« SBB | トップページ | 想い出の光景:7 »

2020年11月 3日 (火)

DB420形電車

先のSBBに続き、DBも走らせてみました。 420形電車です。

420形電車は、1972年開催のミュンヘンオリンピックに合わせて開業したミュンヘンSバーンに導入する目的で、旧西ドイツ国鉄が開発した車両であったことから、オリンピック電車と呼ばれたものです。

モデルはRöwa(レーヴァ、西ドイツ)の製品。 Röwaはプラスチックの射出成型技術をもって、質の高い製品を製造し、TRIXにも供給していたようですが、1975年に倒産。 その後は一部製品がRocoブランドで販売されていました。

当時、銀座・天賞堂でこの製品を見つけ、好ましいスタイルが気に入って、どういうわけか買ってしまいましたが、日頃の運転会などでは走らせる機会も無いままに、ガラスケースに眠っていた次第です。

20201031_0021_15

が今回、走らせてみることにしました。

3両編成のこの模型は、3ピンの電気接点を持つカプラーで連結しないと走らない構造のため、運転前に1両づつ転換することができません。 連結して線路に乗せて、恐る恐る電流を流して・・・、

20201031_0016_15

大丈夫、最初は少々ぎこちなくも徐々にスムーズな走りを取り戻し、大きめのエンドレスを快調に走ってくれました。

20201031_0017_15

実物を見たのは模型購入から数年後、1980年晩秋、いや初冬とも言えそうな小雪舞うミュンヘン近郊ででした。

19801103in004217_mnchen_15

交流15,000V、16.7Hzで走るこの電車、サイリスタ位相制御で最高速度は120km/hを出すのですね。 3両全てが電動車で、何と驚くことに吊り掛け式駆動だと。 ミンデン式台車に不釣り合いと思うのは小生だけでしょうか。

おまけに車両間の貫通路は無く、妻板部分はロングシートのような座席だったのが驚きでした。

 

« SBB | トップページ | 想い出の光景:7 »

鉄道模型(海外)」カテゴリの記事

コメント

DB420形電車、いいですね。たしかオレンジ色?もあったような。天賞堂で見かけてほしいなと思っていたのですが、資金調達ができた時には無くなっていました。
DBの車両は、103形電気機関車を所有しています。

八千代運転所 さま
420形電車にはオレンジとワインレッドもありました。ブルーはMünchen地区の筈でしたが、小生が訪れた時にはブルーとオレンジ連結の6連も走っていました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« SBB | トップページ | 想い出の光景:7 »

フォト
2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

他社線ご案内

無料ブログはココログ