« 真鍮パイプから加工 | トップページ | 中間車も作れと、天の声が・・・。 »

2022年2月17日 (木)

続:真鍮パイプから加工

前照灯を仮嵌めして、前から横から眺めていて、塗装も含めてどう仕上げるか考えるのもまた楽し。まともなクモハ52を諦め、クモハ52風に仕上げるにはこれしか無いと、標識灯も外付けではない埋め込み型とすることにしました。

利用材料は外径2.22.0㎜、内径・・・? 手元在庫を活用したので内径はよく判りません。早速4個切り出して、車体に開けた穴に嵌めてみました。

20220212_0001_15

名古屋のリニア鉄道館に展示された復元車を参考に、適度に好みの方向に修正してみたく思っています。

20170707_0064_20

いずれにしても息抜きの工作。いつになったら走らせることができるのか、作者にも判りません。

 

 

« 真鍮パイプから加工 | トップページ | 中間車も作れと、天の声が・・・。 »

鉄道模型(国鉄・JR)」カテゴリの記事

コメント

現職時に使っていた真鍮パイプの規格表(古いですが)で診ると外径Φ2.2は規格に無くΦ2.3と思います。
外径Φ2.3とすると肉厚はt0.3ですので内径Φ1.7となります。

◆ ぬか屋 さま
ご教示ありがとうございます。2.2㎜は無意識の入力ミスのようで、2.2㎜でした。早速本文修正させて頂きました。
内径1.5㎜ということになりそうですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 真鍮パイプから加工 | トップページ | 中間車も作れと、天の声が・・・。 »

フォト
2022年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

他社線ご案内

無料ブログはココログ