« 富士と富士 | トップページ | 京王線 初台-幡ヶ谷間 »

2022年1月 6日 (木)

岩瀬浜の想い出

日本海側ではかなりの降雪との天気予報を聞くと、どうしても思い出します。

初めての富山は1975(昭和50)年の夏でした。交流電化の北陸線富山駅、北側から発着している富山港線は直流1,500V。72系の2両で運行されていました。

19750809_021415__15

富山港線の72系は、1985(昭和60)年3月に全廃。なんと国鉄線での72系最後の運用路線だったようです。その後は交直流電車457系・471系・475系に代わりました。

1989(平成元)年5月に訪れた終点の岩瀬浜駅での光景。運行本数の少ない電車に下校の女子高生が疾走します。

19890517_151014__15

その岩瀬浜駅、富山ライトレールの駅となってから訪れた2012(平成24)年2月はかなりの降雪でした。

20120204_0019_25_20220105181601

そして2020(令和2)年からは再び富山地方鉄道の駅となり、軌道線に直通しています。

この冬はどんな風景になっているのか、再訪したいですね。

 

 

« 富士と富士 | トップページ | 京王線 初台-幡ヶ谷間 »

鉄道(地方民鉄)」カテゴリの記事

鉄道(国鉄・JR)」カテゴリの記事

鉄道(路面電車)」カテゴリの記事

コメント

特定の場所を継続的に撮影することの貴重さが良く分かりますね。

◆ ぼっちぼち さま
継続的と言うほどではありませんが、同じ場所の記録は大切ですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 富士と富士 | トップページ | 京王線 初台-幡ヶ谷間 »

フォト
2022年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

他社線ご案内

無料ブログはココログ