« 天賞堂製0-6-0タンク機関車 | トップページ | 1961年・千歳船橋 »

2022年7月25日 (月)

夏・えのしま

いよいよ子どもたちも夏休みに突入。しかし新型コロナ第7波ということもあって、複雑な思いでしょうね。

小田急沿線で育ったOER3001氏にとって、夏になれば江ノ島に海水浴というのが定番でした。小田急江ノ島線も、夏期は相当賑わい、普段は走らないロマンスカーが「えのしま」として走ったものです。

19670819_0028_25

この時は3000形のSSEへの改造が始まったときで、8連のSEへの乗り納めという感じでした。開業以来の竜宮城を模した駅舎とともに、良き想い出です。

 

 

« 天賞堂製0-6-0タンク機関車 | トップページ | 1961年・千歳船橋 »

鉄道(小田急)」カテゴリの記事

コメント

 小田急の夏ダイヤが最盛期の頃ですね。HE車を使ったサービス特急なんていうのもありました。ビール電車も乗っています。

◆ モハメイドペーパー さま
「夏ダイヤ」などというものがあったこと、あらためて想い出しました。
サービス特急に使われる2400形HEの車内、カーテンキセに座席番号がありましたね。確か2551×4、2553×4だったでしょうか?

SE3000形、連結器だしたまま営業運転していたのですね。併結運転のため?。鉄道開業150年記念切手図案とおなじようですね。

◆ 横山様
この1年前くらいから、連結器を出したままで運用されていましたが、その理由は存じません。

 座席番号付きのHE車は2500番代のほか、2440番代のラスト数本にもあったと思います。
SE車の簡易連結器は運転不能になった時の牽引を考えたものでしょう。

◆ モハメイドペーパー さま
続報ありがとうございます。そう言えば2497×4もそうだったような気がします。全部で4編成だったのですかね。
SE車の簡易連結器、非常時用にでしたか。ならばNSEは何故?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 天賞堂製0-6-0タンク機関車 | トップページ | 1961年・千歳船橋 »

フォト
2022年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

他社線ご案内

無料ブログはココログ