« 小田急9000形製作の記録 | トップページ | 赤い西武電車 »

2022年1月13日 (木)

黄色い西武電車

西武を撮りにちょっと遠回りしてみました。

妙正寺川の川下方で待ち受けていたら、黄色いのがいきなり。前パンは良いですね。

20220112_0003_15

新宿区立落合公園の中を歩いて、良い場所がないかと探してみましたが、どこもフェンスが邪魔してくれます。

20220112_0013_15

仕方がないので踏切へ回りました。西武の踏切には踏切名が表示されていないので困ります。栄通り踏切とでもしておきましょう。

20220112_0018_15

同じ踏切で反対方向を向いて、上りを捉えます。

20220112_0020_15

もう一度振り返って下り、急行・本川越行きを。

20220112_0026_15

最後は中井駅下りホームから。

20220112_0033_15

都心近くはビル陰が多く、綺麗な光線下での撮影には無理がありますが、折角近くへ行ったのだから無駄にはできませんよね。どんどん黄色い電車も数を減らしているようですから。

 

 

« 小田急9000形製作の記録 | トップページ | 赤い西武電車 »

鉄道(大手民鉄)」カテゴリの記事

コメント

鷺ノ宮以西だとビル影は減ると思います。
次回はもう少し下り方面に足を伸ばして
下さい。案内がてら同行させて頂きます。

西武の踏切名は、トラ模様のバッテンの裏側に小さく記入されています。

◆ ぬか屋 さま
なるほど、やっぱり手近な場所だけではダメですね。

◆ モハメイドペーパー さま
踏切事故を110番通報する際、場所を伝えづらいですよね。はっきり判る場所に明示して欲しいと思います。

私のパソコンがフリーズしやすく、コメントが消えてしまいましたので書き直します。
昔ちょっとだけ鉄道用の信号機関連の会社におり、踏切も信号屋さんの管轄だったのでいろいろ学べました。
国鉄(JR)では踏切付近の地名や交差する道路の名前を付していますが、西武の場合駅から下りに向かって「〇〇×号」(〇〇は駅名、×は数字)という具合に番号を付しています。駅の上り方すぐにある踏切(中井ですとすぐ上り方にある都営大江戸線に乗り換える狭い道の踏切)はいちいち隣の駅から何番目、というのが面倒なので、現場では便宜上「〇〇逆1号」と呼んだりしています。(「中井逆1号}など)
踏切が廃止になると欠番になり、逆に増えると近くの踏切からの枝番を付しています。自宅の近所には「〇〇3-2号」という踏切があります。モハメイドペーパー様が書かれているように標識の裏に駅名と番号が書かれているので、何かあった際にそれを覚えておけば鉄道側はすぐわかります。

すみません補足します。
上記の会社の仕事の関連で小田急に行ったことがありますが、確か小田急も西武方式の踏切の呼び方をしていると思います。(「大野5号」など)これらは会社にいた20年~25年くらい前の話なので変わっているかもしれませんが、西武では今でも踏切は「駅名+番号」で呼んでいます。

◆ 所長失格 さま
踏切名「○○X号」でしたか。勿論小田急と京王は知っていますが、西武は見ただけで判る場所には明示していませんね。やはり緊急時の通報には、一般人が判る部分に明示すべきと思いますよ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 小田急9000形製作の記録 | トップページ | 赤い西武電車 »

フォト
2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

他社線ご案内

無料ブログはココログ