今日の一枚

2020年12月 6日 (日)

今日の一枚 No.90

やまのて線では無く、やまて線に新性能電車101系が投入されたときの路線カラーはカナリヤ(黄色5号)でした。 正面の表示窓は「山手 YAMATE」です。

写真の1967(昭和42)年においては、1964(昭和39)年から投入されたウグイス(黄緑6号)の103系量産車との置き換えが進んでいる最中でした。

19670323_0024_50

この日は高校からの帰りに、月刊誌「模型と工作」編集部へ訪問したとき、神田駅で暫し撮影をしていました。 隣の京浜東北線は依然として旧型国電が大活躍でした。

 

2020年11月20日 (金)

今日の一枚 No.89

今般の撮影行は、蒸気機関車牽引列車の撮影が目的ではありましたが、一方で世代交代も実感しました。

20201115_0010_15

磐越西線・馬下駅午前10時、新型のGV-E400の上り列車と、在来のキハ110の下り列車の交換となりました。

キハ110を旧型と呼ぶのには些か抵抗がありますが、新旧のツーショットも束の間となるかも知れません。

 

 

2020年11月15日 (日)

今日の一枚 No.88

今回はこれを、蒸気機関車C57。 しかも形式と同じ番号の57号機です。

Img_20201113_00060_15

実は、撮影年月は標記の通りなのですが、撮影場所が思い出せません。

判っているのは室蘭線で、有珠や礼文で撮影していた時のものと言うことだけ。 何方かここがどこの駅だかご教示頂けたら嬉しく思います。

 

2020年11月 5日 (木)

今日の一枚 No.87

世田谷の住宅地を走る東急世田谷線、というよりOER3001氏にとっては今でも“玉電”ですが、低床式の300形の導入が開始された頃、旧型車の最後を記録したくて出かけていました。

山下駅に停車した70型を撮った後、三軒茶屋に向かって走り去るのを見送っていたとき、普段着の女性が電車が通り過ぎた踏切を!

世田谷らしい光景と思って思わずシャッターを切った想い出があります。

19990717_261319_ 

改めて見ると、架線の張り方が見事です。 当たり前なのかも知れませんが架線柱にはビームが無く、世田谷の空が良く見渡せました。

 

2020年10月26日 (月)

今日の一枚 No.86

鉄道が好きになった原点の一つがこれかも知れません。

連結面から顔を出してみると、連結器が微妙に擦れ合ったりしていて、繋がれたエアホースもほとんど動かない。 そしてその下を線路が流れていく。

19900721_1119_15

これは1990年の東急世田谷線での一コマ、妻板が中央で折れているので150形と思われます。 冷房なんて無い。 窓を全開にして風を感じる。 今ではどこに行ってもこんな光景を見ることができなくなって寂しいです。

2020年10月21日 (水)

今日の一枚 No.85

今日10月21日と言う日は、国際反戦デーだったという記憶があります。

今から52年前の1968(昭和43)年、ベトナム戦争反対を叫ぶ過激派が新宿駅一体を襲撃、当時新宿駅を通過していたタンク列車が襲撃され、大火災になったことが思い出されてなりません。

時が変わって武蔵野線が開通し、貨物列車は山手貨物線を通らなくなったことは言うまでもありません。 それでも中央線のタンク列車を見ると、新宿騒乱事件が脳裏に浮かぶのは歳のせいでしょうかね。

19940503_200904__15

思えばEF64重連の貨物も過去のもの。 今はEF200、タンク貨車もグリーンとグレーのオシャレな2色塗りですよね。

 

 

2020年10月20日 (火)

今日の一枚 No.84

撮ることに夢中になっていながら、その後撮った写真をよく見ない。

フィルム写真の時代は、撮影しても時にはそのフィルムを撮り終えるまでに何日かかかり、さらに現像に出して、仕上がりまでまた何日か。 その間に撮った写真を忘れていることも少なくありませんでした。 ポジフィルムでは大きな画像で見ることも少なかったのですが・・・。

1978年3月、大手電機メーカー群馬製作所への出張帰り、熊谷駅で撮った一枚。

19780305_051119__15

到着する、今は無き東武熊谷線、地元では妻沼線とも呼ばれていたキハ2000形の正面窓に、何とかわいい子らが。みんな一心にこちらを注視していました。

赤字続きだった同線は、この5年後の1983年に廃止されてしまいました。 この子らは今、どんな大人になっているのだろうか?

 

2020年10月 9日 (金)

今日の一枚 No.83

新シリーズの「想い出の光景」シリーズにするか悩みましたが、この一枚はこのテーマであげることにしました。

1974(昭和49)年初夏のある日、新宿駅2号線に進入してくるのは4000形の4001。 旧HB車と言われた1200形~1400形の主電動機を使い、3両編成で登場した4000形の一部は、ABF車 1600形~1900形の廃車が進むとその主電動機をも使って、一部が5両編成に増強されましたが、この4001編成は5両です。

19740630_0213_new

地下ホーム10両化の改良工事が実施されていた時で、仮受けした線路上を進んで来ます。

一方で発車後、甲州街道下を過ぎるとすぐ徐行標識。 このポイントは終日良く稼働していたものだと感心せずには居られません。 模型だったらすぐに調子が悪くなったり、脱線したりとなるでしょうね。

 

2020年10月 3日 (土)

今日の一枚 No.82

一年前の10月3日、溝の口駅で電車を待っているときに撮った一コマ。

20191003_0005_20

大井町線の9000系が、引き揚げ線に向かう折、ちょうどやってきたのは営団8000系。 今は東京メトロですが、この車両が生まれたときは営団。 まもなく引退とのことで、こうした日常のあたりまえだった光景も、時代とともに確実に変化して行きますね。

2020年9月27日 (日)

今日の一枚 No.81

阿字ヶ浦でのときわレール倶楽部鉄道模型合宿運転会参加で訪れたひたちなか海浜鉄道、30年前の茨城交通時代の画像がありました。

19900715_162001__15

勝田駅に停車したキハ223、羽幌炭礦鉄道から来た車両だ。 後に羽幌炭礦鉄道時代の臙脂に白帯塗装になって活躍していたのが懐かしい。

 

 

より以前の記事一覧

フォト
2020年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

他社線ご案内

無料ブログはココログ