« 老舗鰻屋 | トップページ | 秋葉原へ »

2021年10月27日 (水)

展示模型の修理-3

来場者が操作する(マスコンハンドルを引くか、押しボタンスイッチを押すか)ことにより自動運転で走行する車両の台車には、基本的に全て斯様な集電ブラシが付けられています。

20211023_0003_18

DV18のブラシ流用と思われるパーツが付けられた銅板が、車軸に当たるようになっていますが・・・、

20211023_0005_18

時にこれが強すぎて台車が捻られた状態になって輪軸ごと外れることがあるようです。

車軸はベアリングを介して台車に嵌まっています。一旦外れると嵌め直すには一旦台車を分解する手間がかかります。今回、この集電ブラシの当たる強さを調整品けらばならない台車が何台か見つかりました。お陰で指先が真っ黒に。

 

« 老舗鰻屋 | トップページ | 秋葉原へ »

鉄道模型」カテゴリの記事

コメント

 カーボンを使うのは潤滑作用もあるからうまい方法だと思います。バネ圧の調整は微妙ですね。

モハメイドペーパー さま
良い方法でも、アマチュアには入手しづらい素材ですよね。縦型モーター全盛時代には交換用に流通していましたが・・・。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 老舗鰻屋 | トップページ | 秋葉原へ »

フォト
2022年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

他社線ご案内

無料ブログはココログ