« 2年ぶりの運転会-4 | トップページ | 2年ぶりの運転会-6 »

2021年12月18日 (土)

2年ぶりの運転会-5

小田急ファンのOER3001氏としては、今回は小田急車控えめとしても3000形SE車だけでは物足りません。現役の車両も走らせなければ、横浜の来場者を満足させられないかと新4000形を急遽持ち込むこととしました。

20211212_0044_15

奥に停まっている現役京浜急行の認知度は流石に高いです。それに対向するには10両編成という長さで勝負。

20211212_0043_15

勝負なんてする必要は皆無ですが、少なくともJR京浜東北線と誤認されたくはありません。10両中2両が、キャノン製EN-20モーターとMPギア仕様の動力車という編成、運転会では快調な走りを見せてくれる存在です。

 

 

« 2年ぶりの運転会-4 | トップページ | 2年ぶりの運転会-6 »

鉄道模型(小田急)」カテゴリの記事

鉄道模型(運転会)」カテゴリの記事

コメント

やはり、「長い速い、知られてる」車輛」をご用意されてましたね~そういう車輛を作る気が無いなら、公開運転会なんか出なきゃいいんですけどね~わかっちゃいるけど止められない~(笑)

Cedar さま
へへへ、すみません。一応地元愛なもので(笑)。
特に会場側からの要請があれば別ですが、所詮趣味ですから、好みの世界を作り上げるで良いじゃ無いかと思いますよ。先ずは自分が愉しむ、愉しめることが必須です。

OER3001様の言われる通り、どんな時でも必ず快調に走る模型を持つ、あるいはそういった車両を整備して
用意しておくのは公開・非公開と問わず模型運転会では重要ですね。もちろん事前に通電などチェックして
試運転くらい実施しておくのは運転会に参加させていただく最低限のマナーだと思います。
模型メーカーの公開運転会などで車両が走らずに持ち時間のほとんどを整備にあてるというのは他の参加者
に対しても失礼だと思います。
以前私が参加した非公開の運転会で、前もって通電の確認や試運転も行わずに箱に入れたまま持ってきて
いきなり運転会の線路に乗せて、結果車両のショートで走らないばかりかショートが原因でパワーパックの
フューズを飛ばしてしまった人がいました。パワーパックを用意した主催者の方は怒りもせずフューズを持って
きて交換していましたが、主催者に対して失礼な行為だし、あってはならないことだと思います。

所長失格 さま
運転会とはそもそも、走らせて楽しむ場。場合によってはそれを仲間内だけで無く、一般来場者にもご覧頂くものと考えます。試運転の場ではありませんから、基本的に走るかどうか判らないものを持ち込むのはマナー違反でしょうね。
仰るように主催者のパックを破壊するなどもっての外でしょうね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 2年ぶりの運転会-4 | トップページ | 2年ぶりの運転会-6 »

フォト
2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

他社線ご案内

無料ブログはココログ