« 罫書きと窓抜き | トップページ | 想い出の光景:25 »

2021年2月27日 (土)

ベルンの路面電車

アムステルダムの路面電車を見た後は、憧れの国際列車TEE乗車を堪能したのですが、このことはまた別の機会にご紹介するとして、その夜はベルンに一泊。翌日の過激行動前の“朝練”をベルンで行いました。

生憎ここだけは手持ちフィルム本数の関係から、ネガフィルムでの撮影。最初は朝陽を受けてホテルから程近くの、有名らしいカラフルな噴水のモニュメント前から一枚。1354 年、ベルン初の病院を設立したアンナ ザイラーの像だそうですが、貴重なフィルムでその像は撮っていないのがOER3001氏。フィルムがかなり黄変していてがっかりです。

Img_20210225_00020_19790719_15 

この日もまた、ベルンからICで移動する関係から駅に向かう路上での撮影でした。大きな荷物を抱えながらの撮影は楽ではありません。3車体連接が来ました。

Img_20210225_00080_19790719_15

駅方向への曲がり角で、交戦状態の良い場所を見付けました。これは古いボギー車が付随車を牽引しています。

Img_20210225_00090_19790719_15 

今度は3車体連接が。前々画像と同型ですが、こちらは「12」号のようです。オデコの「9」は運行系統のようです。

Img_20210225_00110_19790719_15

今度はボギー車の2両編成、「121」号です。古い歴史を感じるベルンの街並みに、このグリーンとクリームのツートーンカラーは良く似合うと思います。

Img_20210225_00120_19790719_15

ベルンをもっと歩いて見たかったと思いつつ、僅かな時間でここを去るのはとても残念でした。

 

« 罫書きと窓抜き | トップページ | 想い出の光景:25 »

鉄道(海外)」カテゴリの記事

鉄道(路面電車)」カテゴリの記事

コメント

ベルン旧市街地の噴水の像の間を往くトラムは画に
なりますね。
同じ軌間のベルン・ゾロトゥルン地域鉄道(RBS)
が乗り入れており系統はアルファベット表示なので
区別がつきました。

ぬか屋 さま
ベルンにはもっと長く滞在したかったのですが・・・。
僅か1週間で欲望を全部かなえるなど、所詮無理な話でしたから。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 罫書きと窓抜き | トップページ | 想い出の光景:25 »

フォト
2021年9月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

他社線ご案内

無料ブログはココログ