« 続:東海道線跨線橋 | トップページ | 久しぶりに方眼紙 »

2022年6月17日 (金)

渋谷の心象

日に日に変化して行く渋谷。あまり撮っていなかったのですが、渋谷区立小学校を卒業したOER3001が学んだのは、「渋谷は谷なので、地下鉄がそのまま渋谷に来ると地上高く走る」ということでした。

黄色というかオレンジ色というか、営団銀座線が無くては渋谷の風景は成り立ちませんでした。

19850616_121201__15

まだ2000系が主力だった時代、ビルの上から見下ろすことも出来たのですが。

19850616_121203__n15

それどころか“谷の地下深く”走る地下鉄も出来て、こんな光景だったことが忘れられる時代も、もうすぐそこまで来ているようで。

 

 

« 続:東海道線跨線橋 | トップページ | 久しぶりに方眼紙 »

鉄道(大手民鉄)」カテゴリの記事

コメント

 この頃の銀座線は両端が2000、中間に1500が2両、旧型の電装解除車と4個モーター車が1両ずつという編成が標準でした。1枚目の都バスの脇に見える都市新バスのりばの文字も懐かしい。あまり普及しないで消えてしまいましたが。

◆ モハメイドペーパー さま
そうそう、この頃の編成はそうでしたね。1500は側窓が小さくなって幕板上部に電照式の広告があり、明るいけどなんとなく暑くも感じた室内でした。都市新バスって言うのも懐かしいし、その向こうは富士銀行ですよ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 続:東海道線跨線橋 | トップページ | 久しぶりに方眼紙 »

フォト
2024年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

他社線ご案内

無料ブログはココログ