« 京王線 初台-幡ヶ谷間 の今 | トップページ | 単純作業 »

2022年1月26日 (水)

過去vs現在-7

昔の撮影ポイントの現在との比較、今回は東京駅1番線としてみました。

1967(昭和42)年9月17日、赤煉瓦の駅舎を背景に停車中の、101系特別快速を撮っています。赤煉瓦とは言っても、空襲で被災した3階部分は無く、屋根も簡素な形状。良く見ると壁面はモルタルのようにも見えます。

19670917_0020_n13

 

それが3階部分を再建し、ドーム状の屋根も修復された美しい駅舎となり、中央線は高架になって駅舎の3階部分の高さになりました。撮影に出掛けたこの時、偶然にも209系が。

20220119_1042_15

本来はこの233系が定番なのですが。

20220119_1045_15

昔撮った場所を訪ねてまわるのも楽しくなって来ました。

 

 

 

« 京王線 初台-幡ヶ谷間 の今 | トップページ | 単純作業 »

鉄道(国鉄・JR)」カテゴリの記事

過去vs現在」カテゴリの記事

コメント

思い出の写真 貴重なる1枚? 有難うございます。

◆ こてはし鉄道 さま
早速貴ブログに取り上げて頂きありがとうございます。同じ画像がダブらないように致しました。

 中央線の特快は1967年7月3日から運転を開始。当初は運転室内に小型の表示板をぶら下げていました。運行番号末尾のFは武蔵小金井電車区の所属ですね。まだ西国分寺駅は開業していなくて、三鷹から立川まで無停車でした。

◆ モハメイドペーパー さま
ということは、ここに掲載した画像は、特別快速の登場から2ヶ月という時期なのに、大きな「特別快速」の表示板ですが、運転室内の表示は1ヶ月ほどだったのでしょうか? 正面中央窓上にぶら下げていた記憶がありますが、撮っていませんでしたので、何れ貴ブログでご紹介くださると嬉しいです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 京王線 初台-幡ヶ谷間 の今 | トップページ | 単純作業 »

フォト
2022年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

他社線ご案内

無料ブログはココログ