« 今日の一枚 No.131 | トップページ | C5631号機 »

2021年10月 9日 (土)

ペーパー車体集2巻

1967(昭和42)年、技術出版株式会社が発行する「模型と工作」から、HOペーパー車体集なるものが発売されました。

最初は右側のもの、8月発行となっています。続いて11月に左側の特急シリーズが発行されています。価格は右側が550円、特急シリーズはビニールミラーコーティングによって光沢を出したからなのか、650円でした。

20211008_0003_17

右を開けて見ると、見返しの広告が何と懐かしいことか。鉄道模型社とつぼみ堂模型店。

20211008_0006_17

目次を拡大すると次の通り。各車とも形式図が添えられていて、大いに役立つものでした。

20211008_0007_17

特急シリーズは全て竹村徹夫さんの設計と解説。「ペーパー車体用に特別抄紙したエクセルアイボリー紙使用」とうたっていますが、エクセルアイボリーは当時は興陽製紙が製造していたものですが、特別抄紙ということなどあり得ませんね。因みに興陽製紙は2012年に日本製紙クレシアに吸収合併、エクセルアイボリーというブランドも消滅となっています。

20211008_0005_17

それでも良い紙であることは事実。OER3001氏はその後に、神保町の洋紙店でA-1判サイズのエクセルアイボリー紙100枚を購入しましたから。

20211008_0004_17

よく考えてみれば、これを窓抜きして組み立てて完成等と言うことはあり得ず、最終的に塗装という工程を採らざるを得ないのですが、当時はこれで満足したものです。

とある事情から、出版社から贈呈されていた2冊づづがあるので、1冊は窓抜きしてみようか・・・などと考えたり。

 

 

« 今日の一枚 No.131 | トップページ | C5631号機 »

鉄道模型」カテゴリの記事

コメント

 ペーパー車体集といいながら、表紙に載っているのは金属製の完成品。通常号でも作例写真がメーカーの完成品ということはよくありました。それにしてもA1サイズ100枚、まだ使い切れていないのでは・・・。

小生が所持していたシリーズとは違うものですね。当初は、通常号の付録として付いていました。
たしか、最初に付いたのは101系(クモハ101?)でした。本来は1枚のはずが、2枚入っていました。ピッタリ張り付いていて、1枚のようにも見えました。
という事で、クモハ101+クモハ100の2輌編成として組立てました。部品は、神田美土代町にあった科学教材社へ出向きました。
この当時、16番を始めたばかりで直流電源装置を持っていなかったので、交流仕様で作りました。(交流モーター)
切り替えスイッチは、Oゲージと同じような物がありました。このスイッチは連結面の所に付けました。現在は、モーターのみ残っています。

◆ モハメイドペーパー さま
そうそう、一瞬このペーパーでここまでできるのか!と思って。
A-1判エクセルアイボリー紙は、半分は新宿歌舞伎町にあった模型店に売ってしまい、残りは友人にも分け、お陰様で殆ど在庫無しになりました。


◆ 八千代運転所 さま
流石に歴史をご存知なのですね。通常号の付録はあまり記憶無いですね。それでもアルゼンチンへの輸出車両、銀色のを組み立ててみたような気がします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 今日の一枚 No.131 | トップページ | C5631号機 »

フォト
2021年12月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

他社線ご案内

無料ブログはココログ