« 手芸用品 | トップページ | 今日の一枚 No.130 »

2021年10月 4日 (月)

初の自動改札機

今では当たり前になった自動改札機ですが、京阪神急行電鉄(阪急)が1967(昭和42)年に北千里駅に立石電気(オムロン)製を設置したのが始まりのようです。

小田急では1970(昭和45)年7月から、玉川学園前駅での試用が始まりましたが、何れも磁気定期券専用でした。玉川学園の小・中・高校・大学生の定期乗車券利用が多かったことが、この駅で試用となったものと考えられます。残念ながらメーカーが何処だったのか、記憶にありません。

19720400_010615__n15

撮影日は判りませんが、16時17分過ぎを指しています。高価だったカラーポジフィルムで沿線のサクラを入れた撮影を終えてて帰宅する際、余ったフィルムで撮っていたようです。小田急の社史にも無い、貴重な記録になりました。

 

因みに、ありました。阪急北千里駅の自動改札機の画像が!

19700815_010309__n15

EXPO'70に行く序でに立ち寄っていました。

それにしても・・・、電車は撮ってもなかなかこんなもの撮っていませんよね。我ながら良く記録していたものだと自画自賛です。

 

« 手芸用品 | トップページ | 今日の一枚 No.130 »

鉄道(小田急)」カテゴリの記事

鉄道(大手民鉄)」カテゴリの記事

コメント

磁気券専用の自動改札機は、5年くらい前に神戸電鉄の湊川駅でみたのが最後ですね~アレ、なんで残ってたんだろう。

Cedar さま
神戸電鉄湊川駅って、学生の乗降が多かったのでしょうか?
もはや当たり前になってきた今の自動改札機って、改めてその凄さを感じざるを得ませんね。

 切符を裏返しにして入れても、出てくるときは表向きになっていました。日本人が作る機械は芸が細かい。

関西での導入の速さには驚きましたが まさか 小田急での風景まで よ~く撮られましたね!! さすがです。

◆ モハメイドペーパー さま
確かに、それ覚えていますよ。ホント海外のに比べてMaid in JAPANは気配りがありますね。


◆ こてはし鉄道 さま
ありがとうございます。バカの何とかみたいなものかも知れませんね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 手芸用品 | トップページ | 今日の一枚 No.130 »

フォト
2021年12月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

他社線ご案内

無料ブログはココログ