鉄道模型(民鉄)

2017年9月20日 (水)

続:安曇野保存車両模型

先の「安曇野保存車両の模型」に於いて、一部の方だけかも知れませんが、この種の古い車両の人気が高いことも実感できました。 そこで・・・仲間を引っ張り出してみました。 モハ101です。

Img_0006_20

モハニ131と2両編成で活躍していた時代に、志賀高原へのスキーに向かうために利用した経験から、レールロード製エッチング素材から製作したものです。

Img_0007_20

このモハ101には乗客は乗せていませんが、簡単ながら車内も製作しています。

Img_0008_20

小さめのシーナリー付きレイアウトで、のんびり走らせられたら良いのですが。

2017年9月15日 (金)

安曇野保存車両の模型

だいぶ日が経ってしまいましたが、9月3日掲載の「安曇野の保存車両」から、懐かしくなって以前に製作した模型を引っ張り出しました。 長野電鉄モハニ131として製作しています。

20170915_0001_20


保存車両をしっかり観察して、当時を思い出しました。 下の画像では良く判りませんが、運転台も付けてあります。 しかし良く見るとブレーキ管の取り付けが保存車両とは異なっています。

20170915_0003_20

簡単ながら室内も作り、乗客も乗せてみましたが・・・、残念ながら模型製作時には荷物室との仕切りの記録が無くそれを省略していました。 今回の保存車両観察から、室内をもう少し作り込みたくなりました。

20170915_0002_20


ついでに安曇野の保存ジオラマなんか作ってみましょうか。 

20170915_0006_20

いやいや、当面我が工場の仕事は手一杯。 新規案件に着手する余裕は今年いっぱいありません。

2017年5月26日 (金)

車両転入

「グランシップ トレインフェスタ 2017」からの帰り、荷物が増えてしまいました。

ブログ「気のむくままに…製作中」主宰のもりおかさまから箱根登山鉄道の車両をお譲り頂きました。 メインの未完成品に加えてのモハ1形、ピノチオ製のキット組立てのようです。早速我が家のレイアウトに入線しました。

20170522_0001_20

走らせてみると意外にパワー不足。 車内に積まれたウエイトの位置が車両中央より付随台車方向にあるため、動力台車に充分な粘着力が得られず死重になっていることが判りました。 そこで、ウエイト取り付け位置を動力台車側に移設して解決。

20170522_0002_20

何とか、勾配がきつい当社の登山線レイアウトで走れるようになりました。

よく見ればこの106、台車はブリルだし側扉は木製時代の姿なので、上の写真のようにアレグラやベルニナと顔合わせするのはおかしいですが、そこが模型の世界ということで、全てよしです。

2017年5月 4日 (木)

みどりの日

           「みどりの日」ということで相応しい画像を。

Photo_3
京王帝都電鉄のグリーンの車両と、静岡鉄道の新鋭A3000形の計画色。静岡鉄道A3000形は、2週間後に迫った「グランシップトレインフェスタ2017」では、1階大ホール・海で走行します。https://www.granship.or.jp/event/detail/1726

京王帝都の3車種は、奥から井の頭線1700形、1400形、京王線2010系。

20170504_0058_20

1700形は戦時中の1946年に登場した車両。 当時の東京急行電鉄が東横線に投入する計画で製造が進められていたものが急遽、井の頭線に投入されることなったもの。

20170504_0050_20

1400形は1933年、帝都電鉄が開業時に用意したモハ100形が前身。 側窓が大きく明るい印象の車両。 これらの井の頭線車両は2011年に製作、もちろんペーパー自作です。

一方、京王線の2010系は2015年にペーパー自作したもので、製作年と車番が同じ「2015」となりました。

20170504_0051_20

実物は今、多摩動物公園駅隣接の「京王れーるランド」に保存展示されています。 自宅周りの鮮やかな新緑を背景に、緑色の電車を並べて見たくなりました。

2017年4月22日 (土)

新京成大集合

習志野の新しい風 ジェントリーピンクの新京成電車競作

16806741_1876054872617448_620465267

                                                  画像:月刊とれいんWebより

「月刊とれいん」 2017.3月号に掲載された仲間との競作。 この度、その車両を持ち寄っての運転会を開催しました。 

平日の18時、メンバーが揃ったのは都内模型店のレンタルレイアウト。 運転会の前には各自、次期作品に備えてパーツ等の買い物です。 それが終わるとレンタルタイム。 今回はジェントリーピンクの4列車を同時走行させるため、16番エンドレスを4線レンタルしました。

勾配線を快調に走るN800形。

20170420_0020_n800

同じく勾配線を快調に走る8900形とすれ違います。
20170420_0021_n800

平坦線には8800形(手前)と8000形(奥)が走ります。
20170420_0022_4

たまたま居合せた友人のM川さんも、付き合って頂き記念写真を撮ってくださりました。 約2時間、大いに楽しんだ後は近くのビストロに移動、ついワインの量も進んでしまいました。 そんな間に、この様子をfb.にアップしたら、なんとH崎さんから下の写真を頂きました。

Photo

実物も漸く8000形のジェントルピンク編成が登場し、模型先行の姿が実現したようです。

2017年2月19日 (日)

習志野の新しい風~ジェントルピンクの新京成電車競作~

出ました! 標記の記事が。

20170219_0001_20

おじさんたちの青春! として臨んだ競作の紹介記事。

今回はとれいん編集部の格別のご配慮を賜り、表紙をめくった最初のページに掲載された上記の写真。 とても気に入っています。

20170219_0002_20

一部の模型店で発売されましたが、一般書店発売は21日だったでしょうか。 少しでも同好者各位への刺激になれば幸いです。

是非、一度ご覧ください。 そしてご購入頂けましたらなお嬉しく思います。

ps.とれいん誌のfb広告にもっと良い画像が掲載されていました。https://www.facebook.com/etrain.jp/?fref=ts以下引用させて頂きます。

16806741_1876054872617448_620465267

2016年12月29日 (木)

忘年会にて

いよいよ2016年も残すところ2日。

モハメイドペーパーさまhttp://jorctk.cocolog-nifty.com/のように、2016年を振り返るわけではありませんが、先日駿河台の小さなレストランで開催された仲間たちとの忘年会では、各自の今年の新作を持ちよりました。

メインテーマは新京成電鉄。 6両編成全車両を持ち寄りましたが、会場の制約から2両ずつ並べて反省会です。 左からN800形(OER3001氏作)、8000形(JK氏作)、8800形(KW氏作)、8900形(SO氏作)。 勿論全車ペーパー自作であることは言うまでもありません。

20161219_0004_20

そこに・・・

この会合にお招きした新京成電鉄社員氏が、自作されたN800形を持って来られました。

20161219_0005_20

16番ゲージとNゲージで、N800形が並びました。

とても丁寧に綺麗に作られた作品でした。

2016年12月 1日 (木)

新京成N800形運転会場デビュー

12月の初日、完成して間もない新作の新京成N800形、広い運転会場で一走りして来ました。

20161201_0010_20

この運転場には結構な勾配があるため、1M5Tでどのくらい快調に走れるかを確認することができます。 残念ながら少々苦しかったようで、M車へのさらなるウエイト補充を考える必要がありそうです。

20161201_0007_20

それでも諸先輩の目前を脱線することなく周回しました。

20161201_0016_20

広い会場なので、6両編成の全景も撮ることができました。

2016年11月26日 (土)

完成 新京成N800形

仮完成としてお披露目した後、ロゴマークや車号等の貼り付け、LED点灯化、細部の修正などを経て、ようやく試運転となりました。

20161126_0015_20


エンドウEN-22モーターとMPギアを2両目のN847に搭載、模型では1M5Tです。 広くない部屋のソファーベッドやテーブル、ラグカーペットを移動して、テストエンドレスを敷きました。 3φ白色LEDの前照灯が眩しいです。

20161126_0001_20

こちらは新津田沼方先頭車両のN841。 部屋の中で6両編成の撮影をするのには何かと苦労します。

20161126_0027_20


こちらは松戸方先頭車両のN848。 

20161126_0034_20



車体側面の社紋と車号のプレート、社紋は図形ソフトで描き、車号と合わせてシルバーシールにプリントしています。 

京成グループのマークとsin-kei-seiロゴマークは、京成電鉄、新京成電鉄それぞれのホームページからダウンロードして適宜縮小、透明シールにプリントしたものです。 

車外スピーカーはシルバーシールにらしくプリントしたものです。 側扉の戸先ゴムは、エナメル塗料を丸ペンで描き入れました。

縦長の側灯は、半円形断面のプラ材から加工したものです。

20161126_0023_20


床下器具が角材とペーパー片で作ったことがお判り頂けると思います。 クーラーは類似形状のTOMIX製品を流用。 本来のこの車両のもより幅がやや広いので、パンタ引き通し線をランボード下に隠せなかったので誤魔化しました。

20161126_0021_20


パンタグラフ周りは、角材から自作のヒューズ箱とともにの配線には手こずりました。

20161126_0026_20


細い形状のテールライト、チップLEDを使った赤い光が効果的に輝きます。

20161126_0003_20

ともあれようやく完成、快調に走ってくれました。

2016年11月24日 (木)

初雪の日、LED点灯化

東京で初雪が11月とは54年ぶり、積雪は観測史上初だとか。

流石に寒い朝、これ幸いと、まだ落葉していない紅葉したイロハモミジと白い雪のコントラストを楽しみに外出。寒い中を楽しみました。

20161124_0002_20


で、帰宅して・・・LEDによる点灯化工作を進めました。

車体と床板の分離には、0.1t銅板による接点で対応することにしました。 車体裾部の補強角材にL字型にセットしました。

20161124_0020_20

前照灯部分のユニットは天井部分に接着、底部は黒く塗ったペーパー片で塞ぎます。

20161124_0022_20

尾灯ユニットは車体下部の補強角材端面に接着しました。 床板との接点までの電線は、角材側面と天井部を這わせます。 ペーパー製の乗務員室仕切りもセットしました。

20161124_0021_20

床板側に設けた0.1t銅板接点は、床板を止めるビスを締め付けることで通電します。

大きな正面窓から内部が丸見えなのも妙なので、簡単に制御卓状のものを角材で作りセットしました。

20161124_0023_20
この後、細部をタッチアップなど完了! 床下への製造銘鈑など貼り終えれば試運転間近です。

より以前の記事一覧

フォト
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ