概ね1時間後とのことでした。

山を下りて来たのは、2003+2004に連結された3002でした。

20150504_0022_15

天井が高く、側窓も高いので、開放的な車内です。

20150504_0024_15

満員の乗客を乗せて、強羅へ向かいました。強羅駅で乗客が下車したところで車内を撮影します。運転席後方の折り畳み式座席は、多客期は使用することができなくなっています。

20150504_0025_15

車内は広々しています。
20150504_0027_15

乗客を降ろした後、一旦本線をバックして、ポイントを切り替えて乗車ホーム側に入れ替えます。 サンモリッツと名付けられている2003+2004は、アレグラとの連結に備えてアレグラ同様に塗装が変更されていますが、結構似合っています。
20150504_0029_15_2


乗車ホームで乗客を乗せると直ぐに、「上り」となる山を下るアレグラは発車して行きました。

20150504_0031_15

帰路は昭和の香り満載108で、終点の箱根湯本まで行かずに一駅手前の塔ノ沢で下車します。 このたたずまいが好きなのです。

20150504_0061_15

で、帰宅すると・・・

我が家にも類似の風景が展開されています。

20150505_0001_15

アレグラを走らせたくなりました。

20150505_0002_15

乗って来たのと同じように、急曲線を進みます。

20150505_0003_15

20150505_0004_15
このレイアウトにも、新緑の植林を急がなければなりません。

より以前の記事一覧

フォト
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ