« 寺子屋運転会 | トップページ | お絵描き »

2022年8月24日 (水)

今日の一枚 No.145

前々回掲載の「旧型電気機関車」を撮った時、同時に登場後間もない301系電車も撮っていました。

国電初のアルミ車体ということで注目された301系、もちろん当時はアルミシルバーで、幕板部に中央・総武各駅停車の黄色い細帯が入り、青いJNRマークが2箇所に入れられたというスマートなものでした。方向膜は「東陽町」、東西線はまだ西船橋には至っていませんでした。

19670917_301

OER3001氏は気に入っていた車両だったのですが、晩年は灰色に塗装されて帯色は東西線のブルーに変更。なんか清潔感が無くなって哀れに思えました。

 

« 寺子屋運転会 | トップページ | お絵描き »

鉄道(国鉄・JR)」カテゴリの記事

コメント

 301系の帯は着色したアルミの薄板を貼り付けたもので、隙間に雨水が入って剥がれているのをよく見かけました。第5編成でプラのビス止めになり、窓下にも帯が追加されています。この形式はブレーキを緩めた時の音が独特で、ホームに上がる途中でも、バシャーという音で301系だなとわかりました。  

◆ モハメイドペーパー さま
当初の黄帯は貼り付けだったのですか。そりゃメンテナンス苦労しますよね。
窓下の帯がないことが新鮮味だったのに、残念です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 寺子屋運転会 | トップページ | お絵描き »

フォト
2022年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

他社線ご案内

無料ブログはココログ