鉄道模型(小田急)

2017年8月 1日 (火)

1960年代初頭の小田急

小学生から中学生時代の思い出を求めて製作してきた小田急の電車たち。 今年になって完成させた小田急の電車は1600形と2400形HE車。 それらをちょっと並べてみたくなりました。

20170801_0005_20


一番手前が1600形1602、順に1900形1904、2200形2228、2320形2328、一番奥が今般完成させた2400形2452です。

20170801_0003_20

1600形と1900形はABF車と言われる吊り掛け駆動車。

20170801_0008_20


2220形、2320形、2400形はABFM車というカルダン駆動車です。

20170801_0009_20


これらが当時の小田急の車両基地、経堂検車区を賑わせていました。

20170801_0007_20


新宿方は、前頭部にパンタグラフある車両が主体だったので、堂々とした姿だったのをはっきり覚えています。

20170801_0010_20

小学2年生の時から親しみを持ち始め、5年生の時にOゲージの模型を製作して以来、ライフワークとなってしまった小田急電車の模型製作。 まだまだ続けますよ。

2017年7月27日 (木)

1600形完成

2編成の2400形HE車と並行製作してきた1600形の4両編成が完成しました。 ペーパー自作であることは言うまでもありません。 屋根はオデコも含めてペーパールーフ。 デハの床板だけ真鍮としました。

20170727_0011_20


OER3001氏が一番好きだった1960年代後半の姿です。 この当時、デハ1600形は奇数車が新宿方、偶数車が小田原方を向き、それぞれクハ1650形との2両固定編成とされ、末尾が1+2、3+4、5+6、7+8、9+10の4両編成5本が組成されていました。

20170727_0017_20

この中、OER3001氏が好きだったのは1601の編成でした。 クハ1651が、当時まだ珍しかった空気ばね台車を履いていたからです。 MD5-Aという形式の台車は、三菱重工製。当初は特急車のサハ1750が履いていたもので、一連のABF車更新工事の際に空気ばねに改造されたもの。 模型はTR23コロ軸にTR60の枕ばねを組み合わせてそれらしくしてみました。

20170727_0005_20

通常は下のようにクハ1652と睨めっこするカタチで連結されていたので、先頭に出ることは少なかったですが、先頭に出た際には鉄道少年として前方注視して空気ばねの乗り心地を堪能していました。 当模型では渡り板も可動します。

20170727_0008_20

新宿方のデハ1601とクハ1652は、ジャンパ栓が目立ちます。

20170727_0013_20

1958(昭和33)~1959(昭和34)年の車体更新後も、デハにはリベットが残っていますが、クハにはリベットはありません。 リベットはピッチには目をつぶり、点線引きで表現しました。

20170727_0003_20


左が1601、右が1652、これをポイントの先で連結し、4両編成として運行します。

20170727_0004_20


今年、これで好きな小田急車両は12両を完成させたことになります。 これまでの趣味人生でも新記録ですが、この後も小田急の製作が続きます。 はたして年末までに何両完成となるか・・・。

2017年7月20日 (木)

あつい日が続きますが・・・

あつい日が続きますが、あつい作業をしています。

エアコンの室内でも暑い。そして熱い半田ごてを持って、ひたすら手摺の組立て作業です。

20170718_0002_20

これで4両分。

撮影後にキサゲブラシで余分なハンダを削り落とします。

最近はエッチングパーツも市販されていますが、OER3001氏には断面が☐の手摺では満足できません。 これまで28両の手摺、合計56個をこうして作って来たのですから、熱くても我慢して抑えつつ、真鍮線材で組み立てたものでなければ。

2017年7月16日 (日)

2400形HE車2編成完成

やっと完成しました、2400形HE車の2編成が。 手前は登場時の2451F、奥側が後年の2497F。 塗色以外にいろいろと差異があります。

20170716_0013_20


正面ではまず列車種別表示窓の有無、ジャンパ栓の形状、ブレーキ管の有無、渡り板の奥行など。 実車は日鋼式密着自連から柴田式密連に交換されていますが、模型では他形式との連結運転に対応するため、KDタイプとしています。

20170716_0014_20

屋根上では列車無線アンテナと信号煙管の有無。

20170716_0015_20

側面では乗務員室後ろの戸袋窓の通風化、サボの有無、新塗装の塗り分け線に架かるため取り外された社紋、車側表示灯の増設など。

20170716_0008_20

小田急ファンとして些細なことにも拘っての完成です。 LN15コアレスモーターとMPギア装備の2編成が、出場を待っています。
20170716_0002_20

これで当社の2400形は3編成。 小田急車保有両数は134両(内電車128両)となりました。 まだまだ作りますよ。

2017年6月28日 (水)

2400形製作進行中:方向幕他

1960(昭和35)年の登場時の姿と、1970年代のアイボリー塗装の姿の2編成を平行製作してきた2400形。 ようやく、窓ガラスのエンビ板貼りを終えました。 

時代が違うので方向幕も違います。 登場時のものには「箱根」と縦書き、その下に横書きで「湯本」で「急行」の丸い運板を下げます。 一方アイボリー塗装車は、列車種別幕が設けられ、行先は相模大野で分割するため「箱根湯本/片瀬江の島」の2行表示に。

20170628_0001_20

「新宿」はどちらも同じ。

20170628_0002_20

まだやることが沢山残っているので、床板をビス止めせずに撮影したら・・・、ゆがんだ姿で撮れてしまいました(汗)。 

2017年6月24日 (土)

2400形製作進行中

真鍮製キット組立てで進めている2400形の製作ですが、梅雨入り前に塗装を終えた今、細々とした作業に取り組んでいます。 前照灯と標識灯のレンズを入れました。 小田急の標識灯は通過表示と尾灯を兼用するタイプなので、レンズの色は赤ではなく透明なのです。

20170624_0003_20_2

新塗装の方にも同様に。

20170624_0001_20


それにしてもこうして写真に撮ってアップすると、粗が目立ちます。 気になるところは後で修正することにします。

窓ガラス(窓セル)も入れますが、先ずは戸袋窓から。 戸袋窓はカーテンが無かったため、紫外線防止のブルーペンガラスが使われていましたので、材料もブルー。 但しこのブ透明ブルーが近年は濃い色のものが目につきますので、斯様な薄いカラーバージョンを探さなければなりません。

20170624_0004_20

透明ブルーを入れた戸袋窓、旧塗装ではあまり判別できませんが・・・

20170624_0008_20

新塗装では目立ちます。

20170624_0005_20

ゆっくり進めていますので完成はまだまだ先です。

2017年6月14日 (水)

車番など

車番などを入れるのはとにかく細かくて嫌になります。

20170614_0001_20


エッチングパーツから1文字づつ拾って、所定位置に置きます。 接着はラッカーとシンナー。 シンナーを垂らすと、その表面張力で動いてしまう時がありますが、修正がまた大変です。

20170614_0002_20

OERの文字は面倒なので3文字一体のパーツを使ってしまいます。 そして社紋も。

20170614_0003_20

ラッカーで固着したらカッターの先でラッカーを剥がす。 

1両で6カ所、先頭車は正面が加わって7カ所。 これを12両にやっていますが集中力が途切れる。 気が遠くなります。

2017年6月10日 (土)

Hゴム描き

遂に梅雨入り、外は風が強く、屋外での塗装はできない天気。 梅雨入り前に3車種12両の塗装を終えてホッとしていますが、ここで休むわけには行きません。 せっせとHゴムを描きます。

20160610_0002_20_2

使用する塗料はハンブロールのエナメル。 近年は入手しづらくなってしまった代物ですが、幸いなことに手持ち品が未だに使えます。

20160610_0003_20_2

これを烏口に入れて描きますが、塗料濃度調整がポイントです。 かなり粘度を高めた方が失敗が少ないです。

20160610_0004_20

こうして窓の角に斜めに当てて、‘スーッ’と描きます。 向かって左のHゴムを描いたら車体を時計回りに回転して、下の画像では下方のHゴムを描くという要領で、車体を1回転させれば全ての辺にHゴムが描けます。

20160610_0001_20

ケープアイボリー塗装の時代にはHゴムは黒色になっていました。

20160610_0005_20

この作業も12両ともなれば、集中力が途切れるので休み休み。 時にははみ出すことも少なくないのでその修正も。 完成はまだまだ先の話です。

2017年6月 6日 (火)

続:続:続:梅雨入り前に

♪6月6日に雨ザーザー降ってきて、なんて童謡がありましたが、まだ陽が射してくれましたので、本日は12両の屋根塗装をしました。

Img_0002_20

4連×3編成で12両。 こんな数の塗装を一気にやったこと、今までありません。 これをハンドスプレーでシュッシュとやるのはかなり大変ですが、慣れた手法なので安心です。 

Img_0003_20

ベンチレーターはツヤありで塗装しました。 マスクをかけていた鼻毛、今日は灰色になりました(笑)。

ここまで済めば、いよいよ雨が降って来ても室内で工作できますのでのんびり進められます。

2017年6月 5日 (月)

続:続:梅雨入り前に

幸いなことに好天が続いていますので、この機会を逃さず塗装を進めます。

今日はケープアイボリーを。

20170605_0001_20
アイボリーはたった4両なので、前回までの2編成8両に比べれば軽いものです。 念入りにケープアイボリーを数回に渡って吹いて・・・。 乾燥を待ってからマスキングを剥がすときの快感。

20170605_0002_20
いくつになっても、何年やっても、この瞬間が良いのです。 ま、時には下色まで一緒に剥がれてしまうこともありますが。

20170605_0003_20
今回もまずまずの成果に安堵しました。

これで4両3編成が、屋根上の塗装待ち状態となりました。 ここまで来れば、多少天候が心配でもなんとか仕上げにかかれそうです。

より以前の記事一覧

フォト
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ