« 今日の一枚 No.8 | トップページ | 今日の一枚 No.10 »

2020年4月22日 (水)

今日の一枚 No.9

1978(昭和53)年10月のこと、今まで半世紀に渡り良き友人としてお付き合い頂いているきぬやまスカンクさまのお誘いで、まだ新婚だったOER3001氏夫妻は、福島県内への旅行に行きました。 東北新幹線が無かった時代、往路は14系客車の「つばさ51号」と記憶しています。

きぬやまスカンクさまのホスピタリティ溢れるお心遣いで、山奥の温泉宿、五色沼、磐梯などを巡りましたが、途中ではしばしば‘撮り鉄’でした。

19781010_061318__16

生憎、磐梯山は雲に隠れていましたが、ED77牽く福島行き客車列車と、きぬやまスカンクさまと愛車と絡めて撮っておきました。 若い時代の良き思い出です。 きぬやまスカンクさま、これまでありがとうございました。 そしてこれからもよろしくお願いいたします。

 

 

« 今日の一枚 No.8 | トップページ | 今日の一枚 No.10 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

鉄道(国鉄・JR)」カテゴリの記事

今日の一枚」カテゴリの記事

コメント

走り屋さんのきぬやまスカンクさんですから、当時からカッコいいサニークーペに乗っていたのですね。ホイールもいいものをはいているし。後部座席はすこし窮屈じゃなかったのかな?

 最初からこの構図を考えて立ち位置を決めたのではないと思うけど、結果としていい記録になりましたね。

ぼっちぼち さま
そうそう、カッコいい方でしたからね(今も?)。サニークーペ、もしかしてキャリフォルニアだったか、確かに後部席の家内には少々気の毒でした。

モハメイドペーパー さま
画面後方から迫る列車を正面から撮影後、ホッとして振り返ったらこの構図でした。良い思い出です。まだご本人はお元気なので何よりです。

やや、これは大変な物を。あれから、42年も経ってしまいましたか。あのサニークーペの写真は、私は一枚もないのです。後席はさぞや窮屈だったでしょうね、申し訳ありませんでした。当時は何たって2ドアの車に入れ込んでいましたもので。ED77も今や貴重な一枚になってしまいました。あの頃は、車さえあれば何処へでも出掛ける気でいました。今や、コロナウイルスの所為で出掛けることすら出来ず、只管家に籠もって模型作りに没頭するしかなさそうです。今日午前中は、草刈りに励んでいました。あと二日はかかりそうで、くたびれますが、気晴らしにはなるかもです。皆様も外出もままならず、どうか十二分にご注意下さるよう願っております。

きぬやまスカンク さま
コメントをありがとうございます。 その節は本当にお世話になりました。一生の思い出になっています。シニア世代になっても若い頃の思い出は消えないものです。コロナ禍が治まったら、またたくさんの思い出を作り上げたいですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 今日の一枚 No.8 | トップページ | 今日の一枚 No.10 »

フォト
2021年9月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

他社線ご案内

無料ブログはココログ