« 中間車プライマーがけ | トップページ | 最後の1000形ワイドドア編成 »

2022年2月21日 (月)

“竹割”で

妻板は「日本の車輌スタイルブック(1967年 機芸出版社)」からコピーした妻板を使ってハコにしてみたら・・・

展開幅が広すぎました。仕方なく屋根中心で“竹割”して組みました。

20220218_0016_15

手抜きの工作で始めたのに、結果的に手がかかることになってしまいました。

 

« 中間車プライマーがけ | トップページ | 最後の1000形ワイドドア編成 »

鉄道模型(国鉄・JR)」カテゴリの記事

コメント

私も、真鍮スクラッチをしたら屋根展開寸法が間違っていて唐竹割り、エッチング板から曲げたらどうも展開寸法間違ったエッチング板だったらしくて唐竹割りと連続して2回ほどやってしまいました。いずれのケースモ寸法が足リませんでした。
寸法が余るケースは突きあわせ作業に精度が要りそうですね。

◆ 阪鉄車輌 さま
これは阪鉄車輌さまのように綿密な工作では無く、そもそも昭和の香りプンプンの歌川模型&ロコモデル風に仕上げるつもりで始めたものなので、それほど気にしていないのです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 中間車プライマーがけ | トップページ | 最後の1000形ワイドドア編成 »

フォト
2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

他社線ご案内

無料ブログはココログ