鉄道(国鉄・JR)

2017年12月 8日 (金)

絶景:姨捨駅

肥薩線矢岳越え(九州)、旧根室本線狩勝峠(北海道)と合わせて、「日本三大車窓」と言われた善光寺平を望む篠ノ井線姨捨駅。 スイッチバックの同駅、特急列車は駅には寄らずに通過するため、青春18きっぷで各駅停車を利用する時くらいしか、その眺めを楽しむときはありませんでした。

が、11月中旬、ゆっくり同駅を撮影する機会がありました。 家内とクルマで信州の温泉に行くことになった往路、高速道を途中で下りて、2、3日前に降った雪が木々に残る一般道での峠越えでした。 先ずは姨捨駅の配線から。 前方右が松本方面、左がスイッチバックの折り返し線、手前が姨捨駅、手前左に下っているのが長野方面です。

20171120_2028_20


長野行特急列車は、手前の構内には寄らず、一気に下って行きます。

20171120_2033_20


そして、山裾に沿うように姨捨駅の下方を一気に下ってゆきます。

20171120_2005_20


この場所を、線路の向こうから駅を望むように見ると、こんな感じ。 姨捨駅から反対方向に進み、スイッチバックして下って来た211系の普通列車長野行。 姨捨駅プラットホームと跨線橋とともに撮りたかったアングルです。

20171120_2015_20211


一方、姨捨駅の全景はこんな感じ。 線路はプラットホームの向こうまで線路が続きます。

20171120_2029_20


その端部まで行ってみました。 相当長編成の列車を留置することもできそうです。

Img_0001_20


豪華寝台列車「トランスイート四季島」が立ち寄るようにもなっただけに、無人駅とは思えない良い雰囲気の駅舎ではないですか。

Img_0020_20


「名月の里おばすて」の看板で、千曲市のガイドも。

Img_0018_20


駅のすぐ下には、川中島平一望・月の名勝とされる姨捨公園が整備されています。 ここからの眺望は実に素晴らしいもの。

Img_0006_20


姨捨公園内を散策し、その最高地点で、長野側から山を登って来る特急を捉えました。 

20171120_2018_20383


D51の時代には考えられなかったであろう速さで、どんどん駆け上がって来るではないですか。

20171120_2023_20383


電車では何度も通ったこの駅、初めて周辺散策することができました。 満足した後は、一気に坂を下って温泉街に向かいました。 

2017年10月29日 (日)

降雨の中を

出掛ける時は必ずコンデジを持って行きます。台風接近の今日も、都心に出た折リュックから取り出して、暫し待ってみました。

来た来た・・・! なんと235ではないですか。

20171029_0001_20


結構強い降りの中、力強く向って来ました。

20171029_0002_20


憂鬱な天気でも、ちょっぴりラッキーでした。

2017年7月14日 (金)

名古屋へ⑤

1937年に製造された「流電」クモハ52004、、流石に美しい姿だと思います。

20170707_0114_20


1階メインホールに堂々と展示されています。

20170707_0064_20


私鉄と熾烈な競争を繰り広げた京阪神間、国鉄が用意した急行電車。 流線型の正面がいかにも早そうに見えます。

20170707_0065_20


標識灯も流線型。

20170707_0069_20


これ、模型で点灯式にするの大変そうです。

20170707_0068_20


側面はウィンドシル・ヘッダーも無くなって大型の側窓となり、好ましい色でツルツルピカピカ。

20170707_0075_20


この運転台、乗客の視線を集めたに違いない。 OER3001氏だったらこの座席を陣取って前方注視します。

20170707_0071_20


その座席、グリーンのモケット、砲金の窓金具、ニス塗りの窓枠。 いい匂いがします。

20170707_0073_20


クロスシートの車内はとても良い雰囲気です。

20170707_0066_20_2


この室内灯、気品に溢れていますね。

20170707_0074_20


1937年、戦前の昭和12年ですか。 こんな立派な車両が京阪神間に登場していたなんて!

見入ってしまい、惚れ惚れしましたが、模型製作? しませんよ、他に製作しそうな方が沢山いらっしゃいますから。

2017年7月13日 (木)

名古屋へ④

2007年10月、JR東日本が開設した「鉄道博物館」に続いてJR東海は、2011年3月に「リニア・鉄道館」を開設しました。 

  • 「鉄道博物館」が、
    • 日本と世界の鉄道に関する遺産と資料を広く人々に公開し、かつ旧日本国有鉄道の改革および東日本旅客鉄道に関する資料を保存し調査研究を行う。
    • 鉄道システムの変遷を鉄道車両などの実物展示を中心に各々の時代背景を交えながら産業史として公開する。
    • 鉄道の原理・仕組みと最新の鉄道技術、将来の鉄道技術を子供たちに模型やシミュレーション、遊具を使いながら体験的に学習できる。

    というコンセプトであるのに対し、「リニア・鉄道館」のコンセプトは、

    • 高速鉄道技術の進歩の紹介
    • 鉄道が社会に与えた影響について学習する場を提供

    であり、鉄道というシステムに関して、総合的に理解を深められるのには少々物足りないと感じるのはOER3001氏だけでしょうか。

    「高速鉄道技術の進歩」は、C62の高速運転試験から始まり、小田急3000形SE車による145㎞/hという狭軌世界最高速度樹立も、その後の151系の163㎞/hやクモヤ93での175㎞/hにつながりますが、このことは紹介されていないのが誠に残念です!

    とは言え、新幹線に関しては別。 先ずはこれ、0系がが始まりだ。 0系は先頭車21形式と食堂車36形式が展示されています。

    20170707_0140_0


    20170707_0138_0


    0系の後に登場した100系は、先頭の121形式と2階建て食堂車の168形式の2両が。

    20170707_0137_100

    1990年製造の「のぞみ」300系。 東京から新大阪まで招待試乗会に参加できた思い出があります。

    20170707_0135_300


    さらなる高速化を目指して数々の試験車両が登場したが、ここで保存・展示されているのは1994年に作られた955形「300X」。

    20170707_0034_300x

    そして今も活躍中の700系。 

    20170707_0042_700

    あっ、この他に0系スタイルのドクターイエローがありましたが、撮影を失念してしまいました。 いずれにしてもこれだけの新幹線車両が保存展示されているのは魅力です。

    2017年7月12日 (水)

    名古屋へ③

    1,000円の入館料を払って「リニア・鉄道館」へ入ります。 エントランスホールで迎えてくれるのは蒸気機関車C62と、新幹線試験車両の300X、そしてリニア試験車両のMLX-01。

    OER3001氏には残念ながら右側の2種にはさほどの興味が湧きません。 ここではやっぱりC62に目が行きます。

    20170707_0033_20


    比較的広いスペースで、全景を収めることができる展示には好感が持てます。 他の見学者が居なくなるのを待ってシャッターを押します。

    20170707_0036_20


    「つばめ」のヘッドマークを掲げた雄姿が目の前に。 煙室扉のハンドルは磨き出しの方が良かったのですが。

    20170707_0035_20


    赤いナンバープレートと共に、日立のプレートが輝きます。

    20170707_0037_20


    初めての訪問、先ずは混雑していない環境で、C62をゆっくり観察することができましたが、機関車の下に入ることができない展示に少々がっかりしました。

    2017年5月23日 (火)

    「はつかりクラブ山形運転会」の帰り道-2-

    熱塩駅の後は、蒸気機関車がお好きな‘きぬやまスカンク’さんのクルマは磐越西線を目指します。 C57の‘ばんえつ物語’の喜多方駅発車が15:51ということで、喜多方西方に向います。 

    OER3001氏は荷物を手軽にするため、今回は一眼レフを持って来なかったので、コンパクトデジタルカメラしかありません。 連写ができないので一発勝負。 この日は磐梯山が雲隠れしているのでこのアングルにしました。 気動車で位置決めをしておきます。 

    20170514_0023_


    この気動車が行った後しばらくして、気動車と交換して喜多方駅を発車する蒸機の汽笛が聞こえます。 20倍ズームで、濁川の橋梁に差し掛かる姿が確認できます。

    20170514_0024_20

    調子に乗ってさらにズーミング。 コンデジのズームもバカにできませんが、三脚ではなく手持ちなのでご覧のようにナナメに。

    20170514_0025_20


    これを撮って本番に備えます。 煙が高く上がることを前提に、青空多くしたアングルで接近を待って一発!

    20170514_0028_20

    登り勾配でもなかなかの速度で通過して行きました。

    さらに、「フルーティアふくしま」も撮ることにして、磐梯町方面に向かいます。 時間的に間に合わなかったので、会津若松に向って勾配を駆け下りて行く「フルーティアふくしま3号」を一枚。

    20170514_0030_20

    充分楽しむことができました。

    2017年4月 6日 (木)

    新宿駅1969

    突然ですが・・・

    斯様な1枚を。

    甲州街道の陸橋上から捉えた夜の新宿駅、1969年2月16日撮影のようです。 今この場所は南口‘バスタ’になっている辺りでしょうか。 撮影データを記録していませんでしたが、雪が降る中で、三脚を据えて長時間露光をしていました。

    19690216_0004_50_2


    停車している機関車はEF13ですね。 

    流れる光跡は山手線(やまてせん)内回り103系と、中央各駅停車の上り101系の尾灯のようです。 

    斯様な写真、今までプリントしていませんでしたが、ネガフィルムをスキャニングしたら思いがけない1枚に出会います。

    2017年4月 3日 (月)

    「リゾートしらかみ」に乗る―2 半世紀前の思い出

    不老ふ死温泉で一泊した後、再び「リゾートしらかみ」に乗ります。 この日の「リゾートしらかみ1号」充当はくまげら編成。 ディーゼルのキハ48系でハイブリッド車両ではありません。

    20170319_0056_20

    ウェスパ椿山駅10:35発、暫く日本海に沿って走り10:49に深浦に到着、ここで上り「リゾートしらかみ2号」と交換するため約10分停車します。

    20170319_0063_20

    深浦のホームからは日本海が望めます。

    20170319_0064_20

    10:56、昨日乗車した青池編成の上り「リゾートしらかみ2号」がやって来ました。

    20170319_0066_20

    深浦駅にはハチロクの時代に活躍していたターンテーブルの跡がありました。

    20170319_1007

    10:59に深浦を発車すると、再び車窓に日本海が展開します。

    20170319_1012_20

    20170319_1016_20


    20170319_1017_20

    この辺りから名所「千畳敷」海岸で、「リゾートしらかみ」の車内にはその案内放送が流れます。 また列車によっては眺望のために徐行運転をしています。

    20170319_1019_20

    20170319_1021_20_2

    20170319_1023_20

    そんな海岸を眺めながら、予め予約していた「あわび五能線弁当」を頂くことにします。

    20170319_1028_20

    味付けご飯の上にあわび煮ととびうお卵醤油漬けがたっぷり乗って、実に満足する味でした。 

    五能線では昼食を買う手段は車内販売しか無く、その車内販売も数量を保証していませんので、乗車日の前日に予約することをお勧めします。 因みにこの日は、ウェスパ椿山駅から乗車して直ぐ、車内販売の女性が席に届けてくださりました。 そのホスピタリティに感激しました。

    20170319_1029_20

    11:47に鰺ケ沢を出発すると、車窓は雪景色に変わりました。

    20170319_1031_20


    20170319_1035_20

    鰺ヶ沢からは津軽三味線の演奏者が乗車して来ます。五所川原までの24分間、津軽三味線の生演奏を体験できます。 独特の速いテンポで叩きつけるようにバチを弾き、「津軽じょんから節」など代表的な民謡を朗々と唄ってくださりました。

    20170319_0074_20

    五能線の終点である川部駅には12:36に到着しますが、その直前の景色には懐かしい思い出があるため、前方を注視しましていました。

    20170319_0078_20

    ここです! ここです!

    約半世紀前の1969年、ハチロクを撮るためにここを訪れています。 それがこの写真、1969(昭和44)年4月1日の事でした。 リンゴ畑を横目に、ハチロクの混合列車がやって来ました。 

    19690401_0003_50

    この日のハチロクは58698。

    19690401_0004_50

    列車先頭部が川部駅の場内信号機に差し掛かっている後姿。 蒸気の後にトラ3両、そしてハニフ含む客車4両、最後部はワムでしょうか、ワフでしょうか。
    19690401_0005_50


    その懐かしい光景の中を、「リゾートしらかみ1号」が減速現示している川部駅第1場内信号機に差し掛かります。

    20170319_0079_20

    第2場内信号は1番線入線注意現示です。

    20170319_0084_20

    1番線に入線します。

    20170319_0085_20

    川部駅が五能線147.137㎞の終点であることを示しています。

    20170319_0093_20

    「リゾートしらかみ1号」はここで方向を変え、奥羽本線を弘前に向います。 弘前では弘南鉄道弘南線の7000系、元東急7000系を確認できました。

    20170319_1048_20

    弘前駅で4分停車し、再び進行方向を変えます。 雪景色の中を青森に向けて快走します。

    20170319_1052_20

    終着駅まで乗らず、新青森駅で下車、青森に向って遠ざかる「リゾート1号」を見送りました。

    20170319_1053_20

    好天に恵まれ、素晴らしい五能線の旅を楽しめました。

    2017年4月 1日 (土)

    保存ハチロクとウェスパ椿山駅

    奥羽本線の東能代と川部間147㎞(奥羽本線では98㎞)を結ぶ五能線は、東能代側と川部側から延伸した線路が1936(昭和11)年、陸奥岩崎駅 - 深浦駅間を最後に全通して81年になります。

    その中でウェスパ椿山駅は、国鉄が1987(昭和62)年にJR東日本となってから後、2001(平成13)年12月1日に開業した最も新しい駅で、当初は快速列車の「リゾートしらかみ」しか停車しなかった珍しい駅。 普通列車が停車するようになったのは翌2002(平成14)年12月1日のことでした。

    20170319_0036_20

    付近は深浦町が第三セクター「ふかうら開発」に運営委託する観光施設が広がります。 駅は単線に沿うホーム一本のみの無人駅。

    20170319_0037_20

    それでもバリアフリー対応になっています。

    20170319_0040_20

    一日の列車は普通列車が上下5本、土日休日運転の快速「リゾートしらかみ」が最大で上下3本だけ。

    20170319_0043_20

    風力発電所と展望台に向かうスロープカーという乗り物もありましたが、昨年から運休中です。

    20170319_0038_20_2

    とは言え、観光列車の停車駅ということもあって、華やかな感じです。

    20170319_0048_20

    この駅前広場の一角に、ハチロクが保存展示されています。

    20170319_0049_20


    78653、朝陽に綺麗な姿が輝いています。

    20170319_0018_20


    比較的良い手入れがなされていて嬉しい限りです。
    20170319_0019_20


    正面はプラットホームと同レベルの高さのステージから捉えることができました。

    20170319_0022_20

    ドームの「造製立日」は、製造会社の誇りですね。 

    20170319_0027_20


    これより近付くことはできませんが、雄姿を存分に眺めることができました。

    20170319_0025_20

    このハチロク、弘南鉄道新里駅に保存展示されている48640とともに、NPO法人五能線活性化倶楽部が管理しています。 復活運転の夢もあるようですが、なかなか思うように運ばないようです。 http://www.gonousen.jp/

    駅前の物産館では、ハチロクという吟醸酒が売られていました。

    20170319_0047_20_2


    これをチビチビやりながらの五能線、是非お勧めします。

    2017年3月29日 (水)

    「リゾートしらかみ」に乗る

    「こまち」で秋田到着後、暫しコーヒー片手にくつろいだ後は、いよいよ今回の旅の最大イベントである「リゾートしらかみ」での五能線堪能です。 1番線に既に入線してた列車の運転室には秋田美人が!

    20170318_0067_20

    この日はハイブリッド新型車両HB-E300系「青池」、4両編成の2号車にはボックス席があります。

    20170318_0071_20
    20170318_0080_20

    しかしOER3001氏一行の席は1号車。 日本海を眺めるのに適した海側のリクライニングシートですが、五能線分岐駅の東能代までは最後部で山側です。 シートの枕には「RESORT HYBRID TRAIN」とあります。

    20170318_0074_20
    20170318_0082_20


    奥羽本線区間は山側を向いていましたが・・・、小学生の社会科で学習した干拓で覚えた八郎潟を通り、

    20170318_0076_20

    東能代に到着すると、進行方向を変えて五能線に入ります。 東能代での7分間の停車時間で、この列車の写真を撮る乗客も少なくありません。

    20170318_0085_20

    いよいよ1号車が先頭になり、五能線区間を走ります。

    20170318_0086_20

    車内天井のモニターに、運転室からの眺望が流れています。

    20170318_0091_20_2

    いよいよ日本海が見えて来ました。

    20170318_0093_20

    のんびりハチロクが走っていた時代と変わらぬ景色が広がります。

    20170318_0094_20
    20170318_0095_20

    スマホでマップと照合しつつ前方を注視していて、トンネルから見える日本海を捉えられました。

    20170318_0096_20

    海岸線に沿うように、線路は右に左にカーブします。

    20170318_0098_20_2

    天気に恵まれて、最高の眺めです。

    20170318_0099_20

    大きくカーブする区間で、日本海の向こうに雪の白神山地が確認できました。

    20170318_0103_20

    この日はウェスパ椿山駅で下車です。 駅前広場にハチロクが保存されています。

    20170318_0105_20

    乗って来た「リゾートしらかみ」を見送ります。

    20170318_0107_20

    そして送迎バスで向かったところは黄金崎の不老ふ死温泉。
    20170318_0111_20

    日本海に張り出した露天風呂、右側は女性ですが、左側が男性ではなく混浴というのが面白い。

    20170318_0113_20_2

    OER3001氏も写真など撮っていないで、早速露天風呂に向い、日の入りを拝むことにしました。

    フォト
    2017年12月
              1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    31            
    無料ブログはココログ