道具

2020年5月14日 (木)

塗装用設備投資

大袈裟なタイトルですね。 実は、編成物の塗装工程効率化のため、こんなものを作りました。

20200513_0001_15

コロナ外出自粛要請下ながら、時間短縮しつつ営業中の100円ショップのダイソーは、ウォーキング序でに覗くには大変面白い。

ネットが100円。 脚が100円。 ひっかけフックが2個で100円。 これらを組み合わせ、6両の車体を並べられるようにしました。 これで税込550円。 フックは予備にもう1組買っておいたので、全部で660円の‘設備投資’となりました。

20200513_0003_15

早速、ご覧のようにセットして、一気にバーミリオンを吹き付けました。 勿論、適度に乾燥させた後に反転して、反対側も吹き付けます。

吹き付ける色によって、ネットとフックが色変わりします。 汚れて塗装に影響が出るようになったら、また買って取り換えればよい。 実に安価で良いものができたと満足しています。

5月5日付けでご紹介した車両メンテナンス用品 とともに、最近は100円ショップが大活躍です。

 

2020年5月 5日 (火)

車両メンテナンス用品

長年横着していましたが、車両メンテナンス、例えば汚れた車輪踏面のクリーニングや車軸への注油などの際、ひっくり返した車両を保持する用具を作りました。

材料は全て100円ショップ「ダイソー」で調達。 ご覧のような深めのプラスチックトレー、長さは250㎜のものを用意。 その内側に白色ラバーをぴったり詰め、さらにU字型にしたラバーを嵌めただけ。

20200501_0005_15

その中央部を押し込めば、下の画像のようになります。

20200501_0003_15

ここに、ひっくり返した車両を挟み込めば、屋根上のパンタグラフなどを痛めることなく、またグラつくことなく車両を保持してくれます。

20200501_0004_15

ラバーが劣化したら交換すれば良い。 たった200円+消費税20円で、便利な用具ができました。 同好の皆さまも、お作りになられては如何ですか?

残念ながら新型コロナウイルス感染防止で、予定されていた運転会は軒並み中止になってしまいましたが、次の運転会に備えてのメンテナンスも捗りそうです。

 

2019年10月12日 (土)

100万人のハンドスプレー

半世紀にわたって愛用している大事な道具をご紹介しましょう。 モハメイドペーパーさまも未だにご所有で、確か昨夏だったかJAMで展示されて居られたような記憶があります。 いつごろ買ったのか、正確には覚えていませんが多分1966(昭和41)年頃だったかと思いますので53年使っていることになります。

20191009_0003_20

途中で天賞堂が輸入して発売した「ジェットパック」というスプレーも使いましたが、交換式エアの供給が止まったことから、この種は使うのを止めました。 

永く使っているコツをご紹介しましょう。 その1、吹き出し部の清掃は念入りにしておきます。

20191009_0005_20

その2、ピストンの保守。 これが重要だと思っています。 時々は後方から引き抜いて、皮製の摺動部から空気が漏れないようにするためオイルを浸み込ませておきます。

20191009_0007_20

こうすることで二酸化炭素CO2も排出せず、騒音も発生しない静かでサスティナブルな塗装が、マイハンドの加減によってできます。

20191009_0004_20

そろそろコンプレッサーとスプレーガンを導入しようかと、何度も思いつつ、結局半世紀も使い続けることになった愛用品。 まだまだ廃棄するわけには行きませんね。

 

2017年11月 5日 (日)

電動工具活躍

サーキュラソー導入より遥か前から、テーブルドリルを導入して常用しています。

これはその活用の証です。

20171105_0001_20


サーキュラソーで切断した1t 真鍮板、床下機器取り付け板になりますが、床板にビス止めする2φ穴。 床板との間に1t 真鍮板片を挟んでいるので2t となります。 

20171105_0002_20


気持ち良い穴あけ作業の後に出る、キラキラの切粉。 仕事の成果が確認できる快感です。

2017年11月 4日 (土)

設備投資しました。

鉄道模型製作の効率化を図るため、設備投資しました。

丸鋸盤「ミニサーキュラソーテーブル」です。 先般の合運時に開催されたBB氏とH5氏の工作教室でご披露頂いた道具でした。 近所のホームセンター等複数店舗を見て回りましたが、結局Amazonで買うのが一番安く入手できるようです。

楽しくて早速試してみました。

20171104_0001_20


1t、30㎜幅の真鍮板、7.5mm長で切り出しました。

調子が良いので112mm長に切断、一気に8両分の床下機器取り付け板ができました。

20171104_0002_20


10両編成を製作中ですから、今回の設備投資は単に切断するという工程だけのものでも、その効果は抜群です。 こんなに効率が良いのなら、もっと早く導入しておくべきだったと思う方も多い筈です。 まだこれを使っていない方には是非お勧めします。

2015年8月13日 (木)

私の道具

大切な道具をご紹介しましょう。 これは一体何でしょう?

20150812_0002
斜めから見ると、このようなものです。

20150812_00012
9㎜シナべニアに角材の端材で作ったものです。 このように使います。

20150812_0003
車両の塗装台、一度に6両までの塗装が可能です。

吹き付けには、「100万人のハンドスプレー」が活躍しています。

20150812_0005_2

この1㎜真鍮パイプでラッカーを吸い上げ、

20150812_0006
ここから吹き出します。

20150812_0007

夏の日射しは塗料の乾燥には良いのですが、これをシコシコやるのは本当に暑くて大変です(笑)。 

2015年4月 9日 (木)

ピンバイス

大した工具ではないかも知れませんが、模型作りには欠くことができない工具の一つです。

永らく、そうですね40年くらい経ちますかな? 中央の2本を使い分けて済ませていたのですが・・・

20150329_0005_15


突然、左から2番目の先が回らなくなり、加えたドリルを交換できなくなってしまいました。いろいろ格闘してやっと外せたものの、本来2種の咥えがあるものの、かなり前に1種が折れてしまっていました。

そこで最近、左右端の2種を買い増しました。

左端はボール盤に加えて使用するもの。 右端はごくごく一般的なもの。

当分はこの4種を使い分ける予定です。

2014年7月12日 (土)

HUMBROL

しばらく、ブログ書き込みが停滞していて、常連ご訪問者のご期待を裏切る結果となっています。

理由は、ちょっとした家族の健康事情やブログ管理人の健康事情も多少ありますが、要はネタがなかなか・・・。

そんな中、懐かしい商品を。

Img_0037_15

HUMBROLのエナメル№11のシルバー、面相筆でアルミサッシへの色差しに使用していますが、何年前に購入したものでしょうか? 記憶にありません。

このエナメルを含ませた面相筆を窓サッシ部分に当てると、サ~っと流れてくれる、実に使いやすい塗料です。 アルミサッシの色差し程度にしか使わないので長持ちしています。

実は今も、これで色差ししているのですが、わけあってここで紹介できません。 こつこつ製作しているということだけ、お知らせしておきます。

2014年1月 5日 (日)

愛用の道具(その3)

昨年は毎日のように更新していた当ブログ。 新年早々更新されないことに心配されていた訪問者も居られたのでしょうか?

OER3001氏は元気ですが、今年は更新インターバルに少々自由度を持たせようと思いますのでご了承ください。 本日の題は、昨年4月8日以来です。

2014年、OER3001氏の製作活動は開始されています。 1月1日から活躍しているのは、2本のはんだごて。

20140105_0001_20

ともに石崎電機製作所製の100V-100Wのものですが、左のはコテ先をエコーモデル製のL型(横型)に交換、主にアングルの取り付け時に活躍します。

右はそのままのコテ先ですが、何度も先端をやすりで削っているので、だいぶ小さくなっているかも知れません。

そしてさらに、

12

活躍するのが、余分なはんだを落とすためのキサゲ。これは折れたヤスリ先端を整形し、焼き入れをして作った自家製。 もう40年くらい使っているでしょうか、重宝している道具です。

2013年4月 8日 (月)

愛用の道具(その2)

年長の友人のブログ「モハメイドペーパーの 何が出てくるか?」で取り上げられた「100万人のハンドスプレー」の話題。http://jorctk.cocolog-nifty.com/blog/2013/03/post-cc59.html

OER3001氏にとっては、今でも現役使用中の道具です。先ず箱を。

20130406_0023_25
開けると・・・

20130406_0024_25
箱はそれなりに汚れていますが、道具は綺麗に手入れされています。

20130406_0026_25_2
吹き出し口には最後に使用した色(グレー)が付いていますが、塗料を入れるガラス容器やそれを取り付ける部分の内側はピカピカです。

20130406_0027_25
このハンドルを一生懸命前後に動かして塗装しますが、手に付いた塗料がハンドルに残っています。これが長年使用した証でしょうか。

長く使うことができているコツ、その1は、ピストン部には豚(?)皮が使われていますが、これに適度な注油をして、滑らかに動かせるようにすることで、同時にピストンからの空気漏れが防げます。

その2は、当たり前ですが使用後には丁寧にシンナーで洗浄しておくことです。

購入時期は高校生になってからだと思うので1966年か1967年。40年以上使っていることになります。途中で天賞堂が輸入販売したジェットスプレーというのを買ったこともありますが、交換用のガスが途絶えて使えなくなってしまいました。この時は天賞堂の無責任さに腹立たしく思いましたが、それが理由で信頼できるのは自分の手ということに。

手の動きで微妙な調吹き出し力が調整できて重宝しています。

より以前の記事一覧

フォト
2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

他社線ご案内

無料ブログはココログ