« 2021年9月 | トップページ | 2021年11月 »

2021年10月

2021年10月31日 (日)

木工

こんなものを作っていて指が痛くなって・・・。

20211029_0003_20

罫書きが面倒なので、15×5の桧材に図面のコピーを貼って・・・、

20211029_0004_20

ただひたすらヤスリがけで。

20211029_0005_20 

一応斯様なものが2個、できました。

20211029_0006_20

さ~て、と思っても既に左手、特に親指に違和感があって、今日はこれでお仕舞いにします。

 

 

2021年10月30日 (土)

相鉄の貨物列車

相鉄のED10は何枚か撮影していましたが、本線走行中の姿は何かの序でに撮った、これくらいしか見つかりません。西谷だったでしょうか。

19690831_0017_15

 

まさか何年後かに、この模型を手にすることなど考えもしませんでしたが・・・。

20180519_0014_20

後ろに繋ぐ貨車は、相鉄線内での記録とは違いますが、運転会では大活躍。

20180519_0015_20

ディスプレイモデルとして在庫処分販売だったのでしょうか、比較的安価に発売されたのを買い込んだ仲間も少なくありませんでした。

20180804_0037_20

それらをみんな繋げて楽しんだ運転会もありました。

20180804_0033_20

コロナ禍も落ち着いてきたようですから、そろそろ運転会も再開ですかね。

 

 

2021年10月29日 (金)

EF62故障

とある事情から1973(昭和48)年に入籍した天賞堂製EF62、久しぶりに走らせようとしたら走らない(涙)。

20211027_0010_20

いろいろ調べてみた結果は、スパーギアの破損が原因でした。

20211010_0001_20_20211028152001

スパーギア3段で、ギアボックス無いのウォームギア軸に伝導する構造の最上段のギア割れでした。

20211010_0002_20_20211028152101

デルリン製のたったこれだけの割れでも、回らなくなるのが当たり前ですが不思議。

20211010_0004_20_20211028152101

因みに画像内に記載していますが、歯数は20、外寸10.6㎜。

20211022_0006_ef62

ギア厚みは3.0㎜、全長20㎜、2.4φの軸に嵌まっているものです。

20211022_0005_ef62

これを知った古くからの友人YFさんが、ストックしていらした似たギアを送ってくださいましたので、早速軸から抜いてみました。

20211027_0006_20

そして送られて来たベークライト製のギアに嵌め直しました。噛み合わせは良好です。

20211027_0011_20

が、他にも原因があるらしく、上手く走れません。

原因はこのホイールギアにあるようでした。F型ながら駆動軸は4軸なのですが、その内の1軸だけ、どうやっても車輪が1開店するところで噛み合わせが悪く停止してしまいます。金属製ギアなので割れているようなことはないのですが、ギア割れと同じような症状です。

20211027_0009_20

ここまで修復したのに残念ですが復帰できません。

ホイールギアの歯数は13、これが入手できれば・・・、と言うより圧入車輪なのでギア付き車輪が入手できさえすれば直るのですが・・・(涙)。

どなたかギアだけでもお譲り頂けたら、車輪抜いて嵌め直すのですが・・・。

 

 

2021年10月28日 (木)

秋葉原へ

久しぶりに、電子部品調達に秋葉原へ出掛けました。

今回初めて買ったのがこれ、DIPスイッチ。これまでは小型のスライドスイッチを使用しましたが、今後はより小型にしようかと。

20211026_0001_18

ブリッジダイオードも10個ばかり補充しておきます。

20211026_0002_18

これらと共に、ピンソケットも補充しておきました。

20211026_0003_18

最近はチップLEDやテープLEDによる点灯化が増え、結構ストックの減りが多くなりましたから。

 

 

2021年10月27日 (水)

展示模型の修理-3

来場者が操作する(マスコンハンドルを引くか、押しボタンスイッチを押すか)ことにより自動運転で走行する車両の台車には、基本的に全て斯様な集電ブラシが付けられています。

20211023_0003_18

DV18のブラシ流用と思われるパーツが付けられた銅板が、車軸に当たるようになっていますが・・・、

20211023_0005_18

時にこれが強すぎて台車が捻られた状態になって輪軸ごと外れることがあるようです。

車軸はベアリングを介して台車に嵌まっています。一旦外れると嵌め直すには一旦台車を分解する手間がかかります。今回、この集電ブラシの当たる強さを調整品けらばならない台車が何台か見つかりました。お陰で指先が真っ黒に。

 

2021年10月26日 (火)

老舗鰻屋

久しぶりにここを歩いて!?

神田きくかわ、鰻の名店なのですが・・・

20211025_0020_15

閉まったシャッターに何やら張り紙。日比谷店は営業していますって。

20211025_0019_15

遂に? と思ってしまいましたが、月曜日休業でした。良かった良かった、また次回。

 

 

2021年10月25日 (月)

今日の一枚 No.134

前回、都営地下鉄10-000系試作編成を“都電”として取り上げたので、今回は正当“都電”を。

19701004_010603__15

残念ながらカラーフィルムで都電、あまり撮っていなかったのですが、浅草雷門前を行く24系統の6065を。手前のタクシーの屋根が少々邪魔ですが、良く見れば道路信号機の意匠が懐かしいです。

2021年10月24日 (日)

展示模型の修理-2

このコロナ禍の影響もあり、展示施設の維持管理予算もなかなか厳しいことが伺えます。なかなか新しい車両の導入も叶わない中、小田急ロマンスカー7000形LSEは人気者です。

しかし、走らなくなったということで、引き込み線に押し込まれていました。現地でテストの結果はモーター回れど走らないということで我家で入院治療。動力車2両はユニバーサルジョイントの抜け。交換して問題なし。

ところが、輸送中に先頭台車から車輪が脱落。枕梁中心が下がり、台車枠が“ハの字”に広がっていたことが原因でした。

20211020_0009_18

編成で4器のパンタグラフの内、3器が破損です。

20211021_0001_18

その内の1器はパンタ台ごともぎ取られたように無残な姿。

20211020_0001_18

もう1器はパンタグラフ本体がご覧の通りバラバラに。その上左向こうのパンタ台が外れています。

20211020_0003_18

あ~あ、何と気の毒な。 面倒臭い作業ですが、食い入るように見つめる子供たちの輝く眼を楽しみに、なんとか修復することにしましょう。

 

 

2021年10月23日 (土)

展示模型の修理-1

自宅で“入院治療”となった2編成の内の一つの破損はこれです。脱線すると言うので現場で何度か試運転しても再発せず、原因が分かりませんでしたが・・・。模型を分解して漸く原因が判明しました。

この模型の動力はカツミが博物館仕様としているもの。Canon EN-22の回転をスパーギアで台車に降ろし、ウォームギアのギアボックス伝達する方式。ギアボックスは相当加工精度の高いものです。

20211020_0015_18

この電動ユニットを、床板上の梁に止めるものです。

20211020_0014_18

ところが・・・、

原因はセンターピンが外れていたことでしたが、この構造は床板に取り付ける枕梁(A)は、本来ギアボックス(B)の上にあるべきものですが、センターピンの雌ねじ部分が動力ユニットから外れていたのでした。

20211020_0010_18_20211021162801

この補修はどうしたものか、本来はギアボックスにハンダ付けされていたようですが、完全にハンダで修復するのにはかなり無理がありそうです。ギアボックスの分解法が解らん。それに油まみれ。

仕方ないので綺麗に油分を拭き取って、エポキシで接着することにしました。果たして耐久度がどれくらいあるものか?

この修繕でダメなら、MPギア仕様に変更しましょうかね。

 

 

 

2021年10月22日 (金)

鉄道模型の“お仕事”

久しぶりに“お仕事”に出掛けました。

2セットあるNゲージのレイアウト、ここではジオラマと呼んでいますが、その1つには今、これが走っています。

20211018_0012_15

2つめのはドッグボーン形のエンドレスを2つ折りにしたような配線で、一部高架線の都市型。今は東海道線233系を走らせています。

20211018_0013_15

この2セットのNゲージレイアウト、お友だち二人の手も借りて、レールクリーナーで綺麗に拭いて、ハンディクリーナーで線路上の塵や木々のスポンジを吸引。合わせて車両も車輪清掃。これでまた暫く、調子良い状態が維持できます。

さらに、小田急2400形HE車のマスコンで操作できるHOゲージジオラマも、同様に3エンドレスを全てレールクリーナーで綺麗に拭き、ハンディクリーナーで線路上の塵などを清掃しました。

20211018_0009_15

しかし、故障していた2編成はここでの修理はできず、別途我家に“入院治療”処置となりました。個人の大事な模型とは異なり、展示模型ならではの破損や故障も発生するものです。

 

 

 

2021年10月21日 (木)

今日の一枚 No.133

“都電”とは言っても地下鉄車両。基本的にはあまり人気が無いようですが、この車両だけは何故か惹かれるものがありました。10-000系の試作編成です。色も補正してこの程度、ピントも甘くどうしようも無い画像ですが・・・

19791027_071003_n15

残念ながら東大島駅で撮ったこれしかカラーポジは見つかりませんでした。この時は既に量産車仕様に合わせた改造を受けた姿ですが、登場時は前パンだったのです。

 

 

2021年10月20日 (水)

お出掛け序で

何処に出掛けるにしても、いつもリュックにはコンパクトデジタルカメラ。この日も序でに駅撮りしました。先ずは乗車駅で電車を待ちながら、反対方向に来たのを。

20211018_0001_17

次は乗り換え駅で、最初は2000形。OER3001氏が気に入っている1000形同様のフェイスながら、1,600㎜幅に拡大した側扉で、独特な側面デザイン。8両編成なので、活躍の場が限られます。

20211018_0002_17

次に今や唯一のアイボリーカラーとなった8000形。新百合ヶ丘の配線、肉眼で見ていると大きな番数の分岐器でゆったり見えるのに、ズームすればこの通り。なかなか萌えますよ。

20211018_0003_17

でこの後に来た快速急行で、この日の用務先に向かいました。

 

2021年10月19日 (火)

桜木町駅のイベント

友人ノッチさんから斯様なイベントがあることを知り、わざわざ出掛けるべきか悩みながらも、客車内に入れるということで出掛けることにしました。

246039184_407101457698314_73092027574412

ところが、なかなか手強い。簡単には行かせてくれません。この謎解きとかいうものにチャレンジしなければならず、あの東大出の柔らかい頭が必要です。謎1だって「テイキケン」と判明するのにかなり時間が要ったし、これ全部解くのにいったい何分必要なのか?

245713809_407101514364975_59966862396937

でもなんとかクリアして、1872(明治5)年10月14日、新橋からここ横浜(現・桜木町)に走った列車に。

20211017_0017_15

1号機関車と呼ばれる機関車ですが、展示されているのは110。これは当時イギリスから輸入した10両の機関車の内の10号機で、後に110形とされたものです。

20211017_0031_m

その当時の客車というのがこれ。レプリカではありますが、念願叶って車内に立ち入ることが許されました。他の見学者が居なくなるのを気長に待って撮れました。

20211017_0023_m

天井照明はガス灯を模したLEDが、いかにも頼りなく、明るさ不安定な様子を再現していました。

20211017_0018_m

だ~れも居なくなったところでこの一枚。

20211017_0027_m

機関車にしっかり連結されて、桜木町に展示されています。

20211017_0030_m

この客車の側面には良く判らない表示。しかし英語標記をみて解りました。二等車ですから上から2番目のクラスだったようです。

20211017_0011_15

そうですよね、この背もたれの無いロングシート状の客席。

下等車だと前後方向に移動できない左右の側戸から乗降する向かい合わせ座席でしたからね。なんだかこんな模型もイイものだななどと・・・危ないアブナイ、明治の汽車に手を出したら大変大変。

 

 

2021年10月18日 (月)

個人宅での運転会-4

運転を楽しむとなれば、やっぱりOER3001氏としては小田急も参加させなくてはなりません。

とは言え今回は“昭和”の香りに特化したので、小田急の模型もそれに合わせて選択しました。友人のYH氏がペーパー自作した2320形、寄贈されたのは1970年代半ばだったと思います。模型は当時の仕様そのものでしたが、当社に来てから正面の手摺や前照灯・標識灯のレンズ、サボ類を追加整備したものです。

20211011_0013_n_15

そう言えば一部の車両には形式の異なる台車も使われていたのを、カツミ製FS307に交換していました。

20211011_0006_15

4両編成中の動力車は1両、DV-18モーターと14:2インサイドギアという仕様ながら、軽快に走り回ってくれました。

 

 

2021年10月17日 (日)

個人宅での運転会-3

国鉄の特急電車はやっぱり151系が頂点でしょうね。長らくその151系を入手できなかったので、特急列車が大衆化されて“エル特急”が全国を走るようになった時代、横軽を行く189系「あさま」を製作しました。

プレスボードで先頭上部はソフトメタル製のペーパーキット、いさみや製を使い1986(昭和61)年に製作、天賞堂のEL-1でタイフォンを鳴らせるよう、クハの床下には28φのスピーカーを搭載していますが、この日はそのEL-1が無いため雑音しか出ません。

20211011_0014_15

151系と並べると国鉄特急電車の風格が感じられますが、残念ながら189系は最短編成の5両。実は友人から、モハ4両分のキットを寄贈されているので、それも製作して組み込まなければなりません。

20211011_0016_15

なかなかやることが多くて大変ですが、そこはシニアの趣味。納期なんてありませんから気の向くまま、本命とか息抜きとか、時には浮気とか、好きなように取り組んでいくことに致しましょう。

 

 

2021年10月16日 (土)

個人宅での運転会-2

友人宅での運転会とは言っても、所謂“運転を楽しむ”ものではなく、そこは気ままに広いエンドレスで走らせられるというだけのものなので、未公開の車両を持ち込みました。

それがこれ、少年時代に憧れていた151系特急電車。当時はカワイモデルと天賞堂からしか製品化されていませんでした。

天賞堂製は言うまでも無く手が届かない価格であったのに対し、カワイモデル製は少し安価。とは言えなかなかの値段で手が届かなかった憧れの存在でしたが、先日オークションで比較的安価に落札できてしまったので、今回はその状態確認という目的でした。

20211011_0011_15

入手後ここまでにOER3001氏がやっていたことは、セレン整流器と電球類を全て取り除き、車輪とモータークリーニング。8両編成ですが、その内訳は2両ユニットのモハ、モロが揃っていない、モハシが無いなど不満がありましたが、欠けた車種は追加製作することになるのでしょうね。

20211011_0012_15

とは言え古い製品を並べると、それだけで存在感があるようです。まあ追々、本命製作の合間を見て、本格的に走らせることができるように整備した後に、入籍させようと思います。

先のカツミ製EF60に続き、昭和の模型レストアに嵌まってしまったようです。

 

 

2021年10月15日 (金)

個人宅での運転会-1

友人宅にお邪魔して、専用ルームに敷設された広~いエンドレスでの運転を楽しんで来ました。

第一弾は先日レストアして入籍となったEF60。ぶどう色2号の機関車には2軸貨車が似合います。折角なので少年時代から集めてきたつぼみやエンドウの貨車、自作のコンテナ車などに加えて近年のKATO製貨車も繋げて。

20211011_0001_15

一通り動かして満足した後はEF15に機関車交換。独身時代の1976(昭和51)年に16,000円で購入した天賞堂製。この頃はまさに独身貴族。前年に購入したEF58は17,850円と、今から考えれば安いものと思いますが、相当な高級品でした。

20211012_0014_15

大切な歴史ある機関車と並べて記念撮影。小田急好きのOER3001氏にだって、国鉄電機のコレクションもあるのです。

 

 

2021年10月14日 (木)

相模線電化直前

今、相模線100周年イベントが開催されていますが、全線電化となるのは1991(平成3)年のこと、今から30年前です。その歴史は今の相模鉄道の手により建設されつつも、複雑な経緯を経て国鉄線となりますが、電化はJRになってから。100年の歴史の7割は石炭や軽油などによる列車運行でした。

その非電化最後の鉄道記念日である1990(平成2)年10月14日、そう31年前の今日、二人の息子を連れて、橋本から茅ヶ崎への旅を楽しんでいました。

19901014_0008_15

所謂“相模線色”になったキハ35系の2両または4両編成でした。

19901014_0014_15

列車交換待ちの相武台下駅でのシーンですが、この時既に架線が張られていました。眠気を誘うディーゼルエンジンの音も懐かしく思い出します。

そして電化開業と同時に活躍を初めた205系500番台も、間もなく新鋭E-131系に置き換わろうとしています。

20020811_270302_

205系を撮っておかねばなりませんね。

 

 

2021年10月13日 (水)

今日の一枚 No.132

東海道本線は湯河原駅を出て大きく左にカーブすると、湯河原温泉から流れる千歳川を越えて、東海道本線では丹那トンネルに次ぐ長さの泉越トンネルに入り、神奈川県を離れて静岡県入りとなります。

100キロポストは、その千歳川を越える橋梁上にあります。

19750202_011413__n15

この時は背後に写る会社の保養所で一泊し、朝から上ってくるブルートレインの撮影に専念していました。

貫通路のステンレス製幌座がオレンジ色に塗りつぶされてしまったのは残念でしたが、大きな前照灯にパノラミックウインドウの低運転台153系の顔、大好きでした。

当時は何の障害も無く立ち入ることができたこの場所なのに・・・、当然今は立ち入ることはできません。

 

 

2021年10月12日 (火)

1964年田端

前回の東京オリンピック“TOKYO 1964” の開会式は、忘れもしない10月10日。統計的に“天気の良い日”として決められたからでした。IOCが今のような商業主義ではなく、米国の都合に合わせる必要も無かったからこそで、前日までの雨が止み、青空にブルーインパルスが描いた5色の輪を見たものでした。

そんな1964(昭和39)年10月に、父が撮影していた写真の中から田端機関区を見付けました。EF80 34と読めるようです。

Ef80_n

もう一枚はEB10の1号機、パンタはPS13ですね。

Eb10_n

父は何をしていたのか、仕事では結構外回りをしていたようで、その途中で撮った東京のシーンが興味深いです。画像は何れもハーフサイズカメラによるもので、画像修正ソフトで加工しています。

 

 

2021年10月11日 (月)

ショック!

1973(昭和48)年に入手した天賞堂製EF62が動かなくなってしまいました。

最近になって劣化していたゴムジョイントをシリコンチューブに交換するなど、手入れしていたのに・・・と思いつつ分解してみました。

20211010_0001_20

原因は・・・、スパーギアの割れでした。

20211010_0002_20

一番上段の20枚歯がご覧の通り。こうなったら交換するしかありませんが、さて入手できるものかどうか?

20211010_0004_20_20211010165601

アタマを抱えています。

どなたかお助け頂けたら嬉しいのですが・・・。

 

 

2021年10月10日 (日)

C5631号機

立派な建物の中に保存されたC56 31号機を見てきました。

20211009_0017_m2

日頃はあまり近寄りがたいとは思わない靖国神社の中にある遊就館。1階入口部分だけは無料で見学できると聞き、出向いてみました。

20211009_0005_m

ご存知のファンも多いことでしょうが、第二次世界大戦では90両のC56が南方に徴用されたそうで、この31号機は七尾機関区所属だったと。

20211009_0007_m

あの泰緬鉄道の開通式に参加した機関車と紹介されています。

20211009_0009_m

1977(昭和52)年までタイ国鉄で活躍した後、関係者の尽力によって1979(昭和54)年に「靖国神社に奉納された」と紹介されています。タイ国鉄時代の連結器と、なんだかよく判らない空気管が付いたままの姿です。

20211009_0010

動輪周りは良く研かれていて今にも動き出せそうです。

20211009_0014_m

「神社に奉納された機関車」ですから、なかなか理解しづらいこともありますが、鉄道ファンとして見学できることにはそれなりの価値があると思います。

説明パネルには美しそうな文章が記されていますが、全長415㎞の泰緬鉄道建設は1年3ヶ月という早さ。これに鉄道第5、第9聯隊を中心に、連合軍捕虜や現地住民など約17万人が従事したということを知ると、随分酷いこともしたのだろうと、心が痛みました。

保存機関車を見て、複雑な思いになり、次に向かった場所は「昭和館」でした。

 

 

2021年10月 9日 (土)

ペーパー車体集2巻

1967(昭和42)年、技術出版株式会社が発行する「模型と工作」から、HOペーパー車体集なるものが発売されました。

最初は右側のもの、8月発行となっています。続いて11月に左側の特急シリーズが発行されています。価格は右側が550円、特急シリーズはビニールミラーコーティングによって光沢を出したからなのか、650円でした。

20211008_0003_17

右を開けて見ると、見返しの広告が何と懐かしいことか。鉄道模型社とつぼみ堂模型店。

20211008_0006_17

目次を拡大すると次の通り。各車とも形式図が添えられていて、大いに役立つものでした。

20211008_0007_17

特急シリーズは全て竹村徹夫さんの設計と解説。「ペーパー車体用に特別抄紙したエクセルアイボリー紙使用」とうたっていますが、エクセルアイボリーは当時は興陽製紙が製造していたものですが、特別抄紙ということなどあり得ませんね。因みに興陽製紙は2012年に日本製紙クレシアに吸収合併、エクセルアイボリーというブランドも消滅となっています。

20211008_0005_17

それでも良い紙であることは事実。OER3001氏はその後に、神保町の洋紙店でA-1判サイズのエクセルアイボリー紙100枚を購入しましたから。

20211008_0004_17

よく考えてみれば、これを窓抜きして組み立てて完成等と言うことはあり得ず、最終的に塗装という工程を採らざるを得ないのですが、当時はこれで満足したものです。

とある事情から、出版社から贈呈されていた2冊づづがあるので、1冊は窓抜きしてみようか・・・などと考えたり。

 

 

2021年10月 8日 (金)

今日の一枚 No.131

とあることから探していた1964(昭和39)年秋の画像。撮影月は9月だと推定されますが、上越線水上駅で、Canon-demiによる撮影です。

1964n

父と温泉宿に一泊しての帰路、雨上がりでどんより垂れ込めた雲の下での1枚、画像ソフトで明るくしてみたのですが・・・、 ピントも甘く、ハーフサイズカメラということもあって細部が分かりづらいですが、EF15 28と読めました。

2021年10月 7日 (木)

思いがけない一瞬

この日はたまたま山手線内回り先頭車両に乗り、一番前のドア横に立ち、乗務員室仕切り背後に立つ乗客の間から、前方を眺めていました。

渋谷駅での乗降が終わり、間もなくドアが閉まろうとしているその時、普段見ることができないのが近付いて来るので咄嗟にホームに降り、素早くデジカメのスイッチを入れて、ギリギリ間に合いました。

20210927_0014_15

山手線ホーム拡張工事で、移設される新たな線路敷設が進行する背後、あっという間に通り過ぎて行きました。常にデジカメを手に持っていたことで、得した気分になれた一瞬の出来事でした。

2021年10月 6日 (水)

小田急新宿駅1号線

小田急新宿駅は2層構造で、地上3線と地下2線。櫛形ホームそれぞれに番号が付けられているため、ホームは1~10番となっていることから混乱を避けるため、乗客案内における線路番号は「番」ではなく「号」と呼ばれます。

その1号線の車止め、53年前の1968(昭和43)年の姿を1番ホームから撮影していました。バラストが盛られただけのものでした。その前方、西口改札の右には乗り越し精算機と売店が。

19680409_0026_13

53年経った今、当時は特急乗車ホームとされていた1番ホームは閉鎖されて立ち入ることができなくなってしまいました。前方にはロマンスカーのブランドカラーであるバーミリオンで纏められた“ロマンカフェカフェ”が設けられています。

そして車止めは、ドイツ・Rawie(ラヴィー)社製が、日本車輌製に代わって設置されています。

20210927_0001_15

折に触れて、鉄道施設もこまめに記録しておくべきですね。

 

 

2021年10月 5日 (火)

今日の一枚 No.130

昨日、阪急北千里駅の自動改札機に触れたら、そのデーターの中にこれがありました。

19700814_010212__15

解説無用とは思いますが、今になって改めて見ると本当に懐かしい一コマ。神戸線下り854他三宮行き6連を止めて、堂々と横断する今津線の電車、最後尾は1000でした。

流石にここでは驚愕のひとことでした。

 

2021年10月 4日 (月)

初の自動改札機

今では当たり前になった自動改札機ですが、京阪神急行電鉄(阪急)が1967(昭和42)年に北千里駅に立石電気(オムロン)製を設置したのが始まりのようです。

小田急では1970(昭和45)年7月から、玉川学園前駅での試用が始まりましたが、何れも磁気定期券専用でした。玉川学園の小・中・高校・大学生の定期乗車券利用が多かったことが、この駅で試用となったものと考えられます。残念ながらメーカーが何処だったのか、記憶にありません。

19720400_010615__n15

撮影日は判りませんが、16時17分過ぎを指しています。高価だったカラーポジフィルムで沿線のサクラを入れた撮影を終えてて帰宅する際、余ったフィルムで撮っていたようです。小田急の社史にも無い、貴重な記録になりました。

 

因みに、ありました。阪急北千里駅の自動改札機の画像が!

19700815_010309__n15

EXPO'70に行く序でに立ち寄っていました。

それにしても・・・、電車は撮ってもなかなかこんなもの撮っていませんよね。我ながら良く記録していたものだと自画自賛です。

 

2021年10月 3日 (日)

手芸用品

“SWAROVSKI”(スワロフスキー)ってご存知でしたか? 鉄道模型を趣味とされる方々の殆どはご存じないものと思いますが、1895年にオーストリアのチロル地方で創業したクリスタルのプレミアムブランドなのです。「誰もが手にすることができるダイヤモンド」をポリシーに、高品質クリスタル、天然及び人工のジェム・ストーンやアクセサリー、照明などの製品のデザイン、製造、マーケティングを行っている企業とのことで、婦人服の装飾やアクセサリーに多く使われています。

手芸用品の「ユザワヤ」では、DIY用のパーツを取り揃えていますが、この10月1日以降は・・・、

スワロフスキー社の自社ブランド(スワンマーク)のブランド価値の保護に重点を置くため、DIY(材料としての販売)、ネイル業界などを含む小売業界へのスワロフスキー・クリスタル製品を提供するビジネスから撤退することが決定、さらに2021年10月1日以降はスワロフスキー・クリスタルのブランドロゴ表記の使用も禁止となる。』

と発表されました。

たまたま10月2日に模型パーツにと「ユザワヤ」を探索していていて、在庫切れが多かった理由がわかった次第。左2点がそのスワロフスキー。

20211002_0006_20

天賞堂他の昔の製品のライトに使われていた“人工ダイヤ ”です。右はスナップ、電気配線の接使用使おうと思って確保。

その昔は斯様なパーツを探すにも、女性しか居ない店舗に入りづらく、碍子に使う白いビーズなどはガールフレンドに頼んで買って貰ったことがありますが、「ユザワヤ」のような店舗のお陰で気軽に商品探索できるようになりました。最もシニアになれば恥ずかしくもなんともないですが。

と言うわけで、“人工ダイヤ ”の確保はお早めに

 

 

2021年10月 2日 (土)

Oゲージの台車

OER3001氏が鉄道模型の世界に入ったのは、入学前の秋。風邪を引いたのか熱を出して寝ていた日の夜、父が買って来てくれた3線式Oゲージ、EB58と貨車1両、16本組だったか一回りの曲線と僅かな直線が始まりだったと記憶しています。

当時の“宝もの”は今も大切に、何処かに保管しているので何れご紹介したいとも思いますが・・・、小学校4年生の時に初めての自作に挑戦した頃、お小遣いでちょこちょこパーツを買い集めていた中に、斯様な台車がありました。

20211010_0004_20

何を夢見て、どこで買ったものなのか、すっかり記憶は無くなっています。

20211010_0005_20

ベッテンドルフのようなカタチですが、枕梁は枕バネ部から3ミリネジとナットで止めてあるものです。

20211010_0003_20

車輪は、車軸内部の金属棒に、左右から車軸と車輪が一体になったプラ車輪が押し込まれたもの。フランジ形状も玩具のような形状です。車輪が綺麗に清掃できましたが、台車枠の塗装剥離は諦めました。

幸いなことに1両分は揃うのですが、あと数量分どこかで入手したくなってきました。何を考えているのですかね。

 

 

2021年10月 1日 (金)

10月1日

東京都に生まれ育ったOER3001氏にとってこの日は、“都民の日”として特別な想い出がある一日です。

学校は休みで、“カッパのバッチ”を付けていれば、都が管理する動物園や博物館などの入場が無料に、そして都電、都バス、トロリーバスも無料というものでしたが・・・、その都電は1967(昭和42)年12月9日をもって専用軌道の荒川線以外の路面走行は終了となってしまいました。廃止が始まり、最終的に1972(昭和47)年11月、ほぼ専用軌道の荒川線以外の系統が全廃となります。

Photo_20210930071801

 

そんな10月1日という日に、OER3001氏はどんな記録を残していたかと言えば・・・、それがなかなか見つからないものですね。先ずは昨年2020年は・・・、

武蔵新田でこんなのを撮っていました。この地に開店したアンティークショップ、と言うより中古品を集めた模型店に行ったのでした。

20201001_0007_20

そこで入手したのがこの台車2両分。1両分770円のお買い物でしたが、これはまだ使っていません。

20201001_0016_15

 

その前年2019年、2018年は、10月1日の記録はありませんでしたが、2017年には西大井-大崎間の湘南新宿ラインで。その昔、蛇窪信号所とされていた所が、今は大動脈になっています。愛孫達を遊ばせるために訪れたしながわ中央公園、暫し離れての一コマでした。

20171001_0049_20

 

さらに前年の2016年はここ、東武日光で。この日は高校時代からの♀友人と元職場の♀友人との3人で、浅草からスペーシア個室の旅での一コマでした。

20161001_0008_20

 

その前年2015年は、9月30日をもって完全に退職した翌日でした。小田急多摩センターで電車待ちの8:35、反対側に来た列車を撮っていましたが、この日いったい何処に出掛けたのか、残念ながら記録がありません(涙)。この画像、良く見れば今は無き1000形ワイドドア編成の1253Fではありませんか。

20151001_0001_20

こうしてみると10月1日という日は、それほど記録されていないことに気付きます。何気ない日常でも、後世には貴重な記録となることもあり、ましてデジタルカメラやスマホの時代。コマ目に撮っておくことの大切さに気付かされた次第です。

 

 

« 2021年9月 | トップページ | 2021年11月 »

フォト
2021年12月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

他社線ご案内

無料ブログはココログ