鉄道模型(運転会)

2016年8月29日 (月)

寺子屋運転会

福島県白河市の大統寺では、毎年8月には寺子屋が開催され、http://www.daitouji.com/terakoya201607.pdf

その一つに8月27日(土)~28日(日)に開催された「鉄道模型運転会」があります。 古くからの友人とのご縁から参加して来ました。

開通式イベントは27日(土)13:00、JR東日本・新白河駅長と助役さんもご来場、住職と来賓諸氏と揃っての鋏み入れです。 東北新幹線を走るE5とH5の2列車が、テープカットと共に走り始めました。

20160827_0001_15

新聞社(福島民報他)に加えて、NHK福島放送局から美人記者さんも取材に来られました。

20160827_0005_15
きぬやまスカンクさま製作によるC61とC60の重連が牽く、1960年代後半の常磐線急行「十和田」もアップで撮影されています。

20160827_0006_15

屋外では5インチゲージも。 バッテリー駆動の機関車が2両の客車に子どもたちを乗せて活躍する姿も、美人記者さんは熱心に取材してくださりました。

20160827_0011_15

ご本人にもご乗車いただき2周、楽しみながらも記者魂は忘れません!

20160827_0014_15

一段落すると住職もきぬやまスカンクさんも、順番に乗車を楽しみました。

20160827_0016_15

地元の子どもたちばかりではなく大人にも、笑顔を届けられる寺子屋「鉄道模型運転会」、これからも続くことを願います。

2016年7月 8日 (金)

デト11+デト12 運転会デビュー!

先月完成させたフリーのデト、http://vse50001.cocolog-nifty.com/blog/2016/06/post-1d35.html、七夕の日に都内模型店で開催されたシニアの運転会にデビューしました。

20160708_0031_15
先ずはデト11+デト12の2両編成で、会場内を快走します。

20160708_0030_15
腕も悪く、走りまわる車両がなかなか鮮明に撮れません(涙)。

20160708_0033_15

足も軽いので、こてはし鉄道さまが製作されたミニ客車をお借りして牽かせて頂きました。
20160708_0035_15

最初は2両のデトの間に挟んで、その後は牽引して。
20160708_0037_15
オレンジ色のミニ客車には乗客がたくさん乗っていて・・・、このあたりの詳細は8月のイベントデビューまで内緒にしておきましょう。

楽しい夏の午後でした。

2016年6月 6日 (月)

運転会へ遠征

福島県いわき市で開催された、地元クラブの運転会に招かれ、1泊2日で参加して来ました。 運転会場は卓球台などが置かれる公民館のホール、フローリングのような床に直にレールを敷設します。

ご招待くださったのは、OER3001氏が高校入学の時に出会った大学生、既に50年のお付き合いで、運転会に供されたレイアウトのオーナー、YF氏。

レイアウトは高架及び築堤上の複線、内回り、外回りそれぞれから高架を下った第1ヤードと第2ヤードから成ります。収容可能列車は長編成で17本というものです。

このレイアウトの基となったのは、実はOER3001氏が、MW氏が製作した物を譲り受け所有していたものです。 近代的な高架鉄道イメージだったものを、年々手を入れてイメージ転換させたものです。

レイアウトの写真を撮り忘れたので、OER3001氏が持ち込んだ車両の一部を紹介しましょう。 いわきのクラブなので、当然蒸機や国鉄ものが幅を利かすと予測して私鉄電車としました。

先ずは・・・と言って撮影を失念した小田急3100形NSE車。 思い起こせば製作挑戦が中学卒業の頃。 それから何度かの試作を経てようやく完成させたたのが、大学卒業、就職、結婚を経て父親となっていた1981年という15年に渡る製作期間でした。http://vse50001.cocolog-nifty.com/blog/2013/01/post-b41b.html

そして同じ特急ロマンスカーながら、もっと古く1952年に登場している1700形。http://vse50001.cocolog-nifty.com/blog/2013/08/post-45ae.html

20160604_0007_15
続いて2220形登場時の4両固定編成。

20160605_0017_15

20160605_0018_15
2220形は、ときわレールクラブから駆けつけてくださったKY氏が持参された、大学生時代に作ったもの(左)と近作(中)の2編成の京王系とも並ぶことができました。
20160605_0032_15


他には念のため、過去の車両ばかりだけでなく現役車両もということで新3000形も持参していたのですが「出さず仕舞い」に終わりました。

その代わり、先のグランシップトレインフェスタ2016で大人気だった最新の静鉄A3000形も。 但しこれも撮影を失念しました。 http://vse50001.cocolog-nifty.com/blog/2016/05/a-1d0e.html 残念ながら、いわきでは誰も興味を示してくれない代物でした。

そして、昨年の作品から伊豆急1000系を含む100系との7両編成を。

20160604_0003_15
20160604_0004_15
20160604_0005_15
こちらはTOMIXの密連の効果で、編成順序を如何様にでもできるので、1000系をアタマにした姿他、何種類かの編成中で楽しんだ次第です。

初日の夜は、メンバー氏の従兄さま経営のイタリアンレストランで食べて飲んで語ってと、実に充実した1泊2日を楽しんで来ました。

2016年5月16日 (月)

「トレインフェスタ2016」にて

5月14日(土)~15日(日)にグランシップ静岡(東静岡駅前)で開催されたトレインフェスタ2016。 主催者側の各種プロモーション施策の効果もあって、初日来場者が14,000人、2日目と合わせて30,000人を超えるに至ったと伺いました。 

メインホール中央部における我がクラブのレイアウト前にも、終日多くの来場者がお出でになりました。

20160515_0001jpg15

ペーパー自作の伊豆急100系も、昨年完成させた1000系2両を加え、ロイヤルボックスのサロ1801を含む7両編成となって快走しました。
20160515_0002jpg15

前パンタをかざすクモハ103が、伊東方先頭に立っています。
20160515_0003jpg15

ヤードに待機する姿を、工房5丁目さんが綺麗に撮ってくれました。

Dscn0536jpg_15

工房5丁目さんはさらに、今回デビューとなったフレッシュグリーンの静鉄A3000形も撮って提供してくれました。
Dscn0525jpg_15
今回、この静鉄A3000形を2日目の開場時刻から走らせていましたが、走り過ぎてパワトラが過熱、冷却のために入庫させると・・・

小学生から「静鉄の新車は今度は何時に走りますか?」との質問を頂き、直ちに本線再登場となりました。 地元の新車の人気度は凄いものです。

来年に向けて、他の色のA3000形を製作してくださる仲間を募ります。

2016年5月14日 (土)

営業運転!

グランシップ静岡で始まりました、「トレインフェスタ2016」が。

昨日までに完成させて‘営業運転’開始した地元・静岡鉄道の最新型電車A3000形。 快走しています。

Img_0002_15
目前を左から右へ、カメラが止められません(涙)。
Img_0008_15
従来の1000形も走っています。

Img_0001_15
静鉄A3000系は地元の方々に大変な人気、作って良かったと思う瞬間。
商業誌からの取材もたて続きで嬉しい限りです。

2016年2月 5日 (金)

運転会

サラリーマン諸氏が必死に働いているであろう平日の昼下がり、それぞれ立派に社会で活躍して引退したシニア達が、各自の自慢の模型を持って多摩川の畔に集まりました。

20160204_0002_15

模型人の心を知り尽くされた、ご自身もご立派なシニアで在られる店主の経営するこのお店。 OER3001氏も半世紀に渡って利用させて頂いております。

この2階にある運転場を借用して、集まったシニアが各自の持ち時間の中で、持参した模型を走らせました。 OER3001氏は、OERとKTRを持って参加させて頂きました。

20160204_0005_15
最新作の京王帝都2010系、ダブルルーフの小型サハを挟んだデビュー時の4両編成。 集まったシニアの方でも、この時代をご存じない方も少なくありませんでした。

カルダン車にダブルルーフが連結されているなんて、やっぱり変ですよね。 その「変」なところが懐かしくなって製作した作品でした。

運転を楽しんだ後は居酒屋で一献、これがまた旨いし楽しい。 シニアになったら趣味を持っていないと惨めですね。

2015年10月28日 (水)

小田急ファミリー鉄道展2015

10月17日(土)~18日(日)、今年も海老名で開催された「小田急ファミリー鉄道展2015」。OER3001氏は17日(土)、第2会場のビナウォークでの鉄道模型走行会に参加して来ました。

50000形VSEや60000形MSEをはじめとする現役特急車は、主催者側で用意されています。 OER3001氏は目先を変えて、過去の車両を持っての参加です。

先ずは、小田急電鉄の前身、小田原急行鉄道が1927(昭和2)年の開業時に18両用意した長距離(新宿~小田原)用のモハニ101形を。

クロスシートでトイレを備え、丸窓がアクセント。 言うまでも無くペーパー自作です。 VSEやMSEを背景に走行しました。

20151017_0004_101

続くは1948(昭和23)年に「ロマンスカー」の呼称を初めて使って登場した1910形。  これももちろんペーパー自作です。

20151017_0003_1900

今と比べれば短すぎる3両編成ながら、当時のロマンスカーには貫禄がありました。 順調に快走してくれました。

20151017_0011_1900

20メートル長で車幅2.9メートルという大型車体で、東京オリンピックの1964(昭和39)年に、New High-Economical (NHE)車と名付けられて登場した2600形。 

OER3001氏は3編成所有している中から、1966(昭和41)年に小田急百貨店の大幅増築開業を記念して特別塗装となった2661Fを持ち込みました。 これはタニカワの真鍮キットです。

20151017_0001_15

Y城氏のペーパー自作の標準色車と並べました。 下が新宿方の2661。

20151017_0002_15
2編成並んだ2600形の横を、白いロマンスカー50000形VSEが駆けて行きました。 模型ならではの世界です。

20151017_0006_vse
今年も、たくさんの子どもたちが興奮して見入ってくれました。

2015年10月25日 (日)

続:関東合同運転会報告

OER3001氏らしからぬ車両を持って参加した「鉄道模型関東合同運転会inけんかつ」。「15」に因む車両としてEF15を参加させない訳には行きません。

「えっ、そんなのあったの?」と言われそうですが、あったのですよ。 社会人になって3年目、1976年に購入した天賞堂製品で16,000円でした。

1976年の大卒初任給はまだ10万円に届いていなかった時代だっと思いますが、月給の15~20%の価格。 今でいえば4~5万円のものとなるかも知れません。

そう考えると、TOMIXプラ製品のプレステージバージョンと同等となりますが、真鍮手作りの製品ですから、今の模型価格は高くなったということでしょうか。

それはそれとして、こんな機会でもなければなかなか走らせられません。 手持ちの2軸貨車を牽いて走らせました。 ナンバーは「EF15 189」、曲線を重厚にやって来ました。

20151012_0021_ef15

機関車の次位、2両のワム90000は近年のKATO製品です。 枕木を立てた柵越しに、通り過ぎる貨車の両数を数えたころを思い出します。

20151012_0027_ef15_3

ワムの後方にはレム2900、天賞堂のベークライト製品の半製品を、当時の天賞堂バーゲンで購入して、友人F島氏が下回りを真鍮で作ってくれたという思い出の1両です。

20151012_0041_ef15_3

続く貨車はHobbyModelのプラキット組立てのワラ1や、ワム80000、無蓋車はカツミのプラ製品やエンドウのプラキットなど。 コンクリート橋梁にはいささか似合いません。

20151012_0033_ef15_2

最後は車掌車が必須です。 KATOのヨ5000が赤い尾灯で締めてくれました。

20151012_0034_ef15_2

「15」の企画で、眠っていた2軸貨車たちも広々した線路を走ることができました。

2015年10月22日 (木)

関東合同運転会報告

10月11日(日)~12日(月・祝)、埼玉県伊奈町にある「埼玉県県民活動総合センター」にて、鉄道模型の18クラブが集合しての「鉄道模型関東合同運転会inけんかつ」が開催たことは、既に当ブログで10月14日に「遂に公開;伊豆急1000系」として報告いたしました。

今回で15回目の開催と言うことで、「15」に関連する車両製作が企画テーマとなっていましたので、新作は伊豆急1000系でしたが、既存の「15」に因む車両を持っての参加をしました。

まずは、オハフ15を含む14系客車の編成、「つばさ51」の思い出です。

20151012_0003_51
先頭はEF65 1013。

1978年のことだったと思いますが、いわき市に住む親友の招きで猪苗代や磐梯山などに行った時、待ち合わせの福島まで乗った思い出の列車です。 

20151012_0004_51_2

EF65 1013の後は・・・

スハフ14 55

オハ14 194

オハ14 195

オハ14 196

オハ14 197

オハフ15 49 と、実際はもう少し長い編成でしたが、乗車した車両番号で組成しています。

20151012_0006_51_2

カーブを通過して来る情景なんて、なかなか良くありませんか?

20151012_0017_51_2

テールマークは「つばさ」ですが残念ながら読み取れません。

すべてKATOの完成品ではありますが、OER3001氏としては珍しく、国鉄の機関車列車を走らせました。

2015年10月14日 (水)

遂に公開;伊豆急1000系

10月11日(日)~12日(月・祝)、埼玉県伊奈町にある「埼玉県県民活動総合センター」にて、鉄道模型の18クラブが集合しての「鉄道模型関東合同運転会inけんかつ」が開催されました。

この‘合運’は今回で15回目の開催と言うことで、「15」に関連する車両製作が企画テーマとなりました。

OER3001氏としては当然ながらデハ1500形などの小田急車両も考えましたが、デハ1500形は既に大先輩が製作済みのため、テーマは他車から選択し、クハ1500、モハ1100からなる伊豆急1000系とした次第。 製作過程は既にこのブログで取り上げていましたが、ここに‘公開発表’となりました。

伊豆急に居たED25をイメージして、隣にはED37に並んでもらいました。

20151010_0015_20_2

早速本線走行へ。 桜並木を横目に、前照灯4灯を点灯して快走します。
20151010_0011_20_2

次はコンクリート橋梁に差し掛かります。 このコンクリート橋梁、橋梁設計を本職とするA野さんが新たに製作したモジュールです。
20151010_0012_20_2

本来は手持ちの100系車両に連結した7連となるのですが、今回はこの後、1000系だけ特別展示コーナーで展示となりました。

より以前の記事一覧

フォト
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ