« 室内灯への試み | トップページ | 電気的接続の試み »

2020年6月21日 (日)

今日の一枚 No.44

先にサンフランシスコのMUNIを取り上げました。

しかしやっぱり日本人が思い浮かべるサンフランシスコの風景にはやっぱりコレでしょうね、ケーブルカー。 アルカトラズ島を背景に、急坂を登って来ました。

1984_0183_15

サンフランシスコには3系統の路線が有ったと思いますが、こちらはPowell & Hyde Sts.の路線。 運営はSan Francisco Municipal Raikway と車体に掛かれているように、ケーブルカーと言えど立派な鉄道なのですね。

もう一つの路線がこちら、少々車体大きいようです。 Van Ness Ave.,California & Market Streets とあります。もっと良く観察して来るべきでしたが、この2路線は何と、この交差点で交差しているのです。

19880013_

ケーブルの交差ってどうなっているのでしょう? 謎が深まるばかりです。

 

 

 

« 室内灯への試み | トップページ | 電気的接続の試み »

今日の一枚」カテゴリの記事

鉄道(海外)」カテゴリの記事

コメント

サンフランシスコと言えば、オフの日にフィシャマンズワーフでバドワーザーを飲みながらクラムチャウダを食べて、お上りさんを楽しんだことが懐かしいです。

交差点の手前でグリップを離し、惰性で交差点通過した後再度握る
との事です。
リタイアしたグリップマンだった方から昔教わりました。

ぼっちぼち さま
フィシャマンズワーフ、このPowell & Hyde Sts線で終点降りれば直ぐですよね。バドワーザーでクラムチャウダーは定番です。OER3001氏はそれにシュリンプカクテルとキャリフォルニアワインまで(笑)。

ぬか屋 さま
やっぱりそうですか。それにしても道路下で2本のケーブルが直角に交わって回っているのでしょ。良く接触して擦れないものですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 室内灯への試み | トップページ | 電気的接続の試み »

フォト
2021年9月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

他社線ご案内

無料ブログはココログ