« 京王DAXを撮る | トップページ | ゆりかもめ »

2021年12月 3日 (金)

続:京王DAXを撮る

京王線の検測車DAXは、黄色い塗装のデヤ900に挟まれて走行します。そのため小田急のテクノインスペクターのように、先頭に出ることが無いのが寂しいです。2日続きで全線走行するので、好天に恵まれた2日目も出撃してきました。

2日目は競馬場線を2往復するのを狙います。最初は高幡不動から来たのを東府中の踏切で。側面のラッピングの色がだいぶ褪せています。

20211202_1009_15

東府中から府中競馬場正門前に向かう列車は、逆光のうえにビルの陰と、まことに撮りづらい。

20211202_1011n_15

順光になるのは上り、東府中に向かう時ですが、顔には陽が当たりません。

20211202_1016_15

再度の下りは、武蔵国府八幡宮の陰に入ったところを狙うしかありませんでした。

20211202_1031_15

2往復目の上りもほぼ同じ場所で。

20211202_1035_15

で、今回気付いたこと。

「回送」とか「試運転」の列車種別表示は全く意味のないもの。即ち、上り方デヤ901は「回送」、下り方デヤ902は「試運転」表示で、列車の前後で異なる表示だったと言うこと。小田急はしっかり「検測」と表示しているのに対し、京王さんは結構いい加減ですね。

 

« 京王DAXを撮る | トップページ | ゆりかもめ »

鉄道(大手民鉄)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 京王DAXを撮る | トップページ | ゆりかもめ »

フォト
2022年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

他社線ご案内

無料ブログはココログ