« E5系“はやぶさ”試運転 | トップページ | 今日の一枚 No.142 »

2022年4月 3日 (日)

サクラに誘われ

都心まで出掛ける用事があったのですが、その前の小一時間、玉川学園前に出掛けてみました。

近年は玉川学園校内も新しい施設の建設などで、植栽も大きく変わってしまいました。辛うじて見応えがあるサクラは駅の山側だけですが、電車との撮影にはイマイチ。

20220402_1002_13

44年前の1978(昭和53)年には、線路脇まで枝を伸ばしたサクラも見られたのですが・・・。

19780415_060303_15

町田方のサクラはだいぶ伐採されてしまい、些か寂しい限りです。

20220402_1007_13

僅かな本数になってしまったサクラを入れての撮影には苦労します。

20220402_1010n_15

同時に、華やかな特急車両も少なくなってしまい・・・。

20220402_1022_13

右側のサクラ、26年前の1996(平成8)年にはこんなに堂々としていたのに残念です。

19960413_211409__15

最後に上りホーム後方から。

20220402_1034_13

ここがサクラの名所だった頃が懐かしいです。懐かしい序でにこんな一枚も。

19810405_091409__14

NSEと正面2枚窓の2200形のすれ違い、玉川学園校内のサクラをバックに。

 

 

« E5系“はやぶさ”試運転 | トップページ | 今日の一枚 No.142 »

鉄道(小田急)」カテゴリの記事

コメント

通学でほぼ毎日のように通った場所だけど、桜が咲く時期は春休みだから、花の思い出はほとんどありません。桜も盛りを過ぎると枝が線路上に落ちたりして、管理上は難しいところなのでしょう。

◆ モハメイドペーパー さま
近年は地球温暖化の影響もあるようで、異常気象が通常気象になりつつあるような気もします。豪雨、強風などの災害防止上からも、鉄道用地の安全性確保の見地からは、ある程度やむを得ないのでしょうね。

桜の花はともかく、これからは葉に虫が付きますからそちらの対応が大変かもしれません。秋になると落葉してそれがレールに落ちると保線は大変でしょう。

◆ 所長失格 さま
なるほど、落葉ですか。山奥の路線ではなくても、そんな心配もあるのでしたか。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« E5系“はやぶさ”試運転 | トップページ | 今日の一枚 No.142 »

フォト
2022年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

他社線ご案内

無料ブログはココログ