« 今日の一枚 No.101 | トップページ | 踏切で電車を »

2021年3月 2日 (火)

バーゼルの路面電車

1979(昭和54)年7月19日、ベルンの路面電車を見た後はICに乗車、フランス、西ドイツ(現ドイツ)と国境を接するバーゼル(Basel)に向かいました。スイス国鉄の駅は「バーゼルSBB」ですが、フランス国鉄の「バーゼルSNCF」と一体となった駅で、プラットホームに事実上の国境が設けられているという、日本人には驚愕のものです。

こちらがそのバーゼルSBB駅の正面。SNCF駅は右方向になります。左のビル屋上に、今は無き「SANYO」のロゴマークが見えたのに違和感を抱いたものです。

19790719in001915_basel_17

しかしこの駅前が路面電車のターミナルとなっていて、グリーンの電車が頻繁に発着しています。

19790719in001916_basel_17

あまり新しい車両には出会えず、まだボギー車や2車体連接車が主流でした。

19790719in001917_basel_17

こちらはどう見ても西ドイツ製デュヴァグ(Duewag)カーです。

19790719in001918_basel_17

今では広島電鉄にも、芝生の軌道が出来ましたが、この当時は軌道に芝生が敷かれている姿に感動したものです。

19790719in001920_basel_17

 

19790719in002002_basel_17

ここも然程長くない滞在時間で、たくさんの路面電車を記録することが出来ました。

19790719in002003_basel_17

短い休暇の最大活用の慌ただしい旅、この後はまた他の地へ向かいました。

 

 

« 今日の一枚 No.101 | トップページ | 踏切で電車を »

鉄道(海外)」カテゴリの記事

鉄道(路面電車)」カテゴリの記事

コメント

 メーターゲージにしてもかなり細身ですね。車体幅は都電よりも狭いくらいでしょうか。

モハメイドペーパー さま
残念ながら諸元などは存じておりませんが、車体前後方向が絞られていることもあって、スリムに見えますね。

花壇が美しい・・・、ヨーロッパの夏ですね。

ぼっちぼち さま
はい、流石にこれがヨーロッパなんだな~と感激したものですが・・・、
今日の様子をGoogleで見たら、無機質な広場に改造されてしまったようです。
https://www.google.co.jp/maps/@47.5486635,7.5906428,3a,75y,212.22h,100.83t/data=!3m8!1e1!3m6!1sAF1QipPVHhYc5yv5SQyX5_CKmcOUTj0LD-lDeFXrPk55!2e10!3e11!6shttps:%2F%2Flh5.googleusercontent.com%2Fp%2FAF1QipPVHhYc5yv5SQyX5_CKmcOUTj0LD-lDeFXrPk55%3Dw203-h100-k-no-pi-0-ya126.68235-ro-0-fo100!7i8704!8i4352?hl=ja

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 今日の一枚 No.101 | トップページ | 踏切で電車を »

フォト
2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

他社線ご案内

無料ブログはココログ