« 2台目の0-6-0入籍 | トップページ | 夏・えのしま »

2022年7月24日 (日)

天賞堂製0-6-0タンク機関車

弊社に2台の天賞堂製0-6-0タンク機関車が揃ったことから、あらためて調べてみました。

先ずは「8号機」となった製品、前・後部とも端梁にステップが付いていて、動輪のバランスウエイトは「三日月」形。サイドタンクは水槽だと思われますが、前後2カ所に取水口の「丸い帽子」があります。

20220723_0012_15 20220723_0014_15

 

対して「7号機」ですが、前・後部とも端梁にはステップは無く、バッファーが付いたカタチです。そして動輪のバランスウエイトは「扇形」形になっていて、サイドタンクの取水口「丸い帽子」は前部1箇所のみになっています。

20220723_0010_15

20220723_0011_15

 

先日、銀座を訪れた際、天賞堂50周年を記念し出版した「Tenshodo Book」を入手することができました。歴代の天賞堂製品の写真集です。

20220723_0002_15

この中に、0-6-0タンク機関車も紹介されていました。

20220723_0003_15 20220723_0004_15

それによれば、1955(昭和30)年に最初の製品が作られたようで、当時の売価は1,750円だったと言うことです。

弊社の「8号機」は1964(昭和39)年から1970(昭和45)年にかけて製造・販売されたバージョンと思われます。縦型モーターはMV-1とあり、2,200円(1964年)~3,000円(1970年)で売られたものと判明しました。

一方の「7号機」は、丸形モーターで1976(昭和51)年に5,800円で販売されて以降、1983(昭和58)年の8,800円まで続いたバージョンであることが判明しました。

20220722_0007_15

ということで、弊社に揃った2台のCタンク(0-6-0)、歴史ある製品だったことが判明し、大切なコレクションとなりました。

 

« 2台目の0-6-0入籍 | トップページ | 夏・えのしま »

鉄道模型(フリー)」カテゴリの記事

コメント

1961年頃購入した車体がプラのEB10は、¥2,000で少々お釣りが来た
値段だったと記憶しており、お年玉握り締めて銀座に行った覚えがあります。

◆ ぬか屋 さま
先の「Tenshodo Book」によれば、EB10は1962年発売、1,990円とあります。モーターはMV-1、パンタはカワイモデル製のPS14だったと。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 2台目の0-6-0入籍 | トップページ | 夏・えのしま »

フォト
2022年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

他社線ご案内

無料ブログはココログ