« 1972年の小田急集合 | トップページ | 秋の色 »

2020年11月22日 (日)

想い出の光景:8

時は1970(昭和45)年 4月5日のこと、長閑な田園地帯で華やかなロマンスカーNSE車のすれ違いです。 

ここがどこだか判る方はかなりの年配者かと思います。 線路と平行している道路は津久井道です。

19700405_0027_15

同じ年の秋、11月8日にほぼ同じ場所で撮影していますが、田圃には刈り取った稲が干してありました。

19701108_0036_15

この場所はその後、手前左方にカーブしている線路をカメラを構えている場所方向に直線とし、新百合ヶ丘駅の新設、多摩線建設と変わって行きました。 建設工事の進捗と共に木々は伐採され、立ち入ることができなくなってしまいました。

今は川崎市麻生区万福寺1丁目17−1、小田急アコルデ新百合ヶ丘北館の辺りと思われますが、この眺めが気に入って、何度か撮影に訪れていたものでした。

 

 

« 1972年の小田急集合 | トップページ | 秋の色 »

鉄道(小田急)」カテゴリの記事

想い出の光景」カテゴリの記事

コメント

 かなりの年輩者です。画面の右奥が百合ヶ丘ですね。画面中央の踏切からとか、街道上からは何度か撮ったことがありますが、こちら側には行かなかった。昭和45年でもこのあたりは立派な田舎ですね。

昭和45年はCedarが大学に入った年です、入学してすぐ仲良くなった女子が百合ガ丘に住んでいて、下北沢あたりでデート後よく送って行ったんですが、駅前以外は田舎っぽくって映画「駅前団地」そのままじゃんと思いました~なんてのも懐かしいですね

◆ モハメイドペーパー さま
この辺りでは当然撮っていらっしゃることと思っていました。 小生の撮影場所は、藪をかき分けて昇った場所なので、若くないと無理だったと思いますよ。


◆ Cedar さま
入学して直ぐに彼女を見つけるなど、羨ましい限りです。 小生の大学キャンパスにはほとんど女子は居ませんでした。 工学部って当時はそんなものでしたが、今は女子多くなりましたからね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 1972年の小田急集合 | トップページ | 秋の色 »

フォト
2021年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

他社線ご案内

無料ブログはココログ