« あと僅か | トップページ | お買い物 »

2022年7月17日 (日)

雨の日のお出掛け

新5000形の乗務員室って、乗客の視線にも配慮された設計で好ましいです。乗務員の鞄を置く場所が、乗客からの前方視線を遮らないように設けられています。

20220716_0001_15

結構な雨脚なのに、途中駅のホームにはカメラを構える「鉄」の姿が。一体何が?

20220716_0003_15

カメラのオートフォーカスが、フロントガラスに付く雨粒に焦点を合わせるので、思い切って40倍のズームにしてみました。

20220716_0005_15

しかし、ここでは雨粒にピントが合ってしまい(涙)、ホームに停車中のVSE50000形が撮れません。

20220716_0009_15

横に来たときにシャッタボタン押したものの、ピントは雨粒(涙)。ホームで待ち構えていた「鉄」は、これを待っていたのですね。この日はイベント列車として走行したようです。

20220716_0010_15

しかしOER3001のお出掛けはこちら。

20220716_0024_15

入口を入ると猫の置物が出迎えてくれます。

20220716_0021_15

赤羽にある、子ども書の専門店「青猫書房」でした。

20220716_0020_15

新聞で知って、店内ギャラリーで18日まで開催と言う「絵が語る八重山の戦争」原画展を見るためでした。

20220716_0019_15

あの大戦では、沖縄本島での戦いの悲惨さに接することが多いですが、3年ほど前に石垣島を訪れて、八重山の戦争もそれ以上に悲惨なものであったことを知り、この展示会には行かねばならぬと思った次第です。

20220716_0013_15

その場で立ち尽くしてしまうような原画の迫力でしたが、ロシアは今も戦争を仕掛けており、今もこうした犠牲者が生まれていることに胸が痛むばかりです。平和の尊さをかみしめるため、この書籍も買ってしまいました。

20220716_0026_15

展示されていた原画にもあったこれ、マラリアで亡くなった幼い弟の埋葬に向かう兄弟だそうです。

20220716_0028_15

石や土をかぶせたような粗末な墓。遺体を覆っていた土が流れて現れた幼児の腕を、痩せこけた野良犬が加えようとしていたとの記録も。

20220716_0027_15

広島の平和記念館を訪れた時と同じように、カラダが熱くなる時間でした。

 

 

« あと僅か | トップページ | お買い物 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

鉄道(小田急)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« あと僅か | トップページ | お買い物 »

フォト
2022年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

他社線ご案内

無料ブログはココログ