« 今日の一枚 No.132 | トップページ | 個人宅での運転会-1 »

2021年10月14日 (木)

相模線電化直前

今、相模線100周年イベントが開催されていますが、全線電化となるのは1991(平成3)年のこと、今から30年前です。その歴史は今の相模鉄道の手により建設されつつも、複雑な経緯を経て国鉄線となりますが、電化はJRになってから。100年の歴史の7割は石炭や軽油などによる列車運行でした。

その非電化最後の鉄道記念日である1990(平成2)年10月14日、そう31年前の今日、二人の息子を連れて、橋本から茅ヶ崎への旅を楽しんでいました。

19901014_0008_15

所謂“相模線色”になったキハ35系の2両または4両編成でした。

19901014_0014_15

列車交換待ちの相武台下駅でのシーンですが、この時既に架線が張られていました。眠気を誘うディーゼルエンジンの音も懐かしく思い出します。

そして電化開業と同時に活躍を初めた205系500番台も、間もなく新鋭E-131系に置き換わろうとしています。

20020811_270302_

205系を撮っておかねばなりませんね。

 

 

« 今日の一枚 No.132 | トップページ | 個人宅での運転会-1 »

鉄道(国鉄・JR)」カテゴリの記事

コメント

 DC時代は昼間に単行もあったので、キハ10、20、30、40と両運転台の形式が主力でした。相武台下の駅周辺は今でも西側がほとんど農地です。海老名駅ができたのが一番大きな変化ですね。

相模線は、寒川支線が廃止になる時以来訪れていないですね。相模線色の気動車は撮影していません。
廃止最終日、TBSのカメラクルーがいてつかまりそうになりましたが逃げました。
205系も最後なので撮影に行きたいのですが、非常識な撮影者が多いので行くのには・・・です。

◆ モハメイドペーパー さま
キハ20の時代も記憶していますが、写真を撮っていたかどうか?
相模線は厚木で小田急の下を行く単線ローカルと思っていたのが、海老名で乗れることになろうとは! です。


◆ 八千代運転所 さま
気動車時代を撮影されていなかったとは驚きます。OER3001氏より先輩なのに・・・。
最近の“非常識な撮影者”には本当に困りますし、同族に見られたくないですよね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 今日の一枚 No.132 | トップページ | 個人宅での運転会-1 »

フォト
2021年12月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

他社線ご案内

無料ブログはココログ