« 京王寸描 | トップページ | 10年経った3.11 »

2021年3月10日 (水)

チューリッヒの路面電車

バーゼル(Basel、Bâle)の路面電車を見た日、次に向かった場所はチューリッヒ(Zürich)でした。スイス連邦鉄道(SBB,CFF,FFS)のチューリッヒ中央駅(Zürich Hbf)は、チューリッヒ湖(Zürichsee)から流れるリマト川に突き当たるような形の頭端式です。

19790719in002211_zrich_15

この中央駅前から、路面電車は縦横に路線を伸ばしています。駅周辺をちょっと歩き出せば、路面電車に出会えるのは最高です。写真を見て気付きましたが右のワーゲンのナンバー、「ZH」とあるのはチューリッヒなのですね。

19790719in002204_zrich_15

ボビー車が付随車を連結した2両編成です。

19790719in002205_zrich_15

こちらは3車体連接車の“重連”、堂々としていてカッコイイです。

19790719in002208_zrich_15

ボギー車の単行が、軽快に見えてしまいます。

19790719in002209_zrich_15

3車体連接の重連は、どうも「7」系統に充当されているようです。

19790719in002210_zrich_15

リマト川に架かる橋の上ですが、河川への電力線が!

19790719in002212_zrich_15

チューリッヒ中央駅前に戻ってきました。ヨーロッパの街には必ずと行って良いほど、歴史上の人物像が建てられていますが、この方は何方だったのか・・・? 

19790719in002214_zrich_15

路面電車の停車場と並んで、トロリーバスの停留場もありました。電車と同じ塗装です。

19790719in002216_zrich_15

人物像の直前を、3車体連接車が発車して行きました。アルフレッド・エッシャー(Alfred Escher)と言う人物、スイスの政治家で起業家、鉄道王とも賞されていた人物の像だと言うことを、今になって知った次第。

19790719in002217_zrich_15

リマト川を渡って来たのはこの当時の最新型車両“トラム2000”、電気品は三菱電機製だと聞きました。2車体連接車の重連です。

19790719in002218_zrich_15

先の3車体連接車がボギー車を連結した運用もありました。

19790719in002219_zrich_15

日本語地図に「バンホフ通り」と記載されている、チューリッヒ中央駅前から伸びる歩行者・路面電車専用道路が、鉄道好きにはこの上ない天国です。

19790719in002306_zrich_15

永世中立国ということもあるのか、スイス国旗を大切に掲げた街並みがまた素晴らしいです。

19790719in002307_zrich_15_20210308110501

銀座通りをこのように都電と歩行者専用にすることを考えなかった日本人。悲しいとしか言えませんね。チューリッヒは環境保護視点から、市内交通を路面電車、トロリーバスを柱とする交通政策を採っているようで、大いに学ばなければならない筈です。

 

« 京王寸描 | トップページ | 10年経った3.11 »

鉄道(海外)」カテゴリの記事

鉄道(路面電車)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 京王寸描 | トップページ | 10年経った3.11 »

フォト
2021年9月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

他社線ご案内

無料ブログはココログ