« BRTに乗る | トップページ | 被災地脱出 »

2022年3月28日 (月)

線路のある気仙沼線から仙石線へ

BRTで着いた柳津に、キハ110-124が到着しました。折り返し13:30発のこれに乗りますが、その前に辺りを一回りです。

20220316_0189_15

到着したキハ110-124の先に伸びるのは線路を撤去したBRT専用路です。

20220316_0190_15

立派な車止めが構築されて、先へ行くことはできなくされました。

20220316_0194_15

駅名標も、先はマスクされてしまいました。

20220316_0192_15

20分で石巻線との接続駅 前谷地に到着します。ちょうど向こうから女川行きが来ました。

20220316_0199_15

13:50到着、13:52発の女川行きへの乗り換えは同じホームで容易です。

女川行きだから乗務員も女性! ここでは気動車運転資格を持つ女性運転士は3人だけだとか。ラッキーなことです。

20220316_0201_15

鹿又だったでしょうか、列車交換でした。

20220316_0204_15

途中の石巻手前では、右から近付いて来た仙石線と併走、ちょうど仙石東北ラインのハイブリッド気動車HB-E210系が前を走ります。

東北本線松島駅と仙石線高樹町駅間の接続線を設け、2015(平成27)年から運行開始した列車です。

20220316_0207_15

宮城県第二の人口を擁す石巻市だけに、石巻駅も賑わいが感じられます。こちらは石巻線の気動車キハ110系。ホーム向こうにはコンテナ列車も見えます。

20220316_0208_15

仙石東北ラインのハイブリッド気動車HB-E210系。交流20,000Vの東北本線と直流1,500Vの仙石線を通るため、交直両用車を製造するよりハイブリッド気動車を選択したようです。

20220316_0209_15

直流1,500Vの仙石線は、首都圏から“都落ち”した205系、改造された3100番台が活躍、どちらも4両編成です。

20220316_0210_15

貨物列車の牽引は新型の電気式ディーゼル機関車DD200が担い、9号機が入換中でした。

20220316_0212_15

ここではまだ仙台方面に向かわず、再び石巻線の先を目指します。

20220316_0211_15

向かった先は石巻線の終点、女川。女川駅は3.11の津波で、停車中のキハ40もろとも流さていました。現駅は内陸部へ150m移設されています。

20220316_0214_15

改札を抜けると、緩い坂の向こうに女川港の海が目に入ってきます。

20220316_0216_15

復興された駅前通りと、ともに魅力的な駅舎です。

20220316_0217_15

9分の折り返し時間で、街をゆっくり見ることは出来ず、急いでホームに向かいます。

20220316_0219_15

再びキハ110-240の乗客となります。

20220316_0220_15

震災で甚大な被害を受け、内陸側に500m程移設された野蒜駅では3分停車、ハイブリッド気動車HB-E210系との交換です。

20220316_0229_15

仙石東北ラインとの接続駅である高樹町でも3分停車。

20220316_0230_15

交換する205系はラッピング編成でした。

20220316_0231_15

この後、次駅の松島海岸駅へ向かいました。そして・・・、まさか自らが被災することになるとは考えてもいませんでした。

 

 

« BRTに乗る | トップページ | 被災地脱出 »

鉄道(国鉄・JR)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« BRTに乗る | トップページ | 被災地脱出 »

フォト
2023年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

他社線ご案内

無料ブログはココログ