« 2021年5月 | トップページ | 2021年7月 »

2021年6月

2021年6月30日 (水)

6.29と言う日

久しぶりに朝の電車に乗ることになりましたが、新型コロナ感染防止対策として座席指定としました。

Dsc_0340

スマホで予約した時点では、結構好きな席を選択できる状態だったのに、実際に乗車してみたらほぼ満席。結構女性客も多いのに驚きました。

Dsc_0341

で、向かった先はここ。 昨年は出席自粛で3年ぶりでした。

Dsc_0344

所定の議案が審議されて終了! 所謂お土産は無いのですが、現行の通勤車両全形式のクリアファイルは初めて見ました。これが何よりのお土産です。

Photo_20210629181301 (左が表、右が裏)

 

京王ライナーに乗って小田急へ? まあイイじゃ無いですか。

 

 

2021年6月29日 (火)

今日の一枚 No.123

西の方の話しによれば、当時の塗色になって最後まで残った山陽電鉄3030×4のお別れ運転が、6月26日に行われたようです。

山陽電鉄の車両は永年神戸川崎車輌、川崎重工製の車両で、電装品が三菱電機と、小田急にも似た感じがして惹かれていたものでした。

19780809_060908_15

これは1972(昭和47)年製の3050-3051-3530-3630と思われます。確か西代で撮っています。今は線路が地下化されているのですね。

ここまで入力した後でファイルを見ていたら、下の画像が見つかりました。先頭が3050ですから同じ編成でした。

19830407_0011_n_15

1983(昭和58)年の出張時の空き時間を使っての寄り道でしたが、ここは御影辺りだったでしょうか。真面目にフィルム整理していなかったので記憶が薄らいでしまいました。

 

 

 

2021年6月28日 (月)

やった~!

って、なにが?

はい、大したことは無いのですが、同一車両の山側/海側の写真が撮れました。やっとです。ちょっとした達成感を味わっています。その中からこの1両を。

姿を消しつつある1000形ワイドドア車、1756Fの3号車サハ1856です。こちらは山側、元4両編成の新宿方クハ1555の運転撤去が左方。

20210617_102330

こちらが海側、運転台撤去が右方です。

20210617_108635

こんなことに執念燃やす人も居ないかも知れませんが、実はこのために線路端へのウォーキング&撮影を続けていました。

2回目の新型コロナワクチン接種を終え、左肩の痛みが消えない中、午前中に山側を。午後にクルマで海側の撮影ができる場所に行きました。折からよみうりランド前駅で人身事故、向ヶ丘遊園~新百合ヶ丘間が不通、ダイヤ大幅乱れの中での収穫でした。

 

2021年6月27日 (日)

再訪:ロマンスカーミュージアム

4月19日に開業したロマンスカーミュージアム、初訪問は開業3日目の21日でしたが・・・、

2ヶ月後の6月25日、所用で大阪から急遽来られた友人と落ち合うことができました。そこで、スマートフォンを持っていない友人のため、OER3001氏のスマホで入館予約を検索するとなんと! 夕刻時間帯は直ぐにでも予約できる状況ではありませんか。ということで早速、新百合ヶ丘から海老名に急行しました。

2度目なので勝手知ったる館内、夕刻の入館者が少ない時間帯で、前回は叶わなかった人が映り込まない情景の撮影に専念しました。19日にご逝去された生方良雄さんの業績が並び、あらためてご冥福をお祈りしました。

20210625_2016_15

反対側も来館者を入れずに撮れましたが、これが精一杯。左の20000形RSEを入れようとすれば、どうしても来館者を除くことができなかったので、それはまた次回訪問の時にトライしましょう。

20210625_2037_15

2階のジオラマも、無人状態で撮ることができました。

20210625_2038_15

そして今回は遠路来られた友人と、行き交う電車を眺められるミュージアムクラブハウスで、ゆっくりコーヒーを楽しみながらの会話に興じました。

Photo_20210626103701

入館料900円、その価値をどう見るか?

今回は夕刻に有効に予約・入館、ほぼ1時間半の見学。悪くないかなと思いました。

 

 

2021年6月26日 (土)

小田急永山の47年

新百合ヶ丘から分岐する小田急多摩線の開業は1974(昭和49)年6月1日、小田急永山駅までの開業でした。プラットホームは1番ホームのみの使用。新百合ヶ丘方に渡り線が仮設され、到着した下り列車が折り返していました。

右隣は工事中の京王永山駅。京王はこの当時、京王多摩センターまでの工事真っ只中でした。

19740601_1013__12(再掲)

それから47年、改めて見ると随分と変わっていることに驚きます。左側の木が大きく育ち、枝で視界が遮られるホーム上屋は10両編成対応に延長され、同様に京王永山駅もその内部を望むことは不可能になりました。

20210507_0010_15_20210625115901 (再掲)

実は昨日のCedarさまからのコメント「可動ブラケット式だったのが普通の懸架式に変わっている」で刺激されました。そう言えば小田急多摩線は、将来の高速運転も可能なように、全線にわたり道路とは立体交差、曲線半径は1,000~3,500mの大半径(新百合ヶ丘取り付け部のみ555m)とし、架線設備も新幹線並みだと聞いていた記憶が戻りました。

下の写真はそれを示すように、諏訪隧道を駆け抜けてきた1700形のパンタグラフが接する架線、しっかり可動ブラケットに支持されています。

19740601_1015_13

同じ場所での今日の状況を示したくとも、今はこんなに線路近くに立ち入ることはできません。

諏訪隧道手前には電車見橋が架けられ、線路両側にはがっちりした柵が設けられてしまい、これが精一杯です。

20210507_0013_15

それでも架線支持が変わっていることは確認できます。

この変化がいつ頃だったのか? 撮りだめた写真を頼りに調査してみることにしましょうか。

 

 

2021年6月25日 (金)

通い続ける撮影地

ここ1ヶ月以上続けたこの地へのウォーキング&撮影、京王線に遮られること無く3000形1次車と8000形の10両編成も収めています。

20210620_1025_20

同じ場所で33年前に撮っていたのは、「ガーデンシティ88」のヘッドマークを掲げた5000形。周囲の木々がまだ育っていない様子でした。

19880503_141407__12

それが今では相当茂り、京王の架線柱も交換され、しかもやって来た5000形はステンレスに変わっています。

20210608_1017_20

線路や閉塞信号機の位置こそ変化はないものの、木々の生長は撮影できたアングルが撮影不能になってしまうなど、30年の変化は大きいです。

 

 

 

 

2021年6月24日 (木)

追悼 生方良雄さん

生方良雄さんご逝去との報せを受けてしまいました。本日6月24日、告別式が執り行われます。

OER3001を名乗る小生が、生方良雄さんというお名前を知ったのはこの雑誌でした。1963年4月号、小学6年生で手にした1冊で、教科書以上に何度も何度も読んだ雑誌。痛まないように特別のカバーをかけて保存していました。

Photo_20210623184701

その中のこの記事を何度も熟読することで、小田急に興味が深まり、ますますファンになって行くことになった次第です。

20210623_0001_15

高校時代から入会した鉄道友の会を通じて、憧れていた生方さんに接することが接することもでき、とても嬉しかったことが思い出されます。

1973年の海老名車両基地を見学したときには、ご子息を連れて来られた生方さんが、メンバー諸氏と和やかに懇談しているお姿を撮っていました。生方さんの視線は故吉村光夫氏です。左背中はモハメイドペーパーさま、右の背中はK.Aさんと、趣味のお仲間たちで楽しいひとときでした。

197304_20190124_0001_12

1981年7月の暑い日でした。小田急電鉄社内有志によって開催された1800形お別れ会では、これまでの1800形の想い出やご苦労をスピーチ頂きました。斯様な小田急社内行事にお声掛け頂いたのも、生方さんのご配慮だったと思います。

19810711_100115__12

ロマンスカー3000形が引退となる1992年、唐木田車庫でのお別れ式でもSSE車にワインを捧げて居られました。

19920215_0134n_12

いつもカッコ良く中折れ帽をかぶり、穏やかな笑みで接してくださった生方さん。優しいながらも仕事に厳しそうな面も感じられた紳士でした。そして何よりも、小田急のこと、小田急電車のことを中心に、鉄道界の貴重な記録をまとめ、多くの著作を残してくださりました。

20210623_0003_15

大学の大先輩としても、大切な方でした。永きにわたり大変お世話になり、多くのことをご教示くださりましたこと、感謝の念に堪えません。

1925(大正14)年のお生まれで享年96歳。 謹んでご冥福をお祈りします。

 

 

2021年6月23日 (水)

今日の一枚 No.122

狙ってもいないのに、運悪く撮れた3列車。

いつものウォーキング&撮影、この日もはっきりしない天気でした。お目当ての車両運用が無いことが判明したので、適当に撮っておこうとしたものの・・・、併走を引き付けて撮ろうと思ったらその間に割って入るのが現れて!

20210622_1017_20

仕方ないのでこれで撮っておきました。

 

2021年6月22日 (火)

燃料電池バス「SORA」

トヨタ自動車(株)が発売した燃料電池バス「SORA」、地球の水の循環を表した、Sky、Ocean、River、Airの頭文字をつなげたネーミングですが、都バスを中心にだいぶ見かけるようになりました。

Sora(画像はトヨタ公式Webより)

東京モーターショーで初めて見たとき、なんと未来的なバスかと思ったことを覚えています。それが遂に我が街にも。こちらは「多摩200 こ ・・・2」のナンバーを付けたJ002車です。

20210514_0006_15

斜め後方からは斯様な感じ。

20210514_0010_15

隣に並んだ神奈中バスと比べて高い屋根が目立ちます。

20210514_0003_15

こちらは「多摩200 を  ・・・1」のナンバーを付けたJ001車。

20210514_0007_15

その後方も撮っておきました。

20210514_0002_15

因みにこの隣には京王ライナーラッピングの京王バス。

20210514_0004_15

本家京王ライナーを忠実に模している様子がわかると思います。

20210613_1114_18

ふと、駅に向かう途中でバスの見学。特にバスファンに転じたわけではありませんので念のため。

 

 

2021年6月21日 (月)

角速度とドップラー効果

久しぶりに物理学を思い出しての撮影でした。これを社会学的表現に変換すると“隙間電車”となるようです(笑)。

すっかり定着した感がある“隙間電車”という呼び方。おそらく「隙間で隙間電車」をアップされたCedarさまが最初に使われたと思っていますが、Cedarさまの都会とは違う雰囲気でも。

20210619_1037_20

なかなかタイミングが難儀です。

20210619_1038_20

距離がある向こう側の電車なら多少は楽ですが・・・

20210619_1039_20

いや~、なかなか難しいものです。

20210619_1041_20

それにしても、通い慣れた場所だからこそ、こんなフィルム時代にはできなかった“無駄撮り”までできる余裕が。

 

 

2021年6月20日 (日)

遂にGet!

5月18日以来の線路端へのウォーキングは、酷い降雨で無い限りほぼ毎日続けていましたがまさに「継続は力なり」です。

梅雨入りしたのでこの日も朝からシトシト降り続く雨でしたが、時折止むことも。傘を差して線路端に着いたその時、友人から「今日運用に就いているらしい」とのメール。まもなくやって来たのが待望のこの編成でした。

 

1756

20210619_1007_1756__20

 

1706

20210619_1006_1706__20

 

1806

20210619_1005_1806__20

 

1856

20210619_1004_1856__20

 

1906

20210619_1003_1906__20

 

1956

20210619_1002_1956__20

 

未更新の1000形には廃車も発生しており、ホームドア整備の進捗によって活躍の場が狭くなっているワイドドア車。4両編成車を分割して中間に入れた1700形6両編成の中間サハは、中間車改造したクハの向きによって車体の向き、床下機器配置が異なります。

何故かこのバージョンだけ、なかなか撮れなかったのがやっと! 達成感を味わうことができました。

 

2021年6月19日 (土)

併走の魅力

模型じゃなくホンモノの併走は迫力があります。その姿を狙おうとしても、なかなかタイミングが合わないことが多く、皆さまもご苦労されていらっしゃることと思います。

多摩ニュータウン内に乗り入れる小田急と京王は、それぞれ永山駅手前から多摩センター駅までの区間で並んで走ります。ここのところの日課のウォーキングで訪れる撮影場所から、そのいくつかを取り上げます。

先ずは6月7日の15:10上り、小田急は3000形各停と京王の9000系区間急行、共に多摩センター駅発15:09ですが、手前の京王の方が加速が良いようで、手前に来たときには小田急が隠れてしまいました。

20210607_1028_20

6月13日13:00の下り、小田急は1000形ワイドドア編成でダイヤ上では永山発12:59、京王は9000系区間急行、ダイヤ上では永山発12:58。やっぱり京王が若干早く目前を通過するのでこれより手前での捕獲はできませんでした。

20210613_1063_20

6月18日10:41の上り、小田急は3000形各停、後ろから追い上げて来た京王は9000系各停、どちらも同じ10:40発です。

20210618_1008_20

併走を狙う目的では無いので、時には撮影対象が遮られてしまうこともあります。6月8日14:31にはこんなことになってしまいました。小田急の新5000形を狙おうと思ったら、サンリオラッピングの9000系に遮られてしまいました。上りの都電(都10-000系)がもっと遅かったら最悪でした。

20210608_1005_20

この場所は誰にも邪魔されないので良い場所なのですが、この季節は蚊に邪魔されます。カメラを構える手でさえ噛まれたことがあってから、長袖、木綿の手袋、ハット、かゆみ止めが必需品です。

 

 

 

2021年6月18日 (金)

併結運転の魅力

先頭車同士が顔を合わせた併結運転って、どう言う訳か魅力的ですよね。幸い小田急ではまだよく見ることができます。

8000形4連と3000形6連。

20210605_1013_20 20210608_1007_20

8000形同士の4+6連。

20210605_1065_20 

20210616_1002_20 

他に1000形+3000形もあるのですが、待っていると来ない(涙)。

京王では7000系に見られます。製造時期の違いから側面ビード形状が異なる編成が組むこともありますが同形式のところが小田急と違うところ。

20210610_1010_20

20210615_1071_20

朝のラッシュタイムには7000系2連と9000系8連の10両編成もあるのですが、残念ながら撮れていません。

線路端での過ごし方に苦は無いので、気長に狙ってみましょうか。

 

 

2021年6月17日 (木)

天気急変で撮影中止

不安定な天候の中、線路端に向かうウォーキング。この日もいつもの場所で撮り始めました。これがその最初の一枚。向こうの空には怪しげな雲が垂れ込めていましたが、3264Fの唐木田行き各停が来た14時13分にはまずまずの光線でした。

20210616_1003_20

雲の動きを見ると、こちらに近づいてくる様子。スマホで確認した“東京アメッシュ”では稲城から新百合ヶ丘辺りにかけては豪雨の様子。

NHK朝ドラの“おかえりモネ”ではないですが、気象予報士なら10分後に強い雨が降り出すと予測し、14時21分に京王8712Fの橋本行き準特急を撮った後に退散しました。

20210616_1010_21

現地滞在10分ほどで、撮った列車は4本。この日は期待していた編成の運用も無く、ほっとしました。

駅へ早足で戻り、雨よけのためにバス利用とたところでパラパラと。賢明な判断だったと自己満足した次第でした。

 

 

2021年6月16日 (水)

今日の一枚 No.121

首都圏も梅雨入りとなり、鬱陶しい天気が続くようで、毎日の線路端へのウォーキングにも影響します。そんな中での「今日の一枚」は伊豆の海辺を回送する100系電車を。拡大して車号を確認したらなんと「121」でした。

121_19940319__15

この時は下田方からクモハ110+サハ180+クモハ1100+クハ1500+クモハ110+サハ+クモハ100または110の7両編成だったようです。

スマートだった100系にも冷房装置が搭載され、屋根上が不揃いな姿に変わっていました。

 

2021年6月15日 (火)

緑の電車

時々見かけていたものの、これをわざわざ撮ろうと思っていなかったのですが、遂にキャッチできました。緑色のラッピングをして随分時間が経ってしまいました。

20210607_1020_20

この場所で本当の緑色の電車を撮っています。45年前のことです。今では線路脇の木が大きく育ち、斯様な角度では撮影できず、線路の高さまで下りて構えなければならなくなりました。

19760815_040219_15

京王線からは色灯信号機は消え、架線柱も交換が進んでいるようです。

 

 

2021年6月14日 (月)

京王ライナー

新5000系を使用して、早朝の上りと、夜の下りに設定されている京王ライナーを撮るのには少々苦労します。

昨春には白い富士山を入れて、朝の上りを捉えることが出来ました。

20200325_1010_15

陽が長い今の時期、休日夕方の下りを狙ってみました。既に夕日が低く、木々の陰が電車にかかります。

20210530_1058_20_20210613072701

さらに陽が延びた6月12日、陰の状況は同じようなものですが、少しばかり手前に引きつけたところで捉えてみました。

20210612_1092_20

平日ダイヤは20分遅いダイヤが組まれているため、撮影にはさらに条件が悪化します。ウォーキングで往復6,500歩の場所、通い慣れたお陰でどうすればどう撮れるか、かなり学習することができました。

 

 

2021年6月13日 (日)

哀れな保存車両

神奈川県立辻堂海浜公園には所用で度々訪れますが、久しぶりに時間があったので保存車両をゆっくり見学してみました。保存車両は公園の西端、交通公園の一角にあります。

20210611_0023_15

遠目にも相当痛んでいる様子が伺えますが、近づいてみてその哀れな姿に驚きました。

20210611_0011_15

腐食が進行した前照灯下部は落ちかかっています。

20210611_0012_15

側面に回って見るとさらにショック。

20210611_0013_15

もう、修復は無理に近い状態でしょうか。

20210611_0014_15

ただ錆を落としてパテ塗り、下地処理して再塗装ではとてもとても無理です。

20210611_0015_15

昭和40年日本車輌東京製造のクハ2658、29年に渡る活躍の後、この地に保存されて既に27年です。

20210611_0018_15

自由に出入りできる車内は、外部に比べれば傷んでいないように見えます。

20210611_0020_15

立ち入ることが出来ないお陰で、運転台はほこりを被ってもいても痛んでいません。

20210611_0022_15

それにしても、この状態を晒しているのには心が痛みます。代替車両にするにも、解体して搬出するにしても既に公園遊具が設置されているため、搬出経路が確保しづらい状況です。課題山積の中、時間だけが過ぎて行きます。

因みに探したら見つかりました。2658Fが元気に活躍していた時代の記録が。

19870600_131601_n15

柿生-新百合ヶ丘間を行く上り準急の姿。ポジが大分変色していましたが何とか。思えばリバーサルフィルムが高価だった時代に良く撮っていたと思います。今ではこの場所での撮影も出来なくなってしまいました。

 

 

2021年6月12日 (土)

「事故運転見合わせ」を利用して

相鉄全線乗り鉄を楽しんだ日、鶴間駅で発生した人身事故のため、相模大野~大和間で運転を見合わせていましたが、構わずホームに上がってみたところ・・・、OER3001氏には願っても居ないタイミング。 オリパラ装飾の1096Fが上り副本線で「回送」表示を掲示して停車中でした。

20210609_1056_20

大和発新宿行き快速急行として運転再開と読んで、それまでの時間を有効活用させて頂きました。

運転再開となった最初の上り、ホームに溢れていた人々が一挙に乗り込み、久しぶりに見た満員光景。

20210609_1058_20

ですが、OER3001氏は人が少なくなったホームでゆっくり1096Fの観察を始めました。ケープアイボリーのラッピングも見事なものです。ステップに東京都の表示もありました。

20210609_1060_20

1096海側はパラリンピックキャラクターのソメイティ。

20210609_1068_20

こちらは1396海側、オリンピックキャラクターのミライトワ。

20210609_1083_20

それぞれ全ての競技で描かれているようです。ちなみに10両全車、キャラクターを撮っておきましたが、ここでその全てをご紹介するには無理がありますが、各車の貼り分けは以下のように、オリンピック6両、パラリンピック4両の構成でした。

 10号車1096:(パラリンピック)ソメイティ

 9号車1046:(パラリンピック) ソメイティ

 8号車1146:(オリンピック)ミライトワ

 7号車1196:(オリンピック) ミライトワ

 6号車1296:(オリンピック) ミライトワ

 5号車1246:(パラリンピック) ソメイティ

 4号車1346:(パラリンピック) ソメイティ

 3号車1396:(オリンピック) ミライトワ

 2号車1446:(オリンピック) ミライトワ

 1号車1496:(オリンピック) ミライトワ

但し、これは全て海側の話し。山側はそれぞれ逆になっているようで、海/山(左/右)でバランストっているようです。

20210609_1089_20

と言うことで、運転再開となるまでの良い時間つぶしに。大和発快速急行新宿行きとなったこの電車に乗って帰りました。

 

 

 

2021年6月11日 (金)

相鉄乗り鉄

F井さんから頂いた使用期限間近の株主優待乗車証を有効活用で、相模鉄道全線乗り鉄をしてみました。

最初は改良工事たけなわの海老名駅。JR埼京線カラーのE233が、小田急の隣に居る光景も、大分違和感が無くなりました。

20210609_1003_20

しかし相鉄乗り鉄と言うなら、後発の相鉄車両に乗車することとしました。先ずは素直に横浜まで一直線。横浜では模型パーツ調達にIMONへ。

20210609_1006_20

これからがこの日のイベント。先ずは西谷でオリジナルカラーの11000系をキャッチ。ヨコハマネイビーブルーへの変更が進む中、このカラーも今のうちです。

20210609_1012_20

東急直通用に用意した20000系は大分増えてきたようです。

20210609_1017_20

ここからJR直通線の羽沢横浜国大駅を目指します。調子に乗ってそのまま乗っていたら、車窓に斯様な車両発見! この車両何処に向かったのでしょう?

20210609_1020_20

折り返し乗車しやすい島式ホームの武蔵小杉で相鉄行きを待つ間、隣を通過する新幹線を収めます。

20210609_1022_20

横須賀線へのE235投入も大分進んでいるようです。

20210609_1030_20

新車の香りプンプンでした

20210609_1031_20

それに比べて、E217系は大分疲労感が漂っているようです。いつもこの電車見て思うのですが、もっと綺麗に「顔洗って」上げないものでしょうか。

20210609_1032_20

日中1時間に2本しか設定されていない相鉄直通ダイヤ。幸いにもE233ではなく、12000系が来てくれました。

20210609_1042_20

再び相鉄線内に戻った後は、いずみ野線で湘南台へ。全線設備が新しいいずみ野線内での撮影は、今回は見送り。

20210609_1047_20

この日、不幸にも小田急江ノ島線鶴間駅で発生した人身事故のため、大和~相模大野間運転見合わせ。ならば大和へ行ってみようと、二俣川経由で向かいました。

かくしてこの日の昼下がり、相鉄全線乗り潰しを楽しませて頂きました。F井さんありがとうございました。

 

 

 

2021年6月10日 (木)

今日の一枚 No.120

120回目の「今日の一枚」、これを掲出するのを待っていました。伊豆急行クモハ110形の120号。

120_19720900_0014_15

1961(昭和36)年の年の暮れに華々しく開業した伊豆急が用意したのは、全長20メートル裾絞り車体に広幅窓が並んだスマートな車両群。120は開業時に用意されたクモハ110形111~120の最終番号でした。

 

2021年6月 9日 (水)

ホントにやる気!?

なかなか終息の目処が立たない新型コロナウイルス感染症の脅威、多くの国民に我慢を強いている政府は、専門家の意見に従うそぶりを見せず、どうしても予定通りにオリパラ開催に進もうとしているようです。

コロナさえ無ければ、開催直前となったこの時期は、おそらく相当な期待感でわくわくしていたのでしょう。オリパララッピングの電車に遭遇すると複雑な思いです。

小田急は1000形1096Fの10両編成が、ロイヤルブルー帯下をアイボリーとし、マスコットキャラクターのミライトワ、ソメイティがあしらわれています。

20210605_1001_20

京王は9000形9741Fが、戸袋部にマスコットキャラクターのミライトワ、ソメイティをラッピングしています。

20210605_1022_20

これらはいつまで走るのでしょう?

もし、今の緊急事態がさらに延長されることになって、オリパラ開催中止とでもなったら・・・、このラッピングは速やかに剥がされるのでしょうね。貴重な記録になるかも知れません。

 

 

2021年6月 8日 (火)

大失敗からなんとか・・・

ここのところ模型製作関連を取り上げなかったのには訳があって・・・。

窓抜きを終え、屋根のビードを貼り終え、側扉を貼って箱に組もうと思っていたところでとんでもない失敗に気付き、長らくその落胆から立ち直れないで居たのです。

それは側扉の1カ所、所定寸法より1.5㎜広く抜いてしまっていたことでした。しかも纏めて3両分を罫書いていたので合計6カ所の側扉を。

新たに3両分作る気にもならず、斯様な方法で修復することとしました。1.5㎜の幅詰めです。裏から見るとそれが良く判ります。

20210605_0001_15

表面には側扉枠が重なります。屋根ビードが終わっているのに、幅詰めした部分は後でパテで平滑にしなければなりません。

20210605_0002_15

同様の1両は箱にして、とりあえずラッカープライマーを塗っておきました。

20210605_0003_15

漸く気力が戻って来たようです。気を取り直してサフェーサー吹いて研きましょうか。

 

2021年6月 7日 (月)

地道な作業

健康維持のウォーキングは、ここ3週間ほどほぼ毎日線路端に向かっていましたが、その間に保線関係の作業に出会したのは京王で1回、小田急で3回になりますが、今回の光景は初めて目の当たりにしたもの。

架線点検用のやぐら(?)、正式な呼び名は存じませんが折りたたみ式の長い梯子の上に作業員が一人。もう一人が押して来ましたが、軽い力で線路上を転がるようです。

20210601_1005_20

電車線へのケーブル接続部を点検しているのでしょうか。どこかと無線で連絡取り合いながら、スパナでぐいぐい締め付けています。

20210601_1006_20

全部で6人チームのようです。転がして次のポイントに移動して行きますが・・・。

20210601_1007_20

作業可能な時間は8分も無いでしょうか、先行者から列車接近の報せが入れば、やぐらは線路脇に外して待機します。

20210601_1008_20

実に地道な作業を根気良く丁寧に。その前を、いつものように列車が駆け抜けていきました。

20210601_1009_20 

検測車で得たデータに基づき、日中に斯様な作業を実施していたとは驚きです。

現業の方に頭が下がりました。

 

 

2021年6月 6日 (日)

♪6月6日に雨ザーザー・・・

そんな歌を思い出す季節ですが、雨が降っていても極力線路端へのウォーキングを続けています。この日もやむを得ず傘を差して行きました。

20210527_1028_20

結構降りが強まった時、オリパララッピングの9741Fが雨飛沫を上げてやって来ました。

そして・・・

撮る気も無く通過する列車を見送ったら何と! ヘッドマークが付けられていました。

20210527_1030_20

撮ったときには判らなかったのですが、拡大してみたら9000系登場から20周年だそうです。

 

 

 

2021年6月 5日 (土)

電車の横顔

思えばフィルムからデジタルになったお陰で、所謂“捨てコマ”ではないですが、狙ったアングル以外にも序でに気軽にシャッターを切れるようになりました。“1カットいくら”と計算する時代には考えられない贅沢です。

今回はその贅沢なカットから電車の横顔を。最初は一世を風靡した9000形の流れをくむフェイスの1000形。OER3001氏が好きなフェイスです。

20210526_0038_20

それが、その後は合理的なデザインになってしまった3000形が多量に増備されるようになって、OER3001氏には悲しい月日が重なるようになってしまいました。

20210528_1054_20

その3000形も、唯一の鋼製車となってしまった8000形と併結する姿は魅力的です。

20210524_1076_20

その30008000形のフェイス、1982(昭和57)年に登場した際は、9000形に比して随分手を抜いたフェイスだなと思ったのですが・・・。

20210528_1076_2020210528_1077_20

20210528_1085_20

こうして今見ると、なかなか良いかも知れません。

そして一番新しい5000型。これはこれで結構気に入って来ました。

20210528_1036_20 

4000形が抜けていました。この次にトライすることにしましょう。

 

 

 

2021年6月 4日 (金)

新宿で試し撮り

修理に出していた(実は・・・、自分の設定ミスだったというお恥ずかしい限りでした。)カメラを受け取り、早速試し撮り。新宿での試し撮りにはこの場所、バスタ新宿のテラスに限ります。

先ずは中央線快速電車の233系。

20210602_2001_15

その次は中央線各駅停車の231系。

20210602_2003_15

そして山の手線の235系。

20210602_2002_15

ちょっとの時間だったので1画面に複数の列車を収めることは叶いませんでしたが、鉄には飽きない場所です。

 

 

2021年6月 3日 (木)

今日の一枚 No.119

119回目の「今日の一枚」はこれ。

1978年(昭和53)元旦の「迎光」に充当された新宿方最後尾は5119でした。

19780101_050714__13

生憎初日が拝める様な天気ではなかった様子。ホームの和服女性が傘を持っていますから。その女性、若き日の妻です。「ちょっとここで待っていて」と言ってこの写真撮っていました。

 

2021年6月 2日 (水)

サイドビュー第5弾

連日、一眼レフカメラを持って線路端へのウォーキング。同じ時間帯に行っているので来る電車はおよそ想像ができます。今回は2016(平成28)年増備の4000形、最終編4066Fを収めることが出来ました。

Tc1:4066(10号車)

10_4066_20210528_1095_20_20210602075301

M1:4016(9号車)

9_4016_20210528_1094_20_20210602075501

M2:4116(8号車)

8_4116_20210528_1093_20_20210602075601

M3:4216(7号車)

7_4216_20210528_1092_20_20210602075601

M4:4316(6号車)

6_4316_20210528_1091_20_20210602075701

T1:4366(5号車)

5_4366_20210528_1090_20_20210602075701

T2:4466(4号車)

4_4466_20210528_1089_20_20210602075701

M5:4416(3号車)

3_4416_20210528_1088_20_20210602083701

M6:4516(2号車)

2_4516_20210528_1087_20_20210602075801

Tc2:4566(1号車)

1_4516_20210528_1086_20

雨上がりのこの日、ISOは16000、シャッター1/2000、露出補正+0.7ステップとしてみました。

それにしてもこの場所、蚊が多くて困ります。10両編成を順番に撮ってる最中に、左手甲を刺されてしまいかゆいかゆい!

 

 

 

2021年6月 1日 (火)

赤い電車と金色の飲料

まん延防止等重点措置が出ている横浜市内に、所用で緊急事態宣言下の東京都内より出掛けました。折角なので乗り換えの折にホームから狙ってみました。

Photo_20210530102401

55㎜までのズームレンズだったのですが、その一部を切り取ればこんな感じになりました。

で、所用が終われば反省会。ただ、まん延防止等重点措置の下では酒類提供が停止されています。ライオンビアホールが提供していたのはこれ、ノンアルコール「プレミアム」 で、ラベルには「この商品はビールではありません」と。

190801245_1803131189866856_4847972594144

つい、この類いは「ノンアルコールビール」と言ってしまいますが、確かに商品名には「ビール」と書いていなかったことに感心しました。

 

 

« 2021年5月 | トップページ | 2021年7月 »

フォト
2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

他社線ご案内

無料ブログはココログ