鉄道(小田急)

2020年1月29日 (水)

新型車両の観察

新しい車両が登場すると、やっぱり目が向きます。 とりわけOER3001氏にとっては小田急の新型となれば大人しくしては居られません(笑)。

ということで早速、ディテールの観察に駆け参じました。 ここは小田原、折り返しの間にプラットホームからゆっくり観察できます。

20200121_0016_15

先ずは試運転列車の入線を狙います。

20200121_0018_15

中間車も1両1両、短時間のうちにシャッターを切ります。

20200121_0036_15

先頭のフォルムは、雑誌に掲載された写真だけではなかなか満足できませんので、小まめに撮ります。

20200121_0037_15

従来はダルフィニッシュだった外板が、ヘアライン仕上げになったので、その質感の違いを捉えなければなりません。

20200121_0038_15

10分ほどの折り返し時間で、10両編成を可能な限りメモしました。

走行写真もそこそこ撮っておかねばなりません。 先ずは厚木の下りホームで。 この時はホーム先端に1名の同業者が。

20200121_1027_15

小田急多摩センターでは山側を観察できます。 東西に路線を持つ小田急では、光線の具合からどうしても海側からの撮影が多くなります。

20200123_1036_15

はるひ野下りホーム先端には、高校生らしき二人が黄色い線から身を乗り出して撮影しているのでそれを避けざるを得ず、左方が切れていますが仕方ありません。 しかし撮影マナー守らない輩が増えて来ましたね。

20200123_1060_15

曇天だったこの日は、晴天なら完全逆光になる栗平~黒川間の山側から狙えました。

20200124_1011

もう少し栗平へ近づいたところで上りを収めました。

20200124_1060

再び小田急多摩センター駅。 今度は停車中に新宿方の車両重点に観察するため、永山方で進入を狙います。

20200124_1105_15

折角だから正面から迫力ある姿も捉えたく、この日は小田急永山へ。

20200125_1039_15

屋根上も抑えたく、新宿方に顔を出す機会に代々木八幡~代々木上原間で上り列車を。 この日は冷たい雨の中でした。

20200128_1030_15

新宿からの折り返しも同じ歩道橋で待ちました。 お陰でたっぷり、水も滴る良い姿と化してしまいました。

20200128_1041_15

時間を見ながらチョコチョコ観察したので、やっと手先が動くことになるかも知れません。

 

 

 

 

2019年5月31日 (金)

SE車の雄姿を刻む

永らく海老名の収納庫内に保管されていたSE車3000形が、屋外で最新鋭70000形GSEと並べて公開されると聞き、後悔しないように5月最終の土曜日に行って来ました。 7月のような暑さの中、10時の開場前30分から列に並びましたが、これだけの人、ヒト、人。 なかなか思うように近づけません。

Img_0004_20

何とか粘ってやっとここまで。 GSEのバーミリオンが、SEのそれを継承していることが良く解ります。

Img_0009_20

もう少し左に寄って撮りたかったのですが、、、ここに到達するまで30分ほどを要しました。

Img_0024_20

堂々とした正面、製造当時のモニター屋根は、もう少し幅広だったのですが、SSEに改造されたときにクーラー設置に伴い変更されています。

Img_0096_20

YS-11を思わせる風貌に、60年前の高速に懸ける熱意を感じます。

Img_0026_20

OER3001氏にとっては、GSEとの並びより、SEをじっくり観察できることが魅力です。 低重心化のために思い切って下げた床。

Img_0027_20

ブレーキシリンダーを揺れ枕上部に設置した動力台車KD17.

Img_0041_20 

当時は車輪径840φですが、その車輪よりも台枠は低い位置なのです。 

Img_0042_20

こちらは当初の8両編成時代に3台車あった付随台車KD18、揺れ枕上部にブレーキシリンダーは無く、ディスクブレーキが初めて採用されています。

Img_0048_20

車輪径は動力車同様の840φでした。 保存車はSSEに改造されたものの復元なので、全て860φになっています。

Img_0050_20

会場の制約から、海側からだけの観察しかできませんでしたが、できる限り記録した次第です。

今回の公開2日目深夜、相模大野工場に回送されました。 ロマンスカーミュージアム展示に備えて、残念ながら中間車2両が解体されるようです。 OER3001氏としては、早急にSE車模型を完成させなければいけませんね。

 

 

2019年3月28日 (木)

OER3000 再び

折角なので今度は40年前の1979(昭和54)年、同じく満開のサクラの下を快走する雄姿を。

19790401_070415_15

今はここ玉川学園内のサクラも老木となり、一部が伐採されて景観が変わりました。 学園内に架けられた橋も立派なものに架け替えられたお陰で、斯様なアングルでの撮影もしづらくなってしまいました。

もっとも今、3000形を求めに行っても・・・

20180329_1034_15  

斯様なステンレスの通勤車両になってしまいました。

2019年3月27日 (水)

30万アクセス達成しました!

拙ブログをご覧頂きましてありがとうございます。 諸先輩方々には及びませんが、遅ればせながら30万アクセス達成ということで、30年前のOER3000、咲き誇るサクラの下を駆け抜ける雄姿をアップします。

19780415_060218_15

30年前は既に原型ではなく5連のSSEに改造され、御殿場行き「あさぎり」はじめ、箱根、江の島行にも充当されていましたが、なかでも2編成併結の10両で「はこね」運用に就く姿は印象的でした。

19800412_080817_15

流線型同士の連結が、何故か魅力的でした。 

時代が変わってこのような連結運用が東北新幹線で見られるようになるとは、この当時は思ってもみなかったものです。

 

2019年3月 1日 (金)

代々木八幡駅近況:2019.2.26

各駅停車10両化に伴うプラットホーム延伸目的で、大規模な改良工事を進めていた代々木八幡駅。 2017年12月6日の当欄http://vse50001.cocolog-nifty.com/blog/2017/12/2017126-9097.html以来、その工事進捗を取り上げていませんでしたが、つい先日、所用序でに訪れてみました。 モハメイドペーパーさんも同様のレポートされて居られますのでhttp://jorctk.cocolog-nifty.com/blog/2017/07/post-3003.html、近々またご報告があるかも知れません。

先ずはいつものように新宿方の踏切から迫りくる快速急行を。 45km/h制限のカーブに差し掛かります。

20190226_0008_20

そして進入する構内、海側(左)に仮設ホーム、島式の新設ホームには既にホームドア、柵も設置されています。

20190226_0012_20

上りホームも同様です。

20190226_0013_20

島式ホームも先端部分の幅は広くありません。

20190226_0014_20

山側の道を小田原方に移動している時、斯様なクルマとすれ違いました。 「測量中」だそうですが、これは間違いなくGoogleのストリートビューですな。 最新情報に更新されるとOER3001氏の姿が出るのでしょうか。

20190226_0015_20

山手通りの橋梁上から全景を見れば、ホームドアも設置され、新しい橋上駅舎も見渡せます。 プラットホームに建つ養生されたままの大きな丸い管は、若しかして橋上駅から山手通りに抜ける陸橋を架けるための脚なのかな。 この部分にホーム屋根が無いのもそのためかと。

20190226_0017_20

山手通り陸橋下の踏切(代々木八幡1号)から眺めたプラットホームです。 脚が衰えた高齢者には、渡りきるのに少々長い踏切ですが、上下線個別に作動する遮断機にはしないのでしょうか。 上下個別作動遮断機になれば、鉄道ファンにも嬉しいのですが。

20190226_0019_20

海側にある改札口横の横断通路を上がってみます。

20190226_0023_20

駅舎もほぼ完成、手前のグリーンのポットの位置には、近々自動改札機が設置されるのでしょう。 天井から自然光が注ぐ明るい駅になるようです。

20190226_0024_20

こちらは下りホーム。 エレベータもエスカレーターも既に設置完了済みです。

20190226_0027_20

しかし、ホームドアは開扉時の扉収納部分が開いたままのようですが、最終的にはカバーされるのかな?

20190226_0029_20

下り列車が到着しました。

20190226_0030_20

新ホームの営業は3月16日から。 立派な駅に生まれ変わるようですが、気づいてみればホーム上屋が新宿方には無い! まさかこのままではないでしょうね、小田急さん。

この駅界隈でも随分撮影して来ましたが、景色も変わりますね。

2019年2月20日 (水)

50年前のこと

それは1969(昭和44)年2月2月16日でした。 結構な降雪があった日の凍てついた夜、防寒具で身を包み、三脚とカメラを持って出かけたのは経堂検車区。

19690216_0006_20


次々に入庫して来る特急車。 本線を挟んだ右端には既に3000形SSE。 右の3100形NSEは車内清掃中。 その左にもNSE、そして左端はヘッドライトを灯したSSEが。

考えてみれば良くぞこんな所まで入れてくれた時代、感謝感謝です。

2019年1月22日 (火)

お買いもの電車の思い出

小田急が1967(昭和42)年に走らせた特別塗装電車を取り上げたところ、古くからの友人諸氏からのコメントが寄せられましたので、続報とも言える写真をご紹介します。 ただ残念ですが今回はモノクロ写真です。

先ずは5両固定編成時代の2600形NHE。貫通扉にクロスした小旗が掲げられています。ブルーの濃淡で、「祝・小田急百貨店全館完成」と描かれていたようです。

19671100_20190120_0006_25


この塗装は、モハメイドペーパーさんの回想が寄せられていましたが、4000形1編成にも施されました。 4001Fでした。 こちらの写真は小旗とともに、小田急百貨店のマークに「お歳暮特別号」と描かれた運行板を掲げています。

19671100_20190120_0008b25


小旗は小田急百貨店全館完成から暫く、全ての列車に掲示されました。 こちらは1800形の4両編成。

19671100_20190120_0007b25_2


そしてこれ、1300形3連の配送電車にも。 この当時1300形はデニではなくデハ。 小旗のお陰で、運板の「新聞」は貫通扉部分ではなく、列車種別の場所に追いやられてしまいました。

19671100_20190120_0003b25


全ての列車に小旗掲示するなどして、新宿の百貨店全館完成を沿線に報せ、集客に努めていたのです。

2019年1月21日 (月)

お買いもの電車

1月17日の「半世紀前の小田急線」に、お買いもの電車塗装の2600形NHE車を掲載したら、年配の同士たちからのコメントが寄せられましたことに気を良くして続報を。

1968(昭和43)年の夏、6月には小田急百貨店の運板は付けられていませんでした。 今では地下になってしまった成城学園前駅で、2600形NHE車の快速準急が並びます。

19680609_0004_15_2


同じ年の11月、サハ2650を2両目に連結して6両固定編成になって、「フルーツ号」の運板を掲げた快速準急・小田原行として、成城学園前から喜多見への下り勾配を駆け下りて行きました。

19681118_0007_15_3


この撮影場所、今では喜多見電車基地への高架橋下辺りです。 半世紀は車両も線路も大きく変えたものです。

お買いもの電車として登場したカラーですが、その後は各種のイベント運板を掲げて活躍したのが思い出されます。

2019年1月17日 (木)

半世紀前の小田急線

新年も早や15日を過ぎ、節分も間近になりました。 ここのところ模型製作はちょっとお休みして、ある事情から昔撮った写真のデジタル化を進めていました。 そうしたら・・・、

製作中の2100形のカラー写真が! 51年前の1968年1月の撮影、各駅停車経堂行の姿です。 製作中の2100形は、この姿で完成させる予定だったので丁度良しでした。

19680107_001515

同じフィルムには、お買いもの電車カラーの2600形NHE5両編成も。 こちらは準急相模大野行。 どちらも今は見られなくなった運用です。

19680107_001015


それにしてもここ、カメラを構えている所は東北沢のホッパー引き込み線の車止め位置。 まぎれもない鉄道用地ですが、特に注意を受けることも、警笛鳴らされることも無かった良き時代でした。 今では考えられないことです。 その証拠に次の画像を!

19680107_001115

信号取扱所の係員が、通過するお買いもの電車カラーNHEの快速準急小田原行を見守っています。 当然、カメラを構えていた若者の姿に気づいていらしたのにです。 それとも、温かい気持ちで見逃してくれていたのでしょうか。

2019年1月12日 (土)

初撮り2019

2019年の初撮りは、初雪が舞う寒い中でした。 暗い中なので思うような収穫は得られませんでしたが、それでもそこそこの収穫でした。

目的の一つはこれ。 この日のN75運用は普段は見られない30000形EXEの4両。 スーパーはこねです。

20190112_1012n30

寒さのせいか、同業者居らずでした。 これを撮ってからここ経堂から移動し、あれこれ考えて梅ヶ丘に向います。 およそ2時間半後、テクノインスペクター・クヤ31が、1000形の4両編成に連結されて、下北沢地下線から地上に上がって来ました。

20190112_1057n30

垂れ込めた雲で暗い中、クヤの検測用パンタを照射するライトの眩しかったこと。 クヤも昨年秋に定期検査済みなので、綺麗な下回りでした。

おまけはこれ。 1000形の急行新宿行と4000形の千代田線直通準急が、全く同じ速度で並走して来ました。

20190112_0024_2

ここまでピタリと頭を揃えた並走、はなかなか見る機会も少ないものだけに、思わず興奮しました。

天気が悪く寒かったですが、同業者も居らずに満足できた初撮りとなりました。

より以前の記事一覧

フォト
2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

他社線ご案内

無料ブログはココログ