鉄道模型(民鉄)

2017年2月19日 (日)

習志野の新しい風~ジェントルピンクの新京成電車競作~

出ました! 標記の記事が。

20170219_0001_20

おじさんたちの青春! として臨んだ競作の紹介記事。

今回はとれいん編集部の格別のご配慮を賜り、表紙をめくった最初のページに掲載された上記の写真。 とても気に入っています。

20170219_0002_20

一部の模型店で発売されましたが、一般書店発売は21日だったでしょうか。 少しでも同好者各位への刺激になれば幸いです。

是非、一度ご覧ください。 そしてご購入頂けましたらなお嬉しく思います。

ps.とれいん誌のfb広告にもっと良い画像が掲載されていました。https://www.facebook.com/etrain.jp/?fref=ts以下引用させて頂きます。

16806741_1876054872617448_620465267

2016年12月29日 (木)

忘年会にて

いよいよ2016年も残すところ2日。

モハメイドペーパーさまhttp://jorctk.cocolog-nifty.com/のように、2016年を振り返るわけではありませんが、先日駿河台の小さなレストランで開催された仲間たちとの忘年会では、各自の今年の新作を持ちよりました。

メインテーマは新京成電鉄。 6両編成全車両を持ち寄りましたが、会場の制約から2両ずつ並べて反省会です。 左からN800形(OER3001氏作)、8000形(JK氏作)、8800形(KW氏作)、8900形(SO氏作)。 勿論全車ペーパー自作であることは言うまでもありません。

20161219_0004_20

そこに・・・

この会合にお招きした新京成電鉄社員氏が、自作されたN800形を持って来られました。

20161219_0005_20

16番ゲージとNゲージで、N800形が並びました。

とても丁寧に綺麗に作られた作品でした。

2016年12月 1日 (木)

新京成N800形運転会場デビュー

12月の初日、完成して間もない新作の新京成N800形、広い運転会場で一走りして来ました。

20161201_0010_20

この運転場には結構な勾配があるため、1M5Tでどのくらい快調に走れるかを確認することができます。 残念ながら少々苦しかったようで、M車へのさらなるウエイト補充を考える必要がありそうです。

20161201_0007_20

それでも諸先輩の目前を脱線することなく周回しました。

20161201_0016_20

広い会場なので、6両編成の全景も撮ることができました。

2016年11月26日 (土)

完成 新京成N800形

仮完成としてお披露目した後、ロゴマークや車号等の貼り付け、LED点灯化、細部の修正などを経て、ようやく試運転となりました。

20161126_0015_20


エンドウEN-22モーターとMPギアを2両目のN847に搭載、模型では1M5Tです。 広くない部屋のソファーベッドやテーブル、ラグカーペットを移動して、テストエンドレスを敷きました。 3φ白色LEDの前照灯が眩しいです。

20161126_0001_20

こちらは新津田沼方先頭車両のN841。 部屋の中で6両編成の撮影をするのには何かと苦労します。

20161126_0027_20


こちらは松戸方先頭車両のN848。 

20161126_0034_20



車体側面の社紋と車号のプレート、社紋は図形ソフトで描き、車号と合わせてシルバーシールにプリントしています。 

京成グループのマークとsin-kei-seiロゴマークは、京成電鉄、新京成電鉄それぞれのホームページからダウンロードして適宜縮小、透明シールにプリントしたものです。 

車外スピーカーはシルバーシールにらしくプリントしたものです。 側扉の戸先ゴムは、エナメル塗料を丸ペンで描き入れました。

縦長の側灯は、半円形断面のプラ材から加工したものです。

20161126_0023_20


床下器具が角材とペーパー片で作ったことがお判り頂けると思います。 クーラーは類似形状のTOMIX製品を流用。 本来のこの車両のもより幅がやや広いので、パンタ引き通し線をランボード下に隠せなかったので誤魔化しました。

20161126_0021_20


パンタグラフ周りは、角材から自作のヒューズ箱とともにの配線には手こずりました。

20161126_0026_20


細い形状のテールライト、チップLEDを使った赤い光が効果的に輝きます。

20161126_0003_20

ともあれようやく完成、快調に走ってくれました。

2016年11月24日 (木)

初雪の日、LED点灯化

東京で初雪が11月とは54年ぶり、積雪は観測史上初だとか。

流石に寒い朝、これ幸いと、まだ落葉していない紅葉したイロハモミジと白い雪のコントラストを楽しみに外出。寒い中を楽しみました。

20161124_0002_20


で、帰宅して・・・LEDによる点灯化工作を進めました。

車体と床板の分離には、0.1t銅板による接点で対応することにしました。 車体裾部の補強角材にL字型にセットしました。

20161124_0020_20

前照灯部分のユニットは天井部分に接着、底部は黒く塗ったペーパー片で塞ぎます。

20161124_0022_20

尾灯ユニットは車体下部の補強角材端面に接着しました。 床板との接点までの電線は、角材側面と天井部を這わせます。 ペーパー製の乗務員室仕切りもセットしました。

20161124_0021_20

床板側に設けた0.1t銅板接点は、床板を止めるビスを締め付けることで通電します。

大きな正面窓から内部が丸見えなのも妙なので、簡単に制御卓状のものを角材で作りセットしました。

20161124_0023_20
この後、細部をタッチアップなど完了! 床下への製造銘鈑など貼り終えれば試運転間近です。

2016年11月21日 (月)

LED

前照灯、尾灯の点灯化に取り組んでいます。

20161119_0002_20
左が尾灯、2012サイズのチップLEDを使いました。

右が前照灯。新型車両なので3φ白色LEDです。

どちらもそれぞれご覧のように抵抗、ダイオード、CRDとまとめて基盤にセットしました。

これを車体に組み込みます。

2016年11月 6日 (日)

新京成大集合!

11月にもなり、ここのところ途絶えていた拙ブログへの新規掲載が滞っていましたが・・・

それには訳がありました。 機密プロジェクトに取り掛かっていて、その情報を発信することは禁じられていたのです。

新京成電鉄で通学した大学の同窓生で結成したグループで、当時のものではない「いまの新京成電車」をペーパーで競作しようと取り掛かったプロジェクト、このたび遂に成果発表となりました。

20161105_0015_20
ピンク色を纏った4編成24両が、今回のプロジェクト成果です。 手前には過去に製作した旧型車両が並んでいます。

20161105_0017_20
今般OER3001氏が製作したのは一番左のN800形。 実はまだ、車体表記や灯類の点灯化工作が済んでいないため仮完成ですが、EN22モーターとMPギアで取りあえずの走行は可能です。

20161105_0004_20
2本目の8900形はO氏製作、その奥8800形はW氏製作、4本目の8000形はK氏製作、そして友情出演でもりおか氏(http://blogs.yahoo.co.jp/oer2652f)が旧塗装の8000形を添えてくださりました。

20161105_0006_20
新作N800形の手前には、300形の4両編成が並んでいます。 大学時代はこれに乗って通学したものでしたが、今日ではステンレス車両と物凄い時代変化を感じます。

20161105_0021_20
新京成電鉄も時代とともに大きく変貌しましたが、今日活躍する車両たちの競作プロジェクト、見事に完遂しました。 この後に飲んだビールが旨かったこと旨かったこと。 

2016年10月18日 (火)

日光へ③

少々前のことになりますが日光へ。鉄分抜きの観光旅行を終えてから迎えた小運転会では、帰路に車内宴会として乗車した車両を走らせたくなりました。

車体はペーパー、床板は真鍮板で自作した作品。

20161006_0006_20

ただ、東武6050系ではなく、前の2両は会津鉄道の61201F、後ろの2両は野岩鉄道の61103F。 車内にはクロスシートと一部のロングシートも備え、室内灯含めて灯類全て点灯させ、連結時の消灯スイッチを備えた作品。 床下に並ぶ抵抗器の表面にはエッチングパーツを並べた力作です。
20161006_0009_20
小田急ファンが、乗って気に入って作りたくなるも、東武ファンの友人に敬意を表して製作した東武不可侵の題材でした。

2016年9月26日 (月)

「こてはし鉄道」へ乗り入れ

長月も秋雨続く土曜日の午後、久しぶりに「こてはし鉄道」さまhttp://blog.goo.ne.jp/kotehasitetudouからのご招待を頂き、京王帝都電鉄の車両を持って乗り入れさせて頂きました。

ここ何年か、小田急ファンでありながらも自宅を挟んで並行して走るKTR(京王帝都電鉄)の昭和が懐かしくなって製作しています。 今回は5000系の第1編成登場時の姿と、近作のダブルルーフの小型車を挟んだ2010系編成の乗り入れとなりました。

20160924_0008_20

昭和の匂い漂うガード上に、グリーンの2010系と向こうにアイボリーの5000系。 う~ん、古くは軌道線だった京王線に、このようなシーンがあったかどうか? むしろ帝都電鉄(井の頭線)の雰囲気かも知れませんが良しとしましょう。

20160924_0009_20
5000系は吊り掛け車の5070を連結した6両編成、本線に出るのを待っています。

20160924_0010_20


高尾線の築堤を走るシーンを思い浮かべて撮りましたが、高尾線が開通した頃には、ダブルルーフの小型車を挟んだ2010系は見られなかった気がします。 大幅にピンボケ&ブレ画像ですがお許しを。

20160924_0012_15

5000系6両編成が「中央」駅に進入しました。

20160924_0013_20
雄大な「こてはし鉄道」を快走したかったのですが・・・、残念ながら所々で脱輪して困りました。 勾配あるレイアウトを走り回るには調整と修正が課題となってしまいました。

乗り入れの機会を頂きました「こてはし鉄道」さま、楽しきひと時をありがとうございました。

2016年8月16日 (火)

静鉄A3000形 追加加工

グランシップ静岡で5月14日~15日に開催された「トレインフェスタ2016」に、公式デビューさせたペーパー自作の静鉄A3000形http://vse50001.cocolog-nifty.com/blog/2016/05/post-842f.html。 このたびLEDで前照灯、尾灯の点灯化と、集電性能向上を図る追加工事を実施しました。

20160816_0003_15
前照灯には白色チップLED、尾灯は赤色チップLEDを使用し、それぞれ560Ωの抵抗を入れ、スイッチングダイオードを挟んで結線しました。

20160816_0007_15
赤色より白色の方がより小型のパーツのため、予めエンビ板を曲げて諸定寸法にカットして嵌め込んだ前照灯カバーガラスの奥から、光源が丸く輝きます。

20160816_0010_15
実車はライン状の尾灯は、白色よりちょっと大きめなパーツ。 左右の光が干渉しないように、間を黒ラッカーで遮光しました。

20160816_0012_15
今回の追加工事では、0.1t の銅板から切り出した接点を使い、床板と車体の完全分離を図りました。 接点は車体裾の4×4補強桧材と床板を止める2ミリビス部分です。

ついでに床板室内側左右に0.1t 銅板帯を接着し、これを通して結線することで極力車内の電線を無くしました。 ピンジャックとソケットで、ジャンパー引き通しをしてみましたが、通電は格段に向上したようです。

より以前の記事一覧

フォト
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ