« モノクロ写真のカラー化遊び | トップページ | リハビリにハンダ付けチャレンジ »

2022年5月12日 (木)

【補足】モノクロ写真のカラー化遊び

昨日の掲載画像に関連し、きぬやまスカンクさまからのご教示もあり、重連のDD13が飯田町から牽引してきた客車列車について記しておきます。

新宿駅5番線に21:01に入線する列車は「急行・上高地」でした。

発車は22:35、なんと1時間半も5番線に停車していたのですからつぶさに観察できたわけです。とは言え、残念ながら客車の写真は撮っていなかったようです。

編成は下り方から

EF13+マヌ34+ナハフ(またはスハフ)+ナハ(またはスハ)×4+ナハフ(またはスハフ)+オロ61+オロハネ10+マニだったようです。

新宿を出ると立川、八王子、大月、甲府、茅野、上諏訪、岡谷、川岸、辰野、塩尻、松本(4:45)に停車。松本から先は篠ノ井線各駅に停車して、終着駅長野には7:56着。9時間21分の旅だったようです。

こんなことを調べていたら・・・、模型で再現したくなって来ます。EF13と最後尾のマニを用意しなければなりませんが。

« モノクロ写真のカラー化遊び | トップページ | リハビリにハンダ付けチャレンジ »

鉄道(国鉄・JR)」カテゴリの記事

コメント

昨日の新宿駅の写真、ホーム番線が3、4となっているのは現在の9、10番線で、写真は1、2番ホーム(現在の5、6番線)から撮ったということになりますね。もともと新宿は1~8番線だったところに新しいホームを1面増設し、当初は01、02番線でした。当時、中央線の快速は20時台で終了していたから、22時頃からの3~6番線は実質的に夜行列車専用の状態でした。

◆ モハメイドペーパー さま
ゼロ番線ホームなんて言うのは、新宿駅で初めて知りました。もちろんそれが無かった時代もしっかり覚えていますよ。

この当時、バイト先が東中野にあり、帰りが遅くなった時に、新宿駅を通るとこの列車がホームに停まっていて、時折降りていって、眺めていました。暖房車がマヌ34で側面の小窓から中を覗くと、ボイラーのプレートに2120の表示があり、暫し見つめていました。編成が短く、模型向きで、印象に残っていたこともあり、EF13にナヌ32、2等車4輛、オロ36、ナロハネ10、マニ60で昭和30年代中頃の編成を揃えました。

◆ きぬやまスカンク さま
そうでしたか、そんなことを伺っていたかも知れません。
ナヌ32の中央線、それも列車名は「上高地」だったのでしょうか?次回は改めてじっくり見せて頂くことに致します。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« モノクロ写真のカラー化遊び | トップページ | リハビリにハンダ付けチャレンジ »

フォト
2022年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

他社線ご案内

無料ブログはココログ