« 今日の一枚 No.112 | トップページ | ロマンスカーミュージアムのジオラマ »

2021年4月24日 (土)

貸付財産票

「まん延防止等重点措置」発令中の、やむを得ない都心への外出の帰路は、混んだ電車に乗ることを避け、座席指定料金410円を支払うことにしました。

座席はいつものようにスマホで1号車5D席を購入。ホームで到着を待つ間に斯様な撮影をしていたら・・・。

20210417_0032_15

1・2番ホーム先端の柱にこんな表示が!

「貸付財産票」、京王線新宿駅の乗降場として2,124平方メートルが、昭和63年3月8日以来東日本旅客鉄道から貸し付けられていたということを示す内容です。

20210417_0031_15

なるほど、思えばあの戦争で東京が壊滅的被害を受けたとき、それまで“甲州街道上を進んで来た京王線”はと言うより、京王線の始点は国鉄を越えて新宿御苑手前の追分だったのを、急遽国鉄駅隣の小田急駅の西側に設けたのがことの起こりだったと言うことを思い出しました。京王の用地では無くずっと国鉄から貸し付けられていたのですね。

そこで今は、5000系を迎えます。

20210417_0033_15

橋本行き“京王ライナー35号”となるこれで、密を避けてのゆったり帰宅でした。

20210417_0036_15

すっかり快適な座席指定列車まで走るようになった京王線、OER3001氏には地上駅時代の板張りホームから、14m小型車に乗った頃の想い出が蘇ってきました。

 

« 今日の一枚 No.112 | トップページ | ロマンスカーミュージアムのジオラマ »

鉄道(大手民鉄)」カテゴリの記事

鉄道(施設)」カテゴリの記事

コメント

新宿に限らず、大きな駅は地権が複雑なんですね。小田急のホーム先端部はどうなのだろうか。

モハメイドペーパー さま
そうなのですね。こうした改良工事は至る所で行われていますが、地権って譲渡しないのですね。地代を未来永遠に払うのですかね。

むかし仕事で知合ったJRの人曰く、都内の土地は財産だから売却譲渡はまずない、と言ってましたね~もともとは税金で買ってるのにエラソーだな、と思いましたけど~(ww)

Cedar さま
やっぱりそうなのですね。だとすれば、未来永遠に地代収入があるということで、品川の改良工事でも京急が借用することになるのですね。逆に、渋谷ではJRが東急に支払う?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 今日の一枚 No.112 | トップページ | ロマンスカーミュージアムのジオラマ »

フォト
2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

他社線ご案内

無料ブログはココログ