« 東海道線跨線橋 | トップページ | 渋谷の心象 »

2022年6月16日 (木)

続:東海道線跨線橋

東海道線跨線橋、過去にもありました。まだブルートレインが現役だった23年前、会社の部での旅行がありました。

ホンネを言えば決して好きでは無かった義理としての行事。確か金曜日の仕事を終えてから貸切バスで向かった江ノ島の旅館。朝食後の解散で、向かった先は藤沢駅でした。もちろん東上して来る一連のブルトレを撮るためでしたが、その合間は東海道線と小田急のトゥーショットを期待します。

先ずはこのトゥーショット、JR215系と小田急は4000形でしょうか。215系がもう少し早く来てくれていれば・・・。

19991120_0019_n15

113系が接近してきたとき、7000形LSEはどんどん右方向に。

19991120_0022_20

185系の時は9000形。辛うじてという感じでした。

19991120_0023_30

7000形LSEの時には113系が来るのが遅くて遅くて・・・。

19991120_0031_n30

と言う具合に、この手の撮影はなかなかタイミングは合いませんね。

 

« 東海道線跨線橋 | トップページ | 渋谷の心象 »

鉄道(小田急)」カテゴリの記事

鉄道(国鉄・JR)」カテゴリの記事

コメント

義理で行く社員旅行、其の気持ちよく解ります。
しかし、新入社員の頃、先輩に連れて貰った処では、良い体験させて
貰いました。

◆ ぬか屋 さま
新入社員の頃に先輩に連れて行って貰ったって・・・、意味深ですね。女性が居ない職場のハナシのようですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 東海道線跨線橋 | トップページ | 渋谷の心象 »

フォト
2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

他社線ご案内

無料ブログはココログ