« バーゼルの路面電車 | トップページ | 想い出の光景:26 »

2021年3月 3日 (水)

踏切で電車を

年に数回、仕事で訪れる湘南は辻堂。いつもの通り小田急で藤沢へ。そこから一駅はこの電車で。

20210301_0007_17

ところが今回は約束時間を間違えて、なんと1時間の早着。いやはや遅刻で無くて何よりでした。1時間の過ごし方に迷いはありません。日頃から気になっていた踏切まで15分ほど歩いて見ました。

20210301_0011_17  

この踏切、「辻堂踏切」と言うのだそうで、前々コマ藤沢駅に東京起点51㎞のキロポストがあり、辻堂駅のキロ程は54.8㎞ですから、1㎞ほど藤沢方向に戻った場所となります。

20210301_0013_17

この踏切海側の鉄道用地柵は古いPC枕木です。これレイアウトにも参考になります。

20210301_0014_17

光線状態もよろしいので、ここで暫し撮影としました。いつも携帯しているコンデジです。先ずは「快速・高崎線内普通」のE231系が。

20210301_0010_17

次は「快速・上野東京ライン」のE231系。

20210301_0012_17

走る去る後ろも撮ったら、こちらはE233系、残念ながら表示は切れて解読不能。

20210301_0015_17

今度はまたまたE231系で「高崎線直通」。

20210301_0016_17

踏切に迫り来るE233系を狙って退散としました。

20210301_0017_17

特急や貨物を期待したのですが、この時間内では残念ながら撮ることが出来ませんでした。

 

 

« バーゼルの路面電車 | トップページ | 想い出の光景:26 »

鉄道(国鉄・JR)」カテゴリの記事

コメント

 無味乾燥の代名詞みたいにいわれる電車ですが、メーカーによって車体細部に違いがあるし、E231系は小山と国府津の編成では7~9号車のMM’ユニットの位置が異なっています。それがどうしたといわれればそれまでですが。

モハメイドペーパー さま
OER3001氏には、メーカーによる細部の違いを理解していません。なかなかそこまで観察したくなる対象でもないもので・・・。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« バーゼルの路面電車 | トップページ | 想い出の光景:26 »

フォト
2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

他社線ご案内

無料ブログはココログ