« 鉄道模型の“お仕事” | トップページ | 展示模型の修理-2 »

2021年10月23日 (土)

展示模型の修理-1

自宅で“入院治療”となった2編成の内の一つの破損はこれです。脱線すると言うので現場で何度か試運転しても再発せず、原因が分かりませんでしたが・・・。模型を分解して漸く原因が判明しました。

この模型の動力はカツミが博物館仕様としているもの。Canon EN-22の回転をスパーギアで台車に降ろし、ウォームギアのギアボックス伝達する方式。ギアボックスは相当加工精度の高いものです。

20211020_0015_18

この電動ユニットを、床板上の梁に止めるものです。

20211020_0014_18

ところが・・・、

原因はセンターピンが外れていたことでしたが、この構造は床板に取り付ける枕梁(A)は、本来ギアボックス(B)の上にあるべきものですが、センターピンの雌ねじ部分が動力ユニットから外れていたのでした。

20211020_0010_18_20211021162801

この補修はどうしたものか、本来はギアボックスにハンダ付けされていたようですが、完全にハンダで修復するのにはかなり無理がありそうです。ギアボックスの分解法が解らん。それに油まみれ。

仕方ないので綺麗に油分を拭き取って、エポキシで接着することにしました。果たして耐久度がどれくらいあるものか?

この修繕でダメなら、MPギア仕様に変更しましょうかね。

 

 

 

« 鉄道模型の“お仕事” | トップページ | 展示模型の修理-2 »

鉄道模型」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 鉄道模型の“お仕事” | トップページ | 展示模型の修理-2 »

フォト
2021年12月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

他社線ご案内

無料ブログはココログ