« 角速度とドップラー効果 | トップページ | 今日の一枚 No.122 »

2021年6月22日 (火)

燃料電池バス「SORA」

トヨタ自動車(株)が発売した燃料電池バス「SORA」、地球の水の循環を表した、Sky、Ocean、River、Airの頭文字をつなげたネーミングですが、都バスを中心にだいぶ見かけるようになりました。

Sora(画像はトヨタ公式Webより)

東京モーターショーで初めて見たとき、なんと未来的なバスかと思ったことを覚えています。それが遂に我が街にも。こちらは「多摩200 こ ・・・2」のナンバーを付けたJ002車です。

20210514_0006_15

斜め後方からは斯様な感じ。

20210514_0010_15

隣に並んだ神奈中バスと比べて高い屋根が目立ちます。

20210514_0003_15

こちらは「多摩200 を  ・・・1」のナンバーを付けたJ001車。

20210514_0007_15

その後方も撮っておきました。

20210514_0002_15

因みにこの隣には京王ライナーラッピングの京王バス。

20210514_0004_15

本家京王ライナーを忠実に模している様子がわかると思います。

20210613_1114_18

ふと、駅に向かう途中でバスの見学。特にバスファンに転じたわけではありませんので念のため。

 

 

« 角速度とドップラー効果 | トップページ | 今日の一枚 No.122 »

のりもの」カテゴリの記事

コメント

 次はぜひ乗ってみてください。ギアチェンジがないので加速減速が非常にスムーズです。ただし、1両1億円だからどの程度普及するかは?

カーボンニュートラルを実現するためには、移動手段も電気自動車や電車ばかりではリスク回避の手段がないので、水素燃料が必要なのはわかるのですが、なんか怖い。間伐材を使った木炭自動車なんかできないのでしょうかね。

お江戸参勤に利用する越後屋バスにも2両だったか走っていて、一度利用しました。
お金持ち都営以外にはなかなか普及しそうにないですね。

我、多摩地区は塗装替えした西武バスが増えて来ましたが、身近を運行している、
都バス最長路線[梅70]青梅車庫ー花小金井北口に燃料電池バスが充当されるのは
何時になることやら。

ややや、バスネタなのに皆さま・・・。


◆ モハメイドペーパー さま
そうですね、乗ってみないと判らないこと大ですから。でも2両しか無いし、いつ何処を走るか判らずでは・・・(涙)。


◆ ぼっちぼち さま
今時木炭自動車とは! CO2発生しますよね。 それより今は水素を作るのに何かと課題があるようです。


◆ Cedar さま
音や乗り心地は如何でしたか? 試乗会でもあれば嬉しいのですがね。


◆ ぬか屋 さま
当面、宣伝効果も兼ねての運用でしょうから、乗客が多い路線優先なのでしょう。青梅に行くなら電車ですよ。

すみません、一応、管理された森林の木材を利用した場合、カーボンニュートラル(CO2の増減には関与しない)なのです。現状の水素製造方法は天然ガスなどを使用するのでCO2が発生してしまうのですね。

ぼっちぼち さま
専門家のご教示恐縮です。なるほど、勉強になりました。
問題は水素の製造ですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 角速度とドップラー効果 | トップページ | 今日の一枚 No.122 »

フォト
2022年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

他社線ご案内

無料ブログはココログ