2022年9月27日 (火)

暫く休みます

9月26日、トロイの木馬ウイルスに感染しました。

マイクロソフトエンジニアの支援で駆除は終えましたが、暫く発信を控えます。ご了承ください。

 

2022年9月26日 (月)

フリー客車塗装工程完了

どうも息抜き作品の方が進み方が早いですが、台風の影響による雨が一段落したので、残りの塗装工程を終えることができました。全体のバランスを見たくて、書棚上のレールに乗せてみました。

20220925_0010_15

お仲間からいろいろご期待頂いたようですが、結局はこれで落ち着きました。「シルバーメタル」の屋根に対して客扉には「アルミシルバー」と使い分けていますが、何れも本命用の残りでした。

20220925_0009_15

この角度だとちょっと判りづらいですが、手前の1等車は幕板に黄色いラインが入っています。

後は窓ガラス入れと尾灯配線、レタリングが残りますが、当分手を付けられそうにありません。

 

 

2022年9月25日 (日)

流し撮り

久しぶりにエンドレス組んで、模型を走らせてみました。

折角、前照灯、通過表示灯、尾灯、室内灯と、全ての照明が点灯するので部屋を暗くして、流し撮りをしてみましたが・・・、10数コマ撮影して何とか見られるのがこの1枚(涙)。

20220923_0016_15

いや~、かなり難しいものですね。なかなか満足できるものが撮れませんでした。

 

2022年9月24日 (土)

フリー客車塗装その後

息抜きの塗装の後、モハメイドペーパーさまの予想通り屋根を銀色に塗装しました。この銀色の選択がポイントで、本命のステンレス車両で残った「シルバーメタル」。金属肌ではなく塗装の銀というイメージです。

20220923_0001_15

そして、裾のグレーとの間に0.5㎜のストライプを入れてみました。カッティングシートを0.5㎜幅に切り出して。

20220923_0002_15

まだ2両だけですが、残りの2両にもこの作業をしなければなりません。

所詮、息抜きのフリーですから、合間を見ていろいろ錯誤しつつ、ゆっくり進めます。

 

 

2022年9月23日 (金)

今日の一枚 No.147

1999(平成11)年3月6日の夕刻、五泉駅から村松に向けて、蒲原鉄道のモハ71が発車したのを見送っていました。

19990306_0069n30

遠くの雪を被った山々は、磐梯朝日国立公園の一部でしょうか。

一枚の写真から、様々なことが判ります。蒲原鉄道は無くなってしまいましたが、磐越西線の線路左に見える白い五泉米集商協倉庫と右のダイヤ服飾のビルは、今も変わらずにあるようで、この翌月29日から開始された、C57 180 が12系客車6両を牽いての「SLばんえつ物語号」の運転は、23年を経た今も続いているのです。

 

2022年9月22日 (木)

鉄道150年 記念切手

発売となった9月21日、一応買っておきました。折角なので2シート。

20220921_0001_15

シート左下の標記を見たらなんと、OER3001氏が勤めていた会社。他所の会社でなくて良かった。やはり嬉しいものです。

20220921_0002_15

取り上げられた車両で一番は当然これです! ただ、おそらく経堂工場に搬入直後の写真から起こした画と思われ、パンタグラフが上がっていないのが残念。こう言う所、しっかり監修して欲しいですね。

20220921_0003_15

二番目はこれですよ、151系特急電車。運転台が2階にと宣伝され、パーラーカーを含む豪華さは夢のような存在でした。

20220921_0004_15

そして三番目はモハ90、暗いチョコレート色ばかりだった国鉄電車の中、オレンジ色を纏って現れた101系は衝撃的でした。

20220921_0005_15

夢の超特急と言われて登場した0系新幹線は、当時はイマイチ好きになれない存在でしたが、1号機関車から新幹線に加えてED75とEF510の寝台特急までが描かれた切手シートが、またコレクションに加わりました。

2022年9月21日 (水)

東京駅1968

あのヨンサントウと言われたダイヤ改正直前の1968(昭和43)年8月12日の東京駅、時刻は13時30分頃と思われます。上野方から14番線に入線して来る「ひばり」。

19680812_0001_n13

到着すると「ひばり」が手際よく外されます。

19680812_0002_13

そして「やまびこ」に交換。このヘッドマークは相当重いです。

19680812_0005_13

こうして、実際に持たせて貰ったので良く覚えています。

19680812_0004_13

15番線には新潟からの「とき」も到着。この当時の14-15番線ホームは日中、東北、上越方面への特急が発着していたものです。

19680812_0006_13

今この場所は、東北、上越、北陸新幹線のホームとなっていて、風景は大きく変わりました。

因みに、夢を見ているような想い出の光景にを着色してみました。そうそう、こんな感じだったと思います。

19680812_0001_n13_0000

19680812_0006_13_0000

54年前の記憶が戻ってきましたが、半世紀後はどう変わっているのでしょうか?

 

2022年9月20日 (火)

地中海の木造電車

台風14号の接近による強烈な降雨の合間を縫って、都心へ出掛て来ました。最初はここ。先日の運転会で紛失したと思われるEF65の台車砂箱、ASSYパーツを探索に。丁度雨は止んでくれました。

20220919_0001_15

都バスで向かったのが池袋のこのビル。

Dsc_1144_60

14階のギャラリー路草で開催中の写真展「地中海の木造電車」を見るためでした。

Dsc_1143_60

ちょうど後藤文男さんのお出迎えを頂き、その全てをゆっくり鑑賞させて頂くことができましたので、会場価格で販売されていた写真集を購入。

Dsc_1146_15

折角なのでご本人のサインを添えて頂きました。

Dsc_1147_60

100年前に製造された木造電車が、未だに綺麗に手入れされて活躍しているということに驚愕です。写真展は今日20日(火)16時までです。

 

 

2022年9月19日 (月)

TX

久しぶりにつくばへ出掛けることになり、つくばエクスプレスTXを楽しみます。北千住でTXのホームへ上がると、一番少数のTX3000系が入線して来ました。

20220917_0004_15

たった5編成のTX3000系なので、去りゆく後方を撮っておきました。

20220917_0007_15

乗車予定の列車までの時間で、暫しホーム先端で撮影。直流区間専用のTX1000系が来ました。

20220917_0015_15

続いては最大量数を誇る交直流車TX2000系。前面にV字形の赤い装飾を追加したので、より力強く感じるようになりました。

20220917_0020_15

予定の列車は快速。ほぼ高架の線路を最高時速130キロで飛ばすのは気持ち良く、TX3000系とのすれ違いも一瞬です。

20220917_0024_15

TXは全長20メートル車の6両編成。時速130キロメートルは秒速約36メートル。従って編成長120メートルが通過する時間は3.3秒。2編成がすれ違うのに必要な時間は・・・?

小学校の算数では、こんな問題が大好きでした。

 

 

2022年9月18日 (日)

息抜きの塗装

塗装工程のために、折角ベランダを養生したのだからと、息抜きの塗装もしてしまいました。

とりあえずマスキング不要なので、京王グリーン(旧)をシュッシュッシュッと。乾燥を待って台枠部分を残してマスキングの後、京王床下グレーをシュッシュッシュッ。

これも嬉しいことに、吹き込みなどのマスキングミス無く、テープを剥がしたらこの通り。

20220916_0005_15

嬉しくなって屋根他の塗装が終わっていないのに下回り取り付けて撮影。

20220916_0006_15

フリー客車は気ままとは言え、この後の作業もチマチマいろいろ。まあ所詮息抜きですから楽しんで。

 

2022年9月17日 (土)

塗装はマスキングが全て

大型の台風の動向とか、雨雲の動きとか、なかなか天高く・・・の秋晴れは来ませんね。それでも太陽が顔出したときにはチマチマと進めています。

シューッとかシュッシュッシュッとかの違いはあれど、塗装時間を1とすれば、乾燥時間が4でしょうか。それより時間が掛かるのがマスキングで、18くらいかな?

20220916_0001_15

それを繰り返して漸くここまで来ました。これまでに下塗り工程は別として3種類のシルバーを塗り分け、ブラックとグレーの5色を、マスキング、塗装、乾燥と1:4:18の時間をかけて。

20220916_0004_15

お陰様で、ここまでで塗料のはみ出し、修正は皆無でしたが、ふ~! 息抜きが必要です。

 

2022年9月16日 (金)

遠い日の記録から

OER3001氏が通った中学は、あの大女優になった吉永小百合さんと同じ、渋谷区立中学校でした。とは言っても、吉永さんを見たのは中学1年の時。既に高校生、いやもしかしたら高校卒業後? 校庭で黒山の人だかりでした。

その想い出深い中学の修学旅行は、155系「ひので」での京都・奈良でした。

宝もののハーフサイズカメラCanon・Demiで、バスの車中から慌てて撮っていた一枚がなんと貴重な記録。バスは四条通りを東に向かっていたのでしょうか、いや五条通かな? 鴨川沿いを走る京阪は1000系ではないですか!

1965

もう一枚、電車が写っていました。フィルムの巻き上げがコマ外れで次のコマとダブってしまっているのが残念ですが・・・。

「34」と車号が読み取れます。複雑な経緯を持つ33-34の2両編成ではないですか! レイルロード刊「

京阪電車形式集.3」の25ページを読んでその経緯を知りました。前方の34は後方の33より側窓が1個多く、全長も1m程長いという貴重な記録。この場所いったいどの辺りだったのでしょうか?

19652jpg

その後、これをご覧になった大津市在住のkoganemaruさまからご教示がありました。現在の琵琶湖ホテル前あたりから浜大津方面を撮っていたようで、当時は軌道際まで湖だったということです。道路と線路の間が用水路のように見えた訳が判明しました。koganemaruさまありがとうございました。(2022.9.18追記)

フィルムを全てデジタル化したお陰で、小さなコマに写った画像も、モニターで大きく見ることができて発見した次第です。せっかくこんな貴重な電車が走っていたのに・・・、ただバスに乗せられて神社仏閣巡りに終わった修学旅行。自由時間があったらどんなに素晴らしかったことか。

 

2022年9月15日 (木)

フリー客車床下

サフェーサー姿のフリー客車、フリーだけに手間はかけたくない。費用もかけたくない。安価に気の向くままに楽しみたいと、空き時間に床下機器を製作してみました。

手元在庫の10㎜角材を利用して、先ずは水タンクのつもり。水タンクらしくないって? いいえ、スイスでは斯様な形状なのです、と言ってしまえば良い。

20220914_0003_15

空気溜も木材をドリルレースで端部を球面仕上げしたもの。

20220914_0004_15

これらを適当に付けてしまえば終わり。

20220914_0001_15

一気に4両分完了です。

20220914_0002_15

何せスイス風のイメージ優先フリーですから思うまま。思い返せば1960年前後の時代、模型づくりは手近な材料を駆使して使うというのが主流だったと思います。たまには原点帰りで、こんな工作も楽しいですよ。因みにこの床板も、品名は忘れましたが1㎜厚のペーパーなのです。

 

 

2022年9月14日 (水)

秩父鉄道光景

朝の気持ち良い日差しの下、広瀬川車両基地に佇む12系客車を繋いだデキ201を。

20220911_1006_13

小前田駅方向に移動し、武川から影森方面に向かう貨物列車を撮影。デキ507でした。

20220911_1010_13

貨物のスジは、休日ダイヤでもほぼ1時間間隔で引かれているようですが、運休は少なくないようです。その間は電車を撮影しますが、深谷市らしく深谷葱の畑を入れてみました。

20220911_1024n_14

経営上、斯様なラッピングは大事な収入なのでしょうが、電車ファンとしてはどうしても好きになれません。

20220911_1032_13

電機も色々なカラーが登場していますが、かって松尾鉱業鉄道から譲受した電機のカラーが標準色に。

20220911_1038_13

グリーンで裾にホワイトを入れたデキ505はあまり違和感を感じずに済みます。

20220911_1041_13

でも、旧来のこの色が一番落ち着きますね。秋の花とのショット、なかなか良いでしょ。

20220911_1052_13

いかんいかん、電機に目が行くとつい、また余計な妄想が・・・。

 

 

2022年9月13日 (火)

田舎隠れ家運転会2022.9

9月に入って朝夕はだいぶ爽やかに感じるようになって来た中、田舎隠れ家運転会にお招き頂きました。今回は皆さまがあっと驚く車両群を抱えて伺いました。最初は「つばさ51号」、いや客車の走行方向から「つばさ52号」になったかも知れません。

20220910_0018n15

最初はED75牽引です。モデルは常磐線で活躍した機ですが、固いことは言わない。

20220910_0015_15

残念ながらEF71は所有していないので、ED75からはED78に代わります。

20220910_0020_15

そして次は直流機のEF65へ。

20220910_0033_15 

ED78にはぶどう色の10系軽量客車も牽いてもらいました。

20220910_0026n_15

参加した同行者が「電車は?」とか「今日は小田急無いの?」とか。今回は期待に反しての車両で楽しませて頂きました。

 

2022年9月12日 (月)

ケーブルカーとジオラマ

サンフランシスコは坂道と霧で有名なアメリカ西海岸、カリフォルニア州の北部に位置する都市です。日光・いろは坂どころではない、曲がりくねったロンバード・ストリートの勾配には驚きます。

19880081_13

こうした地形から、市内交通として運行されているケーブルカーは、日本の鉄道開業の翌年1873年の開業と言うから来年で150周年ということに。

19880090_13

寺子屋運転会」の帰路に立ち寄った東北自動車道那須高原サービスエリアでは、そのケーブルカー車両を見ることができます。多分ホンモノかと思われますが、経緯などの詳細はわかりません。ただ悲しいことになんと、ここでは「トロリーバス」と呼んでいるのです。

20220821_sov43_dsc_1074_60

フードコートに立ち入ったところで、これを発見! Nゲージの東北新幹線E-5系が走り回っています。

20220821_sov43_dsc_1072_60

那須のポイントを凝縮したジオラマでした。

20220821_sov43_dsc_1070_60

このジオラマに沿ってテーブルが設けられ、走るNゲージを見ながらの食事が楽しめます。

20220821_sov43_dsc_1071_60

「制作 川島工房」とプレートが貼られていました。

20220821_sov43_dsc_1069_60

調べて見ると、福島県いわき市にある会社のようで、ホームページでもこのジオラマが紹介されていました。ほっとできる空間演出、大歓迎です。

 

 

2022年9月11日 (日)

秩父へ

昨年夏のある日、こんなのを走らせて楽しんでいました。OER3001氏も音の出るC58 363を持っていたのです。

20210819_0004_15

 

そして翌日は、実物の撮影に。

20210820_2086_18

そして今日は、再び秩父鉄道へ出掛けています。どんな収穫が得られるでしょうか?

 

 

2022年9月10日 (土)

只見線

拝観料が必要な景色? ただ見せん!

と言う程景色が良い福島県・会津若松駅新潟県・小出駅までを結ぶ只見線(JR東日本)。

2011(平成23)年7月の豪雨災害によって、長らく不通となっていた会津川口-只見間27.6㎞が、紆余曲折を経て進められた復旧工事により、運転再開が10月1日と発表されました。6日に自治体関係者や報道陣向けの試乗会が会津川口-只見間で実施されたとのこと。その撮影に向かったOER3001氏の友人も何人か居たようです。

豪雨で流失した橋梁は第五(会津川口-本名)、第六(本名-会津越川)、第七(会津横田-会津大塩)只見川橋梁。第五只見川橋梁は2005(平成17)年夏に撮影していました。

20050730_0012_15

この時は会社の仲間との青春18きっぷを使っての“呑み鉄”旅行。小出から乗った列車は蒲生を出て暫く、第八只見川橋梁に差し掛かります。

05073031180039_80

この先、本名で下車、5㎞あまり歩いて向かった民宿で一夜を過ごしました。

翌朝、民宿の親爺さんに早戸-会津宮下間までクルマで送って貰い、そこから会津宮下までの5㎞強、暑い中を歩いて歩いて得られた第三只見川橋梁の撮影でした。

20050731_0016_15

さてさて、10月1日の運転再開が待ち遠しいですが、再びここを歩く勇気と体力はありますかね。機会あれば再訪して見たいです。

 

2022年9月 9日 (金)

東京駅

小学生の頃、「国鉄の駅で、日本で一番高いところにある駅は?」という問いかけがありました。

鉄道が好きだったOER3001氏は、地元の小田急線全駅を暗記していたなど、クラスメイトより“もの知り”だと自信があったので「小海線・野辺山!」と答えたら・・・、なんと「東京」だと。

なんで?? 全ての列車は「下り」で発車するからということで、標高ではなかったのです。それは良いとして、東京駅という存在は何か特別なものを感じざるを得ません。丸の内駅舎は壮観で素晴らしい存在だと思いますが、その全景はなかなかカメラに収めきれません。

20220907_0007n15

背後に高層ビルが建ち、少しアップしなければ威厳が伝わって来ません。

20220907_0006n15

ここまでアップすれば何とか。とは言え、この中央部の屋根は北口、南口のドーム経常に比べると貧相です。

20220907_0008n15

折角なので、和田蔵門まで下がって御幸通りの街灯を入れてみましたが、今度は背後のビルや屋上サイン、クレーンが邪魔になります。

20220907_0022_15

雨が降り出しそうな天気だったので人出が少なかったですが、好天時だと撮影に苦労します。

 

 

2022年9月 8日 (木)

この日のお買い上げ

怪しい天候の中、都心までお出掛け。いつものように複数箇所に向かえるように、フリーきっぷを使って交通費節約です。

そして最後に立ち寄ったところでゲットしたのはこれら、合計301円(税込)です。

20220907_0025_15

黄色いのは直径14㎜の26枚歯。白いのは直径5.1㎜で8枚歯。組み合わせれば歯数比3.25となりますね。さてどうしたものか・・・。

 

 

 

«ウォーキングの序で撮り

フォト
2022年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

他社線ご案内

無料ブログはココログ